第1次小泉内閣_(第2次改造)
[Wikipedia|▼Menu]

第1次小泉第2次改造内閣
内閣総理大臣第87代
小泉純一郎
成立年月日2003年(平成15年)9月22日
終了年月日同年11月19日
与党・支持基盤自由民主党公明党
保守新党
施行した選挙第43回衆議院議員総選挙
衆議院解散2003年(平成15年)10月10日
マニフェスト解散
構造改革解散
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第1次小泉第2次改造内閣(だいいちじこいずみだいにじかいぞうないかく)は、小泉純一郎が第87代内閣総理大臣に任命され、2003年(平成15年)9月22日から同年11月19日まで続いた日本の内閣である。

前の第1次小泉第1次改造内閣改造内閣であり、第1次小泉内閣の2度目の内閣改造により発足した内閣である。2003年(平成15年)の自民党総裁選挙で小泉が総裁に再任されたことを受けたものである。
目次

1 組閣当時の世論

2 その後の世論

3 国務大臣

4 内閣官房副長官等

5 内閣総理大臣補佐官

6 副大臣

7 政務官

8 脚注

9 関連項目

10 外部リンク

組閣当時の世論

北朝鮮による日本人拉致事件での対応で国民の人気が高かった官房副長官安倍晋三を党幹事長に任命するなど、衆院解散総選挙を意識した「若手」「人気」重視の内閣となっている。

自民党内で若手で人気のある議員を集めたため、ほぼ必然的に「世襲」「タカ派」の議員が中心となり、「2世内閣」、「小泉ホークス」などと揶揄された。

「官僚の言いなり」「改革を妨害している」などと多くの非難を浴びていた扇千景に代えて、行政改革担当大臣であった石原伸晃国土交通大臣に任命するなど「改革重視」を強調した内閣ともなっている。

内閣改造前に争点になっていた竹中平蔵川口順子の両民間人閣僚は留任となった。

その後の世論

「人気」重視で組閣された内閣で幹事長の安倍は
マスメディアなどで「行列ができる幹事長」などと呼ばれ、国民の人気も高いと報道されていた。しかし、民主党の勢いを止めるには至らず、後の総選挙では民主党の躍進を許した。

第158特別国会において小泉は第88代の内閣総理大臣に指名・任命され、ほとんど同じ顔ぶれ(全閣僚再任)で第2次小泉内閣が発足した。

後に首相に就任する安倍晋三が自民党幹事長、福田康夫が内閣官房長官、麻生太郎が総務大臣に就任。ポスト小泉を安倍・福田・麻生と争い、後に総裁に就任した谷垣禎一が財務大臣、ポスト福田を麻生と争った石原伸晃(国土交通大臣)、小池百合子(環境大臣)、石破茂(防衛庁長官)と小泉総裁後の総裁選挙の候補者が一堂に入閣、党幹事長を務めることとなった。

国務大臣

職名氏名所属特命事項等備考
内閣総理大臣小泉純一郎衆議院
自由民主党自由民主党総裁
総務大臣麻生太郎衆議院
自由民主党
河野グループ
法務大臣野沢太三参議院
自由民主党(森派
外務大臣川口順子民間人留任
財務大臣谷垣禎一衆議院
自由民主党
小里派)横滑り
文部科学大臣河村建夫衆議院
自由民主党
江藤・亀井派国立国会図書館連絡調整委員会委員
厚生労働大臣坂口力衆議院
公明党留任
農林水産大臣亀井善之衆議院
自由民主党
山崎派)留任 
経済産業大臣中川昭一衆議院
自由民主党
(江藤・亀井派)国際博覧会担当
国土交通大臣石原伸晃衆議院
自由民主党
(無派閥)首都機能移転担当
観光立国担当横滑り
環境大臣小池百合子衆議院
自由民主党
(森派)地球環境問題担当
内閣官房長官
内閣府特命担当大臣
(男女共同参画担当)福田康夫衆議院
自由民主党
(森派)留任
国家公安委員会委員長
内閣府特命担当大臣
(青少年育成及び少子化対策担当)
(食品安全担当)小野清子参議院
自由民主党
(江藤・亀井派)
防衛庁長官石破茂衆議院
自由民主党
橋本派)留任
内閣府特命担当大臣
(沖縄及び北方対策担当)
(個人情報保護担当)
(科学技術政策担当)茂木敏充衆議院
自由民主党
(橋本派)情報通信技術 (IT)担当
内閣府特命担当大臣
(金融担当)
(経済財政政策担当)竹中平蔵民間人留任


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:36 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE