稀勢の里寛
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

稀勢の里 寛

明治神宮での奉納土俵入り
(2017年1月27日撮影)
基礎情報
四股名稀勢の里 寛
本名萩原 寛
愛称ハギ、キセノン[1][2][3]
生年月日(1986-07-03) 1986年7月3日(31歳)
出身茨城県牛久市(出生地は兵庫県芦屋市
身長188cm
体重177kg
BMI50.08
所属部屋鳴戸部屋→田子ノ浦部屋
得意技左四つ・寄り・突き・押し・左おっつけ
成績
現在の番付東横綱2
最高位第72代横綱
生涯戦歴790勝482敗57休(96場所)
幕内戦歴704勝439敗57休(79場所)
優勝幕内最高優勝2回
幕下優勝1回
殊勲賞5回
敢闘賞3回
技能賞1回
データ
初土俵2002年3月場所
入幕2004年11月場所
趣味スポーツ観戦(特にアメフト観戦)[4]
備考
金星3個
朝青龍1個、白鵬2個)
2018年3月9日現在■テンプレート  ■プロジェクト 相撲

稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか、1986年7月3日 - )は、茨城県牛久市出身[5](出生地は兵庫県芦屋市[6][7])で田子ノ浦部屋(入門時は鳴戸部屋)所属の現役大相撲力士。第72代横綱。本名は萩原 寛(はぎわら ゆたか)、愛称はハギ、キセノン[1][2]身長188cm、体重177kg、血液型はB型。趣味はスポーツ観戦、好きな食べ物はのっぺい汁焼き鳥、フグ刺し、紀州南高梅[4]茨城県龍ケ崎市立松葉小学校、同市立長山中学校卒。得意手は左四つ・寄り・突き・押し。締め込みの色はナス紺。生まれつき左利きであり、練習により両利きになったが主に左手を使う[8]。いわゆる「花のロクイチ組」の1人[9]


目次

1 来歴

1.1 入門まで

1.2 初土俵?十両

1.3 幕内?三役

1.4 大関

1.5 横綱


2 力士として・取り口など

3 合い口

4 人物・エピソード

4.1 昔ながらの力士

4.2 相撲関連

4.3 趣味・嗜好

4.4 生活・信条

4.5 その他


5 略歴

6 主な成績

6.1 通算成績

6.2 各段優勝

6.3 三賞・金星


7 タイトル

8 場所別成績

8.1 幕内対戦成績


9 改名歴

10 ギャラリー

11 脚注

12 関連項目

13 外部リンク


来歴
入門まで

1986年7月3日に兵庫県芦屋市で父・萩原貞彦と母・裕美子の間に生まれ、「寛」と名付けられた。きょうだいは1歳上の姉。名前の「寛」を「ゆたか」と読むのは「ひろし」より語感が良いと父の思いからである[8]。生まれた時は3600gであったが、乳児期から食欲旺盛でもらい乳までして育った[10]。寛が2歳のときに一家は茨城県龍ヶ崎市に転入。「丈夫な体に育つように」と両親からは清涼飲料水スナック菓子は一切与えられずに育ち[11]、母からは様々な手料理を振る舞われた[12]

父方の祖父は画家で、父・貞彦は祖父が62歳くらいの時に生まれた。父方の祖父は東京の中井から疎開して群馬県太田市に行ったが、ずっと東京が本籍であった。祖父が画家として働き盛りの頃は、日本人は絵を買うほど豊かでなかったため、米軍兵を相手に肖像画を描いて商売した。曾祖父は彫刻家であり、このことから萩原家の家系は芸術家の家系であると言える[10]。しかし画家の子の父はかつて本格的にボクシングに取り組んだ格闘家であり、脱サラしてIT関連の仕事を始めた経験を持つ[11][10]

寛が中学2年時に一家は牛久市へ転入したがその後も龍ヶ崎市の中学校に通う。牛久市で過ごしたのはわずか1年あまりであり、出生から入門までの間そのほとんどを龍ヶ崎市で過ごしている。出身地が牛久市とされているのは、部屋入門時の住所地が牛久市であったことによるものである。寛は幼少期から相撲が好きで小学2年頃からよくテレビで観戦していた。相撲は小学2年生の頃から始め、初めて廻しを付けた地元の相撲大会では上級生5人に勝ち抜き優勝。父によると、その次の日に朝礼で表彰を初体験したことが相撲を行う大きなきっかけになったという[10]。4?6年時は、わんぱく相撲の茨城代表として両国国技館の土俵にも上がった[13]

小学校4年生から野球もやっており野球の能力も高かった。小学生時代は捕手を、中学1年からは投手を務め、中学3年の時には常総学院などの強豪校からの勧誘もあったが、「自分はでかいだけ。野球は、うまくない」という理由で断った[14]。中学3年野球地区予選で右手首を脱臼骨折、1か月以上も二の腕までギプスで固定された[8]。中学時代には美馬学(現プロ野球楽天投手)との対戦もあった[15]。中学時代の野球部の監督は野球部員としての萩原寛を「長身の本格派。器用さもあった」と語っており、大関時代にも本人がトークショーでその頃の自分を「技巧派」などとふざけ半分で語ることがあった[13]。父親としては、中学時代は柔道をやらせた方が良かったそうだが、中学校には柔道部がなかったので野球部にしたという[10]

出身中学で2、3年次に担任をしていた教員の証言によると、「アンバランスな印象の子でした。


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:226 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE