神道
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

 
神道


基礎
神道 日本神話
 神の一覧
資料
古事記 日本書紀
風土記 古語拾遺
神社
神社 神社神道
神社一覧 神社本庁
祭祀と祭礼
 祝詞
関連用語
神道用語一覧
神仏習合 山岳信仰
民俗学 国学
国家神道 教派神道
ポータル
ウィキプロジェクト










神道(しんとう)は、日本宗教。山や川などの自然自然現象、また神話に残る祖霊たる神、怨念を残して死んだ者などを敬い、それらに八百万の神を見いだす多神教。自然と神とは一体的に認識され、神と人間とを取り結ぶ具体的作法が祭祀であり、その祭祀を行う場所が神社であり、聖域とされた[1]


目次

1 概要

2 分類

3 由来と教義

4 神道における「神」

5 神道の研究

6 戦前の教科書の神と神代

7 現代の神道

8 皇室と神道

9 歴史

9.1 神話

9.2 古代

9.3 奈良時代

9.4 平安時代

9.5 中世

9.6 近世

9.7 近代


10 参拝の方法

10.1 簡易な参拝

10.2 注意事項


11 神道諸派

12 脚注

13 参考文献

14 関連項目

15 外部リンク


概要国産みを描いた『天瓊を以て滄海を探るの図』(小林永濯画、ボストン美術館所蔵)

神道は古代日本に起源を辿ることができるとされる宗教である。宗教名の多くは日本語では何教と呼称するが、宗教名は神教ではなく「神道」である。伝統的な民俗信仰自然信仰を基盤に、豪族層による中央や地方の政治体制と関連しながら徐々に成立した[2][3]。また、日本国家の形成に影響を与えたとされている宗教である[4]

神道には確定した教祖、創始者がおらず[5]キリスト教聖書イスラム教コーランにあたるような公式に定められた「正典」も存在しないとされるが[6]、『古事記』、『日本書紀』、『古語拾遺』、『宣命』といった「神典」と称される古典群が神道の聖典とされている[7]森羅万象が宿ると考え、天津神・国津神祖霊をまつり、祭祀を重視する。浄明正直(浄く明るく正しく直く)を徳目とする[8]。他宗教と比べて現世主義的といった特徴がみられる。神道とは森羅万象を神々の体現として享受する「惟神の道(かんながらのみち、神と共にあるの意)」であるといわれる[9]。教えや内実は神社と祭りの中に伝えられている。『五箇条の御誓文』や、よく知られている童歌〔わらべうた〕『通りゃんせ』など、日本社会の広範囲に渡って神道の影響が見受けられる。

神道は奈良時代以降の長い間、仏教信仰と混淆し一つの宗教体系として再構成されてきた(神仏習合)。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:114 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE