祇園祭
[Wikipedia|▼Menu]

1968年の映画については「祇園祭 (1968年の映画)」をご覧ください。

「祇園会」はこの項目へ転送されています。落語作品については「祇園会 (落語)」をご覧ください。

ウィキペディアはインターネット百科事典であり、祇園祭の画像投稿サイトではありません(画像利用の方針百科事典向け写真撮影のガイドを参照)。

この記事には参考文献外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。適切な位置に脚注を追加して、記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年8月)

この項目に含まれる文字「祇」は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 「祇」の文字は公式の表記「」と異なる可能性があります。

祇園祭
Gion Matsuri前祭山鉾 御池通巡行
(2017年7月17日撮影)
イベントの種類祭り
開催時期7月

祇園祭(ぎおんまつり)は、京都市東山区八坂神社(祇園社)の祭礼で、明治までは祇園御霊会(ぎおんごりょうえ、御霊会)と呼ばれた。貞観年間(9世紀)より続く。京都の夏の風物詩で、7月1日から1か月間にわたって行われる長い祭である。

祭行事は八坂神社が主催するものと、山鉾町が主催するものに大別される。一般的には山鉾町が主催する行事が「祇園祭」と認識されることが多く、その中の山鉾行事だけが重要無形民俗文化財に指定されている。山鉾町が主催する諸行事の中でもハイライトとなる山鉾行事は、山鉾が設置される時期により前祭(さきのまつり)と後祭(あとのまつり)[1]の2つに分けられる。山鉾行事は「宵山」(よいやま、前夜祭の意。前祭:7月14日 - 16日・後祭:7月21日 - 23日)、「山鉾巡行」(前祭:7月17日・後祭:7月24日)が著名である。八坂神社主催の神事は 「神輿渡御」(神幸:7月17日・還幸:7月24日)や「神輿洗」(7月10日7月28日)などが著名で、「花傘連合会」が主催する花傘巡行(7月24日)も八坂神社側の行事といえる。

宵山、宵々山、宵々々山には旧家や老舗にて伝来の屏風などの宝物の披露も行われるため、屏風祭の異名がある。また、山鉾巡行ではさまざまな美術工芸品で装飾された重要有形民俗文化財の山鉾が公道を巡るため、「動く美術館」とも例えられる。

祇園祭は数々の三大祭のひとつに挙げられる。京都三大祭(他は上賀茂神社下鴨神社葵祭平安神宮時代祭)、日本三大祭(他は大阪の天神祭、東京の山王祭神田祭)、日本三大曳山祭(他は岐阜県高山市高山祭埼玉県秩父市秩父夜祭)、日本三大美祭(他は前述の高山祭と秩父夜祭)のうちの一つであり、日本を代表する祭りである。


目次

1 名の由来

2 歴史

2.1 祇園御霊会の起源

2.2 山鉾巡行の成立

2.3 近世以降の祇園会の発展

2.4 第二次世界大戦後の祇園祭

2.5 後祭の復活


3 日程

4 各種行事

4.1 長刀鉾町稚児お千度

4.2 くじ取り式

4.3 神輿洗い

4.4 稚児社参

4.5 鉾建て・山建て・曳き初め

4.6 中之町御供

4.7 宵宮祭

4.8 宵山期間

4.8.1 鉾・曳山の拝観


4.9 山鉾巡行

4.9.1 山鉾巡行を見るポイント

4.9.2 山鉾巡行に関わる人々


4.10 神幸祭・還幸祭(神輿渡御)

4.11 花傘巡行


5 神輿一覧

6 山鉾

6.1 舁山(かきやま)

6.2 鉾(ほこ)

6.3 曳山(ひきやま)

6.4 船鉾(ふねほこ)

6.5 傘鉾(かさほこ)

6.6 山鉾一覧

6.6.1 前祭

6.6.2 後祭

6.6.3 休み山


6.7 山鉾の巡行順

6.7.1 前祭

6.7.2 後祭

6.7.3 くじ取らず


6.8 会所(かいしょ)

6.9 寄町(よりちょう)


7 稚児

7.1 長刀鉾の稚児

7.2 綾傘鉾の稚児

7.3 四条傘鉾の稚児

7.4 久世駒形稚児

7.5 馬長稚児


8 各種の古典芸能

8.1 鷺舞

8.2 子鷺踊り

8.3 小町踊り

8.4 祇園祭音頭

8.5 石見神楽

8.6 万灯踊り

8.7 花街の踊り

8.8 祇園田楽

8.9 六斎念仏踊り

8.10 武者行列


9 女人禁制とその緩和

10 テレビ放送

11 映画

12 小説

13 日本全国の祇園祭

13.1 各地の祭礼への影響伝播

13.2 全国各地の主な祇園祭


14 参考文献

14.1 関連文献


15 脚注

16 関連項目

17 外部リンク


名の由来

祇園祭という名称は、八坂神社が神仏習合の時代に、比叡山に属して祇園社と呼ばれていたことに由来する。祇園社の祭神の牛頭天王仏教の聖地である祇園精舎の守護神であるとされていたので、祇園神とも呼ばれ、神社名や周辺の地名も祇園となり、祭礼の名も祇園御霊会となったのである。

その後明治維新による神仏分離令により神社名が八坂神社となった際に、祭礼名も仏教色を排除するため「祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)」から「祇園祭」に変更された(ただし「祇園」という名称自体は前述のとおり仏教由来である)。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:185 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE