皇族
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、日本の皇族について説明しています。

国王皇帝の親族一般については「王族」をご覧ください。

皇族旗(親王旗・親王妃旗・内親王旗・旗・王妃旗・女王旗)[1]

皇族(こうぞく)は、天皇親族のうち、男系の嫡出血族(既婚の女子を除く)およびその配偶者の総称。すなわち、皇后太皇太后皇太后親王親王妃内親王王妃および女王の総称であり、天皇は含まれない。天皇を含む場合は「皇室」という。「宮家」も参照



目次

1 概要

1.1 皇族の身分の離脱


2 皇族一覧

2.1 現在の皇族

2.2 系図

2.3 皇族の呼称

2.4 皇族の人数の推移(現皇室典範以降)


3 皇位継承

4 摂政・国事行為臨時代行

5 皇族の特有事項

6 宮家

7 皇室会議

7.1 婚姻関係

7.2 皇籍離脱関係

7.3 議員


8 皇族の役職

8.1 現在

8.2 戦前


9 前近代:狭義の皇族「皇親」と広義の皇族「王氏」

10 大日本帝国憲法下での皇族

10.1 皇族会議

10.2 枢密院

10.3 貴族院

10.4 叙勲

10.5 任官

10.6 皇族の裁判

10.6.1 民事訴訟

10.6.2 刑事訴訟


10.7 皇族の特有事項

10.8 皇族の班位


11 旧皇族

11.1 旧皇族系図


12 脚注

13 関連項目

14 外部リンク

概要
日本国憲法第二条
皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。
皇室典範第5条
皇后太皇太后皇太后親王親王妃内親王王妃及び女王を皇族とする。
同・第六条 
嫡出の皇子及び嫡男系嫡出の皇孫は、男を親王、女を内親王とし、三世以下の嫡男系嫡出の子孫は、男を王、女を女王とする。

現在の法令は法律たる皇室典範によってその範囲を定められた、皇統に属する天皇の一族を皇族とする。皇族には天皇を含めず、天皇と皇族をあわせた全体を皇室という。

この内、皇后・皇太后・皇太子・皇太子妃などとその独立していない子女の「内廷」に属する皇族は内廷皇族と呼ばれ、内廷から独立した宮家に属する皇族は宮家皇族と呼ばれる。

非嫡出子は皇族とされない。天皇の母方の血族や姻族に関しては特別の規定がなく、民法の規定により、天皇の外戚の内、皇后から3親等内の者が天皇の姻族となる。天皇の姻族は皇族ではないが民法上は天皇の親族である。このように皇族=天皇の親族・血族というわけではない。皇族以外の親族には下記「一般国民と皇族の差異」は当てはまらないが、近親婚の禁止等の規制等は適用される。

天皇又は親王・王の嫡出の子女として生まれた者以外が皇族となることができるのは、女子が天皇親王のいずれかと結婚する場合のみに限られる(皇室典範15条)。
皇后(こうごう)
天皇の后。皇室典範に定められた敬称は陛下(23条)内廷皇族摂政に就任しうるものとされる(第17条)。崩御後はに葬られる(27条)。立后には皇室会議の議を経ることが必要である(10条)が、すでに皇位継承者の妃である場合、夫の即位に伴って皇后となる。崩御した際には、「○○皇后」と追号されるのが慣例となっている[2]。生まれた皇子は男を親王、女を内親王とする(6条)。
太皇太后(たいこうたいごう)
先々代の天皇の皇后。摂政に就任しうるものとされる(第17条)。また敬称は陛下を用い(第23条)、太皇太后を葬るところは陵と称する(第27条)。
皇太后(こうたいごう)
先代の天皇の皇后。敬称は「陛下」(第23条)。摂政に就任しうるものとされる(第17条)。
親王(しんのう)
天皇の嫡出の男子(正妻の皇子)、及び、天皇の嫡男系の嫡出の男子(皇孫)(第6条)。摂政に就任しうるものとされる(第17条)。また王が皇位を継承したときは、その兄弟たる王を親王とする(7条)。
親王妃(しんのうひ)
親王の妃。皇太子妃(こうたいしひ)も含まれる。敬称は「殿下」(第23条)。親王妃が成婚前より皇族(内親王又は女王)であった場合は、成婚後も(皇后となるまでは)親王妃であるとともに引き続き元来の身位も併存(保持)する。現在では、皇太子妃は皇太子が天皇に即位するに伴い、自動的に皇后になる。
内親王(ないしんのう)
天皇の嫡出の皇女および天皇の嫡男系の嫡出の皇孫で女子であるもの(6条)、また、天皇の姉妹(7条)。摂政に就任しうるものとされる(第17条)。天皇・皇太子の娘である場合、さらに「○宮」の御称号が与えられる。
(おう)
天皇の嫡男系嫡出で三親等以上離れた皇族男子(傍系でなく直系尊属の天皇から数える)。敬称は殿下。摂政に就任しうるものとされる(第17条)。現行の皇室典範では、王は次のいずれかに当てはまる場合、王から親王に身位が変更される。皇位の継承によって天皇嫡出の皇子または嫡男系嫡出の皇孫となった場合。(皇室典範第6条)王の兄弟たる王が皇位を継承した場合。(皇室典範第7条)現行皇室典範以降一人も出生していない。
王妃(おうひ)
王の妃。敬称は「殿下」。王妃の夫たる王が親王に身位が変更される場合、王妃の身位も親王妃に変更される。
女王(じょおう)
天皇の嫡男系嫡出で三親等以上離れた皇族女子。敬称は殿下。摂政に就任しうるものとされる(第17条)。現行の皇室典範では、女王は次のいずれかに当てはまる場合、内親王に身位が変更される。皇位の継承により天皇嫡出の皇子もしくは嫡出系嫡男の皇孫となった場合。(皇室典範第6条)女王の兄弟(=王)が、皇位を継承した場合。(皇室典範第7条)皇族と結婚した場合は、成婚後も(皇后となるまでは)親王妃または王妃であるとともに引き続き元来の身位も併存(保持)する。
皇族の身分の離脱詳細は「皇籍離脱」を参照

満15歳以上の内親王・王・女王は、本人の意志に基づき、皇室会議の承認を経て、皇族の身分を離脱できる(皇室典範11条1項)。

皇太子・皇太孫を除く親王・内親王・王・女王は、やむを得ない特別の事由があるときは、本人の意思にかかわらず、皇室会議の判断で、皇族の身分を離れる(皇室典範11条2項)。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:154 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE