石川県
[Wikipedia|▼Menu]

「金沢県」はこの項目へ転送されています。1871年の第1次府県統合前の金沢県については「加賀藩」をご覧ください。

いしかわけん
石川県
兼六園金沢駅見附島白山


石川県旗[1]

日本
地方中部地方北陸地方
団体コード17000-3
ISO 3166-2:JPJP-17
面積4,186.09km2

総人口1,142,603人
推計人口、2018年4月1日)
人口密度273人/km2
隣接都道府県富山県福井県岐阜県
県の木アテ
県の花クロユリ[2]
県の鳥イヌワシ
他のシンボル県の歌:石川県民の歌
マスコット:ひゃくまんさん
石川県庁
知事谷本正憲
法人番号2000020170003
所在地〒920-8580
石川県金沢市鞍月一丁目1番地
北緯36度35分40.6秒東経136度37分32.3秒座標: 北緯36度35分40.6秒 東経136度37分32.3秒

外部リンク ⇒石川県

■ ― 市 / ■ ― 町

地理院地図 Google Bing GeoHack
MapFan Mapion Yahoo! NAVITIME ゼンリン
ウィキポータル日本の都道府県/石川県
 表示 ウィキプロジェクト

石川県(いしかわけん)は、日本都道府県の一つ。本州の中央部、日本海側の北陸地方に位置する。県域は令制国加賀国能登国 に当たる。県庁所在地金沢市


目次

1 概要

2 地理・地域

2.1 位置

2.2 自然地理

2.3 自然公園

2.4 気象

2.5 地域区分

2.5.1 加賀地方

2.5.2 能登地方



3 歴史

3.1 原始

3.2 古代

3.3 中世

3.4 近世

3.5 近代

3.6 現代


4 人口

4.1 都市


5 政治・行政

5.1 財政

5.2 姉妹提携


6 経済・産業

6.1 農林水産業

6.2 製造業

6.3 商業・サービス業

6.4 県内の主要企業

6.5 工場を置く主要企業


7 生活・交通

7.1 警察

7.2 消防

7.3 ライフライン

7.4 交通

7.4.1 空港

7.4.2 港湾

7.4.3 鉄道

7.4.4 道路

7.4.5 バス


7.5 医療・福祉

7.6 教育

7.7 マスメディア

7.7.1 新聞

7.7.2 テレビ局

7.7.3 ケーブルテレビ

7.7.4 ラジオ局

7.7.5 情報誌

7.7.6 フリーペーパー



8 文化・スポーツ

8.1 方言

8.2 食文化

8.3 伝統工芸

8.4 スポーツ

8.5 音楽・演劇


9 観光

10 石川県を舞台とした作品

11 石川県出身の人物

12 脚注

13 参考文献

14 関連項目

15 外部リンク


概要

東西約100km、南北約200kmと南北に細長い形状をしている。県南部の加賀地方は西側に日本海の直線的な海岸線が続き、東側に両白山地の山々が連なる。南東部には県内で最高峰の白山 (2,702m) がそびえる。県北部の能登地方は日本海に向かって北東方向に突き出た半島能登半島)となっている。このため県全体の海岸線の総延長は約580kmに及ぶ[3]。これはJR東海道本線東京駅神戸駅間 (589.5 km) に相当する距離である。

気候は日本海側気候型である。西寄りの風が日本海を流れる対馬暖流の上で水蒸気を蓄えて雲となり、両白山地に当たって降水をもたらすことが多い[4]。都道府県別の年間降水量は5番目に多い[5]。特に冬は北西からの季節風が続くため降水量が多く、山間部は豪雪地帯となっている[6]。降雪時に雷鳴を伴うことが多く[4]、この現象は鰤(ブリ)が獲れる時期と重なることからブリ起こしと呼ばれている[7][8]

県民人口は約116万人である。都市別では金沢市が最多の約46万人と約40%を占める。次いで多いのは白山市小松市のそれぞれ約11万人であり、金沢市を中心に県南部の加賀地方に人口が偏在している[9]。金沢市の人口は、北陸地方では新潟市に次いで2番目(北陸3県に限れば 1番目)であり、北陸経済の中心地の一つとなっている。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:251 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE