竜王戦
[Wikipedia|▼Menu]

竜王戦
棋戦の分類タイトル戦
旧イベント名
九段戦・十段戦(前身)
開催概要
開催時期予選:12月 - 翌年9月
タイトル戦:10月 - 12月
初回開催1988年度(第1期)
持ち時間残留決定戦:3時間
予選:5時間
タイトル戦:8時間(2日制)
番勝負七番勝負
優勝賞金4,320万円[1]
主催読売新聞社
公式サイト竜王戦:日本将棋連盟
記録
前期竜王羽生善治(第30期)
永世資格者渡辺明(永世竜王資格)
羽生善治(永世竜王資格)
最多優勝渡辺明(11期)
最長連覇渡辺明(9連覇)

竜王戦(りゅうおうせん)は、読売新聞社主催の将棋棋戦で、タイトル戦(竜王戦・名人戦叡王戦王位戦王座戦棋王戦王将戦棋聖戦)のひとつ。第1期は1987年であるが、前身の十段戦、さらにその前身の九段戦(第1期は1950年)から数えると、タイトル戦の中で名人戦(第1期は1935 - 1937年)に次いで2番目に長い歴史を有している。七番勝負の勝者は竜王のタイトル称号を得る。

竜王位は名人位とともに、プロ将棋界の頂点とされている。


目次

1 概要

1.1 「永世竜王」の称号

1.2 竜王と名人


2 方式

2.1 ランキング戦

2.2 本戦

2.3 竜王戦七番勝負


3 竜王戦の規定による昇段

4 歴代七番勝負および本戦出場者

5 エピソード

6 記録

7 通算成績

8 テレビ放送

9 第1期竜王戦

10 関連項目

11 脚注

11.1 注釈

11.2 出典


12 外部リンク


概要

読売新聞社が主催していた「十段戦」が発展的に解消され、1988年に竜王戦が発足した。駒の「竜王」(「飛車」の成り駒。略して「竜」とも呼ぶ)から命名された。田丸昇によると、新棋戦名候補として、「棋神戦」「最高峰戦」「巨人戦」「巨星戦」「棋宝戦」「達人戦」「竜王戦」「将棋所」などがあったが、「棋神」は宗教とからみ、「巨人」はプロ野球チームと紛らわしいなどの理由で除外され、消去法で「竜王戦」に決まったという[2]。第31期(2018年)より野村ホールディングスが特別協賛に加わった[3]。竜王就位式で渡される竜王杯は秩父宮雍仁親王寄贈で、九段戦、十段戦から引き継ぎ使用されている。

竜王戦となってからタイトル戦の中で最も高い賞金を誇るようになり、第30期の優勝賞金は4320万円、準優勝賞金は1620万円であり、挑戦者決定三番勝負の対局料は460万円である[4]。なお、賞金や対局料は何度も変更されている[注 1][5][6]

1組から6組に分かれたトーナメント(竜王ランキング戦[注 2])、本戦トーナメント、および、竜王戦七番勝負からなる。毎年11月頃から竜王ランキング戦が始まり、翌年夏に本戦トーナメントが行われて8-9月頃に挑戦者が決まり、竜王戦七番勝負は10月から12月頃にかけて行われる。
「永世竜王」の称号

永世称号である永世竜王は、竜王位を連続5期もしくは通算7期以上保持した棋士に与えられる。2017年12月現在、永世竜王の資格を持つ棋士は渡辺明羽生善治の2名。
竜王と名人

竜王と名人は、他のタイトルとは別格の扱いを受ける。「棋戦 (将棋)#竜王と名人」を参照
方式

独自のランキング戦と本戦によって挑戦者(本戦優勝者)を決定し、竜王と挑戦者は七番勝負を行う。組が上位であるほど、また、1組、2組では組の中での成績順位が上位であるほど、竜王在位者への挑戦権を得やすいシステムとなっている。

なお、2005年に制度が見直され、第18期(2005年)以前と第19期(2006年)以後で異なる部分がある。また、第1期竜王戦については後述する。
ランキング戦

竜王戦の予選は、1組から6組までに分かれたトーナメント戦で始まり、これを「竜王ランキング戦」と呼ぶ。1組の上位5名、2組の上位2名、3組から6組までの優勝者各1名の合計11名が本戦に出場する。

第18期までの本戦出場は、1組から4名、3組から2名であったが、第19期から、1組から5名、3組から1名に変更された。同時に、各組の昇級枠・降級枠の人数も変更された(例:1組からの降級者と2組からの昇級枠は各々3名であった)。

現役棋士が在籍する組の一覧は、将棋棋士の在籍クラス を参照。

クラス定員本戦出場
(決勝トーナメント)昇級降級賞金(万円)備考
第30期以降[7]第24期?
第29期[8](参考)
第23期まで[4]
1組16名5名
(優勝者、準優勝者、
3位、4位、5位)?4名
(5位決定戦1回戦 敗退者)優勝460
準優勝115優勝450
準優勝110優勝360
準優勝90
2組16名2名
(優勝者、準優勝者)4名
(決勝進出者 2名、
および3位 2名)4名
(昇級者決定戦1回戦 敗退者)優勝360
準優勝93優勝350
準優勝90優勝280
準優勝70
3組16名1名
(優勝者)4名
(同上)4名
(同上)優勝260
準優勝62優勝250
準優勝60優勝200
準優勝50
4組32名1名
(優勝者)4名
(同上)4名
(残留決定戦 敗者)優勝205
準優勝52優勝200
準優勝50優勝160
準優勝40
5組32名1名
(優勝者)4名
(同上)4名
(同上)優勝155
準優勝41優勝150
準優勝40優勝120
準優勝30
6組残り全員1名
(優勝者)4名
(同上)?優勝93
準優勝20優勝90
準優勝20優勝70
準優勝17女流枠4名[注 3]
アマチュア枠5名
奨励会員枠1名

各組において、準決勝までに敗れた棋士は、敗者復活の昇級者決定戦(1組は本戦出場者決定戦)に回り、その中で3位の昇級者(1組は本戦出場する3位-5位)や降級者が決まる。

昇級は1つ上の組に上がり、降級は1つ下の組に下がるのが原則である。ただし、3組以下から挑戦者が出た場合、挑戦者は、たとえ七番勝負で敗れても一気に1組へ昇級する。この場合、次期の1組は17名、挑戦者が本来昇級して属するはずだった組は本来の定員マイナス1名で戦われ、1組からの降級者は5名に増える。
竜王ランキング戦


1組・2組の決勝進出者各組2名は本戦に出場する。2組の決勝進出者2名は昇級もする。決勝戦の勝者が各組の優勝、敗者が2位となる。

3組以下の優勝者各組1名は本選に出場し、昇級もする。決勝戦敗者は本選には出場しないが、昇級はする。

1組の準決勝までに敗れた棋士達は、本選出場者決定戦に回る。

2組以下の準決勝までに敗れた棋士達は、昇級者決定戦に回る。

本戦出場者決定戦(1組のみ)


1組の3位決定戦は、ランキング戦準決勝の敗者2名で行い、勝者が1組3位となる。

1組の4位決定戦は、ランキング戦2回戦敗者4名によるトーナメントで、勝ち抜いた1名が1組4位となる。

1組の5位決定戦は、ランキング戦1回戦敗者8名によるトーナメントで、勝ち抜いた1名が1組5位となる。

5位決定戦1回戦敗退者4名は、2組へ降級する。

昇級者決定戦(2組以下)


昇級者決定戦を勝ち抜いた各組2名は、昇級する。なお、昇級者決定戦はランキング戦でより上位で敗退した棋士ほど有利なトーナメントとなっており、1回戦を戦うのはランキング戦1回戦で敗れた棋士のみであり、準決勝で敗れた各組2名は1勝するだけで昇級が決定する。

2組・3組の昇級者決定戦の1回戦で敗れた各組4名は、降級する。

4組・5組の昇級者決定戦の1回戦で敗れた各組8名は、残留決定戦に回る。

残留決定戦(4組・5組)


1対1の形で行われ、その敗者各組4名が降級する。

棋士以外の出場枠
6組には女流棋士枠(第7期に2名枠で新設、第22期より4名)とアマチュア枠(アマチュア竜王戦ベスト4および支部名人[注 4]の計5名)、奨励会員枠(第25期より、年度前期三段リーグ次点者[注 5]1名)がある。28期までアマチュアの1回戦は初参加の新四段と対局していた(場合によっては1名はそれ以外の棋士との対局になる)が、29期よりその制約はなくなった。女流やアマチュアが昇級の条件を満たした場合でも5組に昇級することができる。ただし、昇級者決定戦には参加できないため、決勝進出が要件となる。現在のところ、5組昇級に手が届いた女流・奨励会員・アマはいないが、最高成績としては、第4期の天野高志アマの準決勝進出[注 6]がある。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:88 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE