社会保障
[Wikipedia|▼Menu]
OECD各国のGDPに占める社会的支出割合(公費および私費)[1]

社会保障(しゃかいほしょう、: Social security schemes)は、個人的リスクである、病気けが出産障害死亡老化失業などの生活上の問題について貧困を予防し、貧困者を救い、生活を安定させるために国家または社会所得移転によって所得を保障し、医療介護などの社会的サービス(Social benefits)を給付する制度を指す[2]。社会保障という言葉は社会福祉と同義で使われることも多いが、公的には、社会福祉の他に公衆衛生をも含む、より広い概念である。

社会保障の目的は多くの国で共通するが、言葉の意味するところは国によって異なる。たとえばイギリスでは、Social Security(社会保障)は経済的保障のみを指す。国際労働機関欧州連合などではSocial Securityに代えてSocial Protection(社会保護、社会的保護)という言葉も用い、経済協力開発機構(OECD)の統計ではSocial Expenditure(社会支出)の概念を採用するなど[1]、国際比較や統計処理のために様々な分類を行っている。

その財源については、一般税収を原資とする方式(ベバリッジ型)と、労使で保険料を拠出する方式(ビスマルク型)に分かれる[3]。後者については社会保険制度とも呼ばれる。日本における制度については「日本の福祉」を参照社会保障の発展や変容の要因に関する研究については「福祉国家論」を参照


目次

1 財政規模

1.1 財源


2 歴史

2.1 救貧法

2.2 社会保険の誕生

2.3 ベヴァリッジ報告

2.4 世界人権宣言

2.5 社会保障の拡充

2.6 先進諸国での社会保障の見直し


3 日本の社会保障

4 脚注

5 参考文献

6 関連項目

7 外部リンク


財政規模

OECD諸国における公的社会的支出(2011年)[1]人口一人あたり
支出(PPP米ドル)GDPに占める
割合(%)GNIに占める
割合(%)NNIに占める
割合(%)政府一般支出
占める割合(%)
メキシコ1,2607.77.88.832.9
 チリ2,04510.110.712.3..
韓国2,6119.09.010.329.8
イスラエル6,55520.721.725.447.5
カナダ7,21117.417.721.342.6
オーストラリア7,67117.818.321.748.9
日本7,98123.122.428.255.1
OECD平均7,98121.422.426.747.9
イギリス7,99122.722.525.347.3
スペイン8,61726.827.332.758.6
イタリア9,32527.527.733.655.4
アメリカ合衆国9,37519.018.622.145.5
アイルランド9,59222.327.531.447.4
スイス9,96119.319.123.357.4
オランダ10,13323.523.427.547.1
ドイツ10,47125.525.029.356.6
 フィンランド10,93428.328.233.651.4
 スウェーデン11,36327.226.630.552.8
フランス11,41931.430.735.756.2
 デンマーク12,57830.129.334.952.1
 ノルウェー13,50621.821.625.049.7

社会保障給付と税・保険料負担の大きさを比較し、北欧諸国は「高福祉・高負担」、アメリカは「低福祉・低負担」の代表例と言われている(ただしアメリカは公的支出は小さいが私的支出はOECD各国で最大であり、慈善団体の果たす役割が大きい[1])。

制度財源は国によって様々であり、社会保障財政を政府一般会計から分離して運営する場合には社会保障基金(Social security Funds)と呼ばれる[4]
財源

原資を雇用者または雇用主(あるいはその両者)にて供出する場合は社会保険制度(Social insurance)、ビスマルク型と呼ばれる[5][3]。ドイツ、フランスなどが該当する[3]

それに対して、一般税収を原資として給付を行う方式をベバリッジ型と呼ぶ[3]スウェーデンデンマークなどの北欧諸国や[3]、社会保険制度のないオーストラリアニュージーランドなどが該当する[6]

 欧州連合における社会保護費の拠出セクター(Social Protection receipts)(2005年、%)[7][3]国企業一般政府家計非営利団体国外から
小計中央政府地方政府社会保障基金
アイルランド21.762.856.95.90.015.30.10.0
イギリス27.554.351.23.10.016.31.80.0
イタリア18.454.038.814.90.317.50.2
オーストラリア32.138.723.714.90.127.40.10.0
ギリシャ26.746.544.61.90.023.00.92.8
 スウェーデン29.960.410.637.12.39.00.7
スペイン37.440.58.731.50.316.30.11.0
 デンマーク6.866.727.239.50.018.58.00.0
ドイツ27.642.623.818.40.428.21.60.0
 フィンランド22.066.333.027.26.111.40.30.0
フランス37.65.50.1
 ベルギー43.533.922.67.63.822.60.00.0
ポルトガル27.952.050.91.10.023.81.72.2
ルクセンブルク19.054.953.21.50.317.20.68.2

歴史

社会保障の歴史は、経済社会の動きと密接に関係しており、社会保障の仕組みは、各国が長い歴史の中で、相互に影響を与えながら積み重ねてきたものである。19世紀から20世紀にかけては、各国で失業問題が最大の課題であり、その中から社会保障が進展してきた。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:48 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE