第1次田中角榮内閣
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年2月)

第1次田中角栄内閣
内閣総理大臣第64代 田中角栄
成立年月日1972年(昭和47年)7月7日
終了年月日同年12月22日
与党・支持基盤自由民主党
施行した選挙第33回衆議院議員総選挙
衆議院解散1972年(昭和47年)11月13日
日中解散
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第1次田中角栄内閣(だいいちじたなかかくえいないかく)は、通商産業大臣衆議院議員のの田中角栄が第64代内閣総理大臣に任命され、1972年(昭和47年)7月7日から同年12月22日まで続いた日本の内閣である。
目次

1 概要

2 国務大臣

3 内閣官房副長官・総理府総務副長官など

4 政務次官

5 脚注

6 外部リンク

概要

1972年(昭和47年)7月5日自由民主党総裁選挙にて田中角榮が福田赳夫を下して総裁に選出されたのを受け、翌日の7月6日に召集された第69臨時国会での衆議院及び参議院での首班指名選挙にて田中が内閣総理大臣に指名されて発足した。

この第1次田中内閣時代のトピックスとしては

日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明(『日中共同声明』)が、1972年(昭和47年)9月29日中華人民共和国北京市にて調印され、日中国交正常化に合意したことが挙げられる。

国務大臣

職名氏名所属特命事項備考
内閣総理大臣田中角栄衆議院
自由民主党自由民主党総裁
国務大臣三木武夫衆議院
自由民主党内閣総理大臣臨時代理副総理1972年8月29日より
内閣総理大臣臨時代理(副総理)
法務大臣郡祐一参議院
自由民主党
外務大臣大平正芳衆議院
自由民主党
大蔵大臣植木庚子郎衆議院
自由民主党
文部大臣稲葉修衆議院
自由民主党
厚生大臣塩見俊二参議院
自由民主党
農林大臣足立篤郎衆議院
自由民主党
通商産業大臣
科学技術庁長官中曽根康弘衆議院
自由民主党原子力委員会委員長
運輸大臣佐々木秀世衆議院
自由民主党
郵政大臣田中角栄衆議院
自由民主党(事務代理)
三池信衆議院
自由民主党1972年7月12日就任
労働大臣田村元衆議院
自由民主党
建設大臣
国家公安委員会委員長木村武雄衆議院
自由民主党近畿圏整備長官
中部圏開発整備長官
首都圏整備委員会委員長
自治大臣
北海道開発庁長官福田一衆議院
自由民主党
内閣官房長官二階堂進衆議院
自由民主党
総理府総務長官
沖縄開発庁長官本名武衆議院
自由民主党
防衛庁長官増原恵吉参議院
自由民主党
経済企画庁長官田中角栄衆議院
自由民主党(事務代理)
有田喜一衆議院
自由民主党1972年7月12日就任
行政管理庁長官浜野清吾衆議院
自由民主党
環境庁長官小山長規衆議院
自由民主党


三池・有田は当初閣僚に指名されながらも直前の自民党総裁選で福田赳夫を支持していたことから入閣を拒否。その後、福田の説得に応じる形で入閣した。

三木の副総理は1972年8月29日に発令。第1次田中角栄内閣発足時では「国務大臣に任命する」のみ官報に記載されていた。

内閣官房副長官・総理府総務副長官など

内閣法制局長官 - 吉國一郎

内閣官房副長官(政務) - 山下元利

内閣官房副長官(事務)- 後藤田正晴

総理府総務副長官(政務) - 小宮山重四郎

総理府総務副長官(事務) - 栗山廉平

政務次官

法務
政務次官 - 古屋亨

外務政務次官 - 青木正久

大蔵政務次官 - 大村襄治、山崎五郎

文部政務次官 - 内海英男

厚生政務次官 - 増岡博之

農林政務次官 - 森下元晴園田清充

通商産業政務次官 - 丹羽久章安田隆明

運輸政務次官 - 加藤六月

郵政政務次官 - 木村武千代

労働政務次官 - 塩谷一夫

建設政務次官 - 小渕恵三

自治政務次官 - 三ッ林弥太郎

行政管理政務次官 - 山崎竜男

北海道開発政務次官 - 渡辺一太郎

防衛政務次官 - 古内広雄

経済企画政務次官 - 木野晴夫

科学技術政務次官 - 藤波孝生

環境政務次官 - 菅波茂

沖縄開発政務次官 - 中津井真

脚注
外部リンク

首相官邸 - 第1次田中(角)内閣






次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:27 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE