百科事典
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年8月)

百科事典(ひゃっかじてん、: encyclopaedia)とは、あらゆる科目にわたる知識を集め、これを部門別やアルファベット順五十音順などに配列し、解説を記した書物のこと[1]。「百科」と略記されることもある。ブロックハウス百科事典 1902年


目次

1 概説

1.1 呼称

1.2 体裁

1.2.1 巻数

1.2.2 媒体


1.3 分野

1.4 構成・配列

1.5 立項

1.6 改訂

1.7 執筆者


2 歴史

2.1 起源

2.2 近代的百科事典の成立

2.3 百科事典の発展

2.4 近代以後の日本の百科事典

2.5 電子化

2.5.1 CD-ROM/DVD-ROM版

2.5.2 ウェブ版

2.5.3 読者参加型


2.6 読書としての百科事典


3 主な百科事典

3.1 印刷物

3.2 オンライン版

3.3 年刊の用語事典


4 インターネット上の百科事典

5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 関連項目


概説ブリタニカ百科事典第15版

広辞苑第五版によれば、「学術社会家庭その他あらゆる科目にわたる知識を集め記し、これを部門別あるいは五十音順などに配列し、解説を加えた書物[1]」のことである。大辞泉によれば「人類の知識の及ぶあらゆる分野の事柄について、辞書の形式に準じて項目を立てて配列し、解説を加えた書物[2]」である。
呼称

「百科事典」の「百科」とはおおむね「さまざまな分野」といった意味である[注 1][注 2][注 3][注 4]。かつては「百科辞典」とも表記したが、1931年に平凡社が大百科事典を出版して以降は、「百科事典」の表記が定着した。

「百科全書」(ひゃっかぜんしょ)とも言うが、こちらの呼称はやや古風な呼び方である。特に後述するフランスの百科全書派の手によるものを指して百科全書と呼ぶことが多い。中国語では「百科全書」が正式の表記である。

尚、百科事典を意味する英語: encyclopedia は、ギリシャ語コイネーの"?γκυκλοπαιδε?α"から派生した言葉で、「輪になって」の意味である?γκ?κλιο?(enkyklios:en + kyklios、英語で言えば「in circle」)と、「教育」や「子供の育成」を意味するπαιδε?α(paideia パイデイア)を組み合わせた言葉であり、ギリシャ人達が街で話し手の周りに集まり聴衆となって伝え聞いた教育知識などから一般的な知識の意味で使われていた[3][4][5][6]
体裁
巻数

大型百科事典では数十冊もの大部となるが、記述をコンパクトにまとめた一巻本のものもある。非常に大部のものの場合、索引が独立した一巻となっているものも存在する。索引のほか、地図も単独巻として存在するものがある。


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:61 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE