神戸外国人居留地
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]
神戸外国人居留地の街並(海岸通・1885年(明治18年)頃)

オープンストリートマップに神戸外国人居留地の地図があります。

神戸外国人居留地(こうべがいこくじんきょりゅうち)は、安政五カ国条約に基づき、1868年1月1日慶応3年12月7日)から1899年明治32年)7月16日までの間、兵庫津の約3.5 km東に位置する[1]神戸村(後の兵庫県神戸市中央区)に設けられた外国人居留地である。神戸居留地ともいう。

東を(旧)生田川(後のフラワーロード)、西を鯉川(後の鯉川筋)、南を海、北を西国街道(後の花時計線)に囲まれた[2]広さ約7万8000[3](約258,000平方メートル)の区域が合理的な都市計画に基づいて開発され、「東洋における居留地としてもっともよく設計されている」と評された[4]。一定の行政権・財政権などの治外法権が認められ、居留外国人を中心に組織された自治機構によって運営された。運営は円滑に行われ、日本側と外国側との関係もおおむね良好であったと評価されている[5]貿易の拠点、西洋文化の入り口として栄え、周辺地域に経済的・文化的影響を与えた[6]

※本記事においては必要に応じて居留地周辺の一定の区域(雑居地遊歩区域)や居留地返還後についても記述する。


目次

1 歴史

1.1 兵庫開港

1.2 居留地の造成と運営

1.3 居留地および周辺の発展

1.4 返還

1.5 永代借地権を巡る紛争

1.6 返還後


2 自治と治外法権

2.1 自治と治外法権を巡る問題

2.1.1 日本人の居住・立ち入りについて

2.1.2 警察権を巡る問題

2.1.3 ノルマントン号事件の査問会および予審



3 街並

3.1 ガス灯

3.2 建築様式

3.3 宿泊施設(ホテル)

3.4 東西の川の工事


4 雑居地・遊歩区域

4.1 雑居地

4.2 遊歩区域


5 貿易

6 文化

6.1 食文化

6.1.1 ラムネ

6.1.2 牛肉

6.1.3 洋菓子


6.2 キリスト教

6.3 音楽

6.4 スポーツ

6.4.1 居留外国人が行ったスポーツ

6.4.2 スポーツ組織

6.4.2.1 ヒョーゴ・オーサカ・レースクラブ

6.4.2.2 神戸クリケットクラブ(兵庫クリケットクラブ)

6.4.2.3 神戸レガッタアンドアスレチッククラブ


6.4.3 内外人公園


6.5 外字新聞

6.6 社交クラブ

6.7 関帝廟


7 医療

8 居留外国人

8.1 居留外国人数

8.2 主な居留外国人

8.2.1 実業家

8.2.2 著作家

8.2.3 キリスト教宣教師


8.3 居留外国人の墓地


9 周辺地域に与えた影響

10 他の外国人居留地との比較

11 ギャラリー

12 脚注

12.1 注釈

12.2 出典


13 参考文献

14 関連項目


歴史
兵庫開港1879年の地図(兵神市街の図)。(旧)湊川を挟んで東に居留地、西に兵庫津がある

1858年7月29日安政5年6月19日)、江戸幕府アメリカとの間に日米修好通商条約を締結した。江戸幕府は同条約第6条において日本におけるアメリカの領事裁判権を認め、第3条において1863年1月1日文久2年11月12日)に兵庫(兵庫津。かつての大輪田泊)を条約港として開港し、外国人の居住・経済活動のために貸与する一定の地域(外国人居留地)を設けることを約した。


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:326 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE