百済
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

この記事の内容の信頼性について検証が求められています
確認のための文献や情報源をご存じの方はご提示ください。出典を明記し、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。議論はノートを参照してください。(2011年12月)
百済
百濟

346年? - 660年


(国章)

三国時代後半の576年頃の半島

公用語百済語
(古代朝鮮語のひとつ)
首都慰礼城
(前18?475)
熊津
(476?538)
泗?
(538?660)

346 - 375近肖古王
641 - 660義慈王

変遷
建国(『三国史記』による)前18年
近肖古王の即位346年
仏教導入諸説あり
泗?陥落660年

百済
各種表記
ハングル:??
漢字:百濟
発音:ペクチェ
日本語読み:くだら/ひゃくさい
ローマ字:Baekje/Paekche
テンプレートを表示

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています(詳細)。

百済(くだら/ひゃくさい[1]、旧字体:百濟)は、古代の朝鮮半島南西部にあった国家4世紀前半 - 660年)。朝鮮史の枠組みでは、半島北部から満州地方にかけての高句麗、半島南東部の新羅、半島南部の伽耶諸国とあわせて百済の存在した時代を朝鮮半島における三国時代という。新羅を支援したによって滅ぼされ、故地は最終的に新羅に組み入れられた。


目次

1 国名

2 歴史

2.1 建国

2.2 漢城時代( ?475年)

2.2.1 高句麗と百済の戦争


2.3 中期:熊津時代(475?538年)

2.3.1 伽耶争奪と遷都


2.4 後期:泗?時代(538?642年)

2.4.1 新羅との対立

2.4.2 新羅の強大化と外交関係

2.4.3 隋唐の成立と朝鮮半島情勢


2.5 百済滅亡

2.5.1 百済復興運動


2.6 唐による半島支配と新羅による統一


3 言語

4 建国神話

4.1 中国の記録における起源説話


5 国際関係

5.1 中国との関係

5.2 高句麗との関係

5.2.1 夫余同源神話

5.2.2 政治的関係


5.3 倭国との関係

5.3.1 渡来人/帰化人

5.3.2 倭系百済官僚



6 王号

7 官制

7.1 佐平制


8 文化

8.1 墓制

8.2 仏教


9 注釈

10 出典

11 参考文献

11.1 原典資料

11.2 二次資料(書籍)

11.3 二次資料(論文)


12 関連項目

13 外部リンク


国名

百済の国名の由来はわかっていない。『三国史記』「百済本紀」に記載される神話では初代王である温祚王が夫余の地から遷って建国した際、10人の家臣の助力を得たことから国号を十済とし、その後温祚王の兄の沸流に従っていた人々が温祚王の国に合流した際に、百姓が楽しみ従ったことから国号を百済と改めたという[2]。朝鮮史研究者の井上秀雄は、『三国史記』の訳注にて、これを事実は認めがたいとしている[3]。詳細は「建国神話節」を参照。また、『隋書』「百済伝」は、移動の際に百家で海を済ったので、それに因んで百済という国名となったと伝えている[4]


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:214 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE