社会
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

「社会」のその他の用法については「社会 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

 
社会学

一般的な側面

社会学史 - 実証主義
社会理論 - 批判理論
社会階層 - 社会意識
社会統計学 - 社会調査
構造機能主義 - 紛争理論
社会化 - 公共性

領域: 小児 - 文化
逸脱 - 教育 - 環境
民俗 - 家族 - ジェンダー
政治 - 産業 - 情報
知識 - - 経済
軍事 - 合理化 - 宗教
科学 - 医療 - 世俗化
関連分野および隣接分野

カルチュラル・スタディーズ
メディア研究 - システム理論
犯罪学 - 社会人類学
社会心理学 - 社会生物学
社会言語学 - 社会福祉学










社会(しゃかい、: societas humana)は、人間と人間のあらゆる関係を指す[1]

社会の範囲は非常に幅広く、単一の組織や結社などの部分社会から国民を包括する全体社会までさまざまである。社会の複雑で多様な行為や構造を研究する社会科学では人口政治経済軍事文化技術思想などの観点から社会を観察する。


目次

1 概要

2 語源

3 歴史

4 社会化

4.1 自我

4.2 役割


5 社会行為

6 社会構造

7 社会の領域

7.1 政治

7.2 経済


8 脚注

9 関連項目


概要

社会は広範かつ複雑な現象であるが、継続的な意思疎通と相互行為が行われ、かつそれらがある程度の度合いで秩序化、組織化された、ある一定の人間の集合があれば、それは社会であると考えることができる。[2]社会を構成する人口の規模に注目した場合には国際社会や国民国家を想定する全体社会や都市や組織などの部分社会に区分できる。さらに意思疎通や相互作用、秩序性や限定性という社会の条件に欠落があれば全てを満たす社会と区別して準社会と呼ぶことができる。

人間は誕生してから死去するまで社会の構成員の一人であり、また社会の行為者でもある。都市または農村において育ち、家庭や学校などでさまざまな教育を受けながら成長する。この過程で社会に存在している規範や法、宗教芸術などの文化に触れ、そして家族外の人間関係を拡大していく。これは人間の自我の確立と同時に社会化の過程でもある。

成熟してからは自営業で、または政府機関や企業軍隊に入り、労働を通じて報酬を得て生活する。これは国民社会、地域社会、家族などの多重的な社会関係を構築する人間の組織化であり、また分業化された社会における協働という社会交換の過程である。このように人間は、社会を形成すると同時に形成され、社会に働きかけながら社会から働きかけられながら活動している。

社会は人口集団、都市形態、経済発展、政治体制、宗教などによって多様性を観察することが可能であり、時代や地域によってさまざまな社会の形態を見ることができる。
語源

19世紀半ばまでの日本語には「社会」という単語はなく、「世間」や「浮き世」などの概念しかなかった。青地林宗が1826年(文政9年)に訳した『輿地誌略』に「社會」ということばが、教団・会派の意味で使用されている。古賀増の1855年(安政2年) - 1866年(慶応2年)の『度日閑言』にも「社會」ということばが使用された。明治時代になると森有礼が1874年(明治7年) - 1875年(明治8年)に編んだ『日本教育策』や福地源一郎が1875年(明治8年)に書いた『東京日日新聞』の社説に「社會」という用語が使われた。
歴史


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:31 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE