相模国
[Wikipedia|▼Menu]

相模国

■-相模国
■-東海道
別称相州(そうしゅう)
所属東海道
相当領域神奈川県の大部分(北東部を除く)
諸元
国力上国
距離遠国
数8郡57郷
国内主要施設
相模国府1.(推定)神奈川県海老名市または小田原市
2.(推定)神奈川県平塚市
3.(推定)神奈川県中郡大磯町
相模国分寺神奈川県海老名市(相模国分寺跡
相模国分尼寺神奈川県海老名市(相模国分尼寺跡
一宮寒川神社(神奈川県高座郡寒川町
鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市
テンプレートを表示

相模国(さがみのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。
目次

1 「相模」の国名

2 現在の行政区分での領域

2.1 武相国境


3 沿革

3.1 明治以後の沿革


4 国内の施設

4.1 国府

4.2 国分寺・国分尼寺

4.3 神社

4.4 安国寺利生塔


5 地域

5.1 郡


6 人物

6.1 国司

6.1.1 相模守

6.1.2 相模介

6.1.3 相模掾


6.2 守護

6.2.1 鎌倉幕府

6.2.2 室町幕府


6.3 国人

6.4 戦国大名

6.5 織豊大名

6.6 武家官位としての相模守


7 脚注

7.1 注釈

7.2 出典


8 関連項目

9 外部リンク

「相模」の国名

「相模」の模という文字について、現存する律令時代の公文書に捺されている国印では「莫」の下に「手」を配した文字「?」が使用されており、手へんの「摸」による相摸とするのが本来の表記である。
現在の行政区分での領域

明治維新の直前の領域は現在以下のようになっている。現在の行政区域で言うと、神奈川県のうち川崎市横浜市を除いた地域が旧相模国に該当する。ただし、旧武蔵国を過半とする横浜市のうち一部の地域は旧相模国の鎌倉郡にあたる[1][2][3]

神奈川県

川崎市横浜市を除く全域

横浜市

戸塚区の全域

栄区の全域

泉区の全域

瀬谷区

卸本町の一部を除く[注 1]全域


南区

六ツ川四丁目〈旧下永谷町字山谷〉


港南区

永野地区[注 2][4]


金沢区

朝比奈町の全域

東朝比奈二-三丁目(一部)[注 3]




静岡県

熱海市

[注 4]



武相国境

境川はその上流部において、現在では神奈川県と東京都都県境であり、かつては武相国境(武蔵国との境)となっていた。境川を過ぎた後は、「武相国境道」と呼ばれる尾根道(主に東京湾相模湾分水嶺にあたる)が聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院の辺りから(旭区瀬谷区の境)金沢区鎌倉市の境まで続いていた[3][注 5]
沿革

7世紀に成立。相武国造(さがむ-)[注 6][6]の領域(相模川流域、県中央部)と師長国造(しなが-)の領域(酒匂川流域と中村川流域、県西部)を合したとされる。さらに、ヤマトタケルの子孫鎌倉別(かまくらわけ)の支配する鎌倉・三浦も加わる。

なお、もとは武蔵国と一つだったという説がある。賀茂真淵や『倭訓栞』には、身狭(むさ)国があり、のち身狭上・身狭下に分かれ、語の欠落などでそれぞれ相模・武蔵となったとする。本居宣長は『古事記伝』で、佐斯国(さし-)を仮定し、佐斯上、身佐斯と分かれ、そののち相模・武蔵となったという。近藤芳樹『陸路廼記』などによれば総国(ふさ-)の一部が総上・総下となり、のち相模・武蔵となったとされる。しかしこれらの説は、武蔵国がかつては毛野国群馬県栃木県)地域と一体であったとする考古学の成果と合わない。

国名の語源は不明。前身とされる身狭上(むさがみ)・佐斯上(さしがみ)が由来とする真淵や宣長の説もあれば、古代この地域の産物であったカラムシ(苧・麻布などの種)が訛った「ムシ」に由来するという説や、「坂見」の転訛(箱根の坂の上から見える地域)という説なども存在し、定説が確定できなくなっている(『神奈川県史』通史編1)。

12世紀末に源頼朝鎌倉を本拠地とし、以来相模国は鎌倉幕府の本拠地となった。北条氏による鎌倉幕府の支配が確立して以降は、執権が相模守となり、副執権である連署が任官された武蔵守と共に「両国司」(『沙汰未練書』)と呼ばれた[7]

1333年に鎌倉幕府は滅亡したが、その後も建武の新政の時期には鎌倉将軍府が、室町時代には鎌倉府が置かれ関東の政治の中心であった。1428年の永享の乱によって鎌倉府は下総国古河へ移り、関東の政治の中心の座から外れたが、戦国時代になると小田原城を本拠地とした後北条氏が関東地方に勢力を広げ、1590年小田原征伐で小田原城が落城するまで、再び相模国が関東の政治の中心となった。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:73 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE