社会主義者鎮圧法
[Wikipedia|▼Menu]
社会主義者鎮圧法の一部

社会主義者鎮圧法(しゃかいしゅぎしゃちんあつほう)とは、1878年、2度の皇帝狙撃事件をきっかけにオットー・フォン・ビスマルクが制定した法律のこと(実際は社会主義者は狙撃事件とは無関係)。

主にドイツ社会主義労働者党(後のドイツ社会民主党)をターゲットにしたもので社会主義的な結社を禁止し、集会・出版を制限した。これによりドイツの社会主義活動は一時衰えるが、再び盛り上がりを見せた。1890年、皇帝ヴィルヘルム2世が更新反対を唱えたため廃止された。

この項目は、歴史に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますP:歴史/P:歴史学/PJ歴史)。

この項目は、分野に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますP:法学/PJ法学)。


更新日時:2015年8月2日(日)20:32
取得日時:2018/09/24 05:26


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:2553 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE