福井藩
[Wikipedia|▼Menu]

この記事には参考文献外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注によって参照されておらず、情報源が不明瞭です。脚注を導入して、記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年3月)
松平忠昌上屋敷(龍ノ口屋敷)模型 福井城(現在は福井県庁)

福井藩(ふくいはん)は、越前国にあって現在の福井県嶺北中心部を治めた。藩庁は福井城福井市)。藩主は越前松平家(福井藩主家)。家格は親藩御家門で、32万石。越前藩(えちぜんはん)とも呼ばれる。また、北の庄(北ノ荘)という地名が「福井(福居)」と改称される以前の、つまり第3代忠昌以前の結城(松平)秀康忠直時代を故に北ノ荘藩(きたのしょうはん)と称することがある。
目次

1 藩歴

2 歴代藩主

3 分家

4 家老

5 幕末の領地

6 脚注

6.1 注釈

6.2 出典


7 参考文献

8 関連項目

藩歴

越前国戦国大名朝倉氏滅亡の後、柴田勝家丹羽長秀堀秀政の領有を経て豊臣秀吉配下の小大名によって分割支配させられていた。関ヶ原の戦いの際、青木一矩は西軍方に付いたために戦後越前北ノ庄8万石を没収されている。

藩祖・結城秀康

慶長6年(1601年)に関ヶ原の戦いの功により、徳川家康の次男の秀康が越前一国67万石を与えられ、柴田勝家の築いた北ノ庄城を約6年かけて大改修し居城とする。秀康は結城姓松平に復し[注釈 1]越前松平家を興す。

秀康の嫡男松平忠直は、大坂の陣で戦功を立てながらも将軍秀忠に認められなかったことなどから、次第に幕府に反抗的態度を取るようになった。そのため、元和9年(1623年)忠直は乱行を理由に廃されて豊後国大分に配流された。

福井の語源となったとされる福井城内の「福の井」
藩主の別邸であった「お泉水」(現・養浩館庭園)

翌年の寛永元年(1624年)4月、越後高田藩で別家25万9千石を与えられていた忠直の弟(秀康の次男)の松平忠昌が50万石で福井藩の主な家臣(幕府に選ばれた百余名を主とする[注釈 2])、藩領を継承する[注釈 3][注釈 4]。7月の忠昌入部ののち、居城周辺の街・北ノ荘は福居(後に福井)と名を改められる。またこのとき、越前国は複数の藩に分割されることになる。

福井藩:越前福井50万石が秀康次男忠昌に与えられる。

丸岡藩:越前丸岡4万6千石が附家老の本多成重に与えられ独立する。

大野藩:越前大野5万石が秀康三男直政に与えられる。

勝山藩:越前勝山3万石が秀康五男直基に与えられる。

木本藩:越前大野郡内の木本2万5千石が秀康六男直良に与えられる。

越前敦賀郡はいったん幕府領となり、その後、小浜藩京極氏に与えられる。

その後、福井藩は支藩の分封と相続の混乱から所領を大幅に減らし、貞享3年(1686年)に第6代藩主綱昌は発狂を理由に強制隠居処分され、前藩主昌親が領地半減の上で再襲(吉品)した。吉品が就封の際、領地宛行状が国名の越前少将から、城地名の福井侍従となり[注釈 5]、忠昌が大坂の陣で使った片鎌槍の大名行列の際の使用を禁じられた。また、この時に藩邸の格式も下がり、江戸城の詰間が将軍家の親族が詰める大廊下から、外様国持大名と同じ大広間へ異動した。ただし、この間もこれ以降も歴代藩主は当代将軍の偏諱を拝領する「特別な家」であり続けた。享保6年(1721年)には支藩松岡藩(福井県吉田郡永平寺町)の再併合により30万石に復し、文政2年(1819年)にさらに2万石を加増されるなど、徐々に家格は回復した。官位も10代宗矩から再び左近衛権少将に戻る。内政では領地の激減や複数回の天災に見舞われたことなどにより、藩財政を大いに逼迫させ、度重なる一揆に見舞われて困難を極めた。 京都市 福井藩邸跡

となった。 松平慶永(春嶽)

田安徳川家から養子に入った幕末の藩主慶永(春嶽)は、橋本左内らを登用し、また熊本藩から横井小楠を招聘して藩政改革をおこなった。安政の大獄により隠居を余儀なくされたが、謹慎解除後は公武合体派の重鎮として幕政に参与している。

戊辰戦争では、薩長主導の明治新政府に加わり、江戸無血開城後は、上野の寛永寺一帯に立てこもった彰義隊の討伐に参戦した。

福井藩領は明治4年(1871年)、廃藩置県により福井県、ついで足羽県となり、さらに敦賀県を経て石川県に併合されるが、のち旧越前および若狭が福井県として分立した際にその中心部となった。
歴代藩主
松平(越前)〔結城〕家

親藩 52万5000石→45万石→25万石→30万石→32万石 (1601年 - 1871年)[注釈 6]
秀康(ひでやす) 結城より改姓[注釈 7]

忠直(ただなお)[注釈 8]

光長(みつなが) - 幕府の公式見解では光長を歴代に数えない[注釈 9][注釈 10]


忠昌(ただまさ) 北ノ庄(北ノ荘)を福居と改名[注釈 11]

光通(みつみち) 分知により45万石となる 自殺により一旦収公され、即日昌親の相続が認められる

昌親(まさちか)

綱昌(つなまさ) 発狂により除封

吉品(よしのり) 昌親の再襲 半減により25万石(土芥寇讎記に拠れば実高30万石)

吉邦(よしくに) 越前国内の天領10万石余を預所として附属。

宗昌(むねまさ) 分家の松岡藩主より就任。合わせて30万石となる

宗矩(むねのり) 越前国内の天領全てを預所として附属。

重昌(しげまさ) 若年相続により、預所が一旦幕府直轄となる。

重富(しげとみ)


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:51 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE