福祉
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

学校の教科については「福祉 (教科)」をご覧ください。
OECD各国のGDPにおける社会的支出割合(公費および私費)[1]

福祉(ふくし、: Welfare)とは、「しあわせ」や「ゆたかさ」を意味する言葉であり、すべての市民に最低限の幸福と社会的援助を提供するという理念を指す。


目次

1 概説

1.1 福祉問題

1.2 社会福祉

1.2.1 社会福祉の歴史

1.2.2 供給主体



2 社会的支出の分類

2.1 公的支出

2.2 私的支出


3 年表

4 脚註

5 関連項目


概説

福祉という熟語は2200年以上前から用いられていたが、英語のwelfareの訳語として用いられるようになった語である[2]。英語のwelfareはwel(良い)とfare(状況)を組み合わせた造語である[2]
福祉問題

福祉問題とは人の人生や生活上の課題のうち、個々人の自力では解決できない問題をいう[3]

個々人の自力で解決できない問題の多くは家族やコミュニティ(地域社会や職場社会)の内部で解決が図られ、専門的な社会福祉サービスが成立していなかった時代にはこの段階での解決しかなかった[4]

しかし、家族やコミュニティでは解決できない問題や、障害や幼老年などの要因で自力では生活上の問題を解決できない問題については社会的支援が必要となる[5]
社会福祉

社会福祉 (social-welfare) は、未成年者高齢者障害者で生活上なんらかの支援や介助を必要とする人、経済的困窮者ホームレスなどに対し、生活の質を維持・向上させるためのサービスを社会的に提供すること、あるいはそのための制度や設備を整備することを指す。

福祉問題は多岐にわたり児童福祉問題、障害者福祉問題、高齢者福祉問題、医療福祉問題、司法福祉問題、学校・職業・地域福祉問題などに分類される[5]

いわゆる福祉国家政策を展開した国を中心に「社会福祉」については、社会保障と公衆衛生の政策も含む理解や定義がされることが多い。国によっては教育も含む場合がある。日本においても「広義の社会福祉」とした場合、社会保障と公衆衛生の政策を含み、それを「公共の福祉」と説明する場合がある。

狭義には、障害者一人親家庭(父子家庭、母子家庭)など社会的ハンディキャップがあると考えられる国民に対して公的な支援を行う制度を指す社会保障の一分野である。
社会福祉の歴史「日本の福祉#歴史」も参照

日本の社会福祉の歴史は、聖徳太子が建立し現在もその名が残る「悲田院」などの救済施設まで溯ることができる。また律令時代には天皇による賑恤(賑給)制度も存在した[6]

ただ当時は貧民救済の性格が強く、福祉という言葉は使われていなかった。その後仏教的な精神(慈悲など)を背景として、僧侶による救済や共同体での相互扶助が行われてきた。一方、ヨーロッパ大陸ではキリスト教の精神(アガペー友愛など)により古くから慈善事業が行われてきた。

国連は、1981年国際障害者年とすることを決議した(1980年1月30日)。テーマは「完全参加と平等」とされた。障害に対する考え方を「助けるもの」から「自立を支援するもの」への大転換を目指すものであった。1983年から1992年を国連障害者の10年とし、その行動計画を充実させ、さらにアジア・太平洋各国は1993年から2002年までをアジア太平洋地域障害者の10年としてその定着を進めた。この中で、福祉の理念の一つとしてノーマライゼーションという言葉が強調され始めた。その後、インクルージョン(包摂)という言葉が新しい理念として強調され始める。
供給主体

福祉レジーム論[7]福祉レジーム社会民主主義自由主義保守主義
モデル国家ノルディックアングロサクソンコンチネンタル
主たる福祉供給源政府市場家族
詳細は「福祉国家論#福祉レジーム論」を参照

社会福祉の供給主体は「家族」「政府」「市場」があり、3つに大きく分けることができる[7]。政府以外の担い手として、コミュニティ企業活動のうち収益活動以外の活動、生活協同組合労組社会福祉法人医療法人宗教団体NPO、その他の公益法人ボランティアなど多様な主体があるが、捉え方や位置づけは、国によって異なる。

アングロサクソン諸国(アメリカなど)では、それらは市場の一員とみなされる[7]。公共部門が嫌悪され、民間が賛美される風潮がある上に、財源が寄附金で賄われているということも大きい。

北欧諸国(ノルディック)では、それらは政府の役目であるとみなされる[7]


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:36 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE