発達障害
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

DSM-5における「神経発達症」あるいはICD-10における「心理的発達の障害」とは異なります。

Developmental Disability
分類および外部参照情報
MeSHD002658

発達障害(はったつしょうがい、: Developmental disability、DD)は、肉体的・精神的な不全をもたらす慢性的症状らの様々なグループ(障害者の分類)である[1]。発達障害はその個人の生活において様々な困難をもたらし、特に言語、移動、学習、セルフヘルプ、自立生活などでハンディとなるとされる[1]。発達障害は子どもの発育期に発見されることが多く、その人の一生にわたって継続する障害である[2]

最も一般的な発達障害には以下が挙げられる。

脆弱X症候群 (FXS) [2][3] - 染色体異常による。

ダウン症候群 [2] - 染色体異常による。出生前検査で確定できる。

自閉症スペクトラム(ASD)( 広汎性発達障害 (PDD))

注意欠陥・多動性障害 (ADHD)

学習障害 (LD)

胎児性アルコール症候群 (FASD) [2] - 妊娠期の飲酒による障害。断酒により完全に予防可能である。

脳性麻痺 (CP) [1]

知的障害 [3][4]

上記は広義の発達障害である[5]。日本においては発達障害者支援法が定める自閉症スペクトラム、ADHD、学習障害を、狭義の発達障害としている[5]


目次

1 原因

2 診断

3 関連する問題

3.1 挑戦的行動


4 分類

4.1 日本での分類

4.1.1 軽度発達障害



5 人口

5.1 米国

5.2 日本


6 日本における福祉

6.1 精神障害者保健福祉手帳

6.2 療育手帳

6.3 発達障害者支援法

6.4 障害者総合支援法

6.5 関連団体


7 歴史

8 脚注

9 出典

10 参考文献

11 関連項目

12 外部リンク


原因

発達障害の原因は多岐にわたり、不明な点が多く残されている。複数の要素が関係し、遺伝的、胎児期の保健状態、出生時の環境、感染症、環境要因などが挙げられている[2]。双子研究により、遺伝要因とそれ以外の要因の影響度を算出することが可能で、自閉症スペクトラムADHDに関しては遺伝要因の影響が大きいと分かっている[6][7][8]。 大部分の発達障害は乳児出生前に形成されるが、一部は出生後の外傷感染症、その他の要素に起因することもある[2]。原因は多々あるが、たとえば以下が挙げられる[9]

遺伝子染色体の異常 - ダウン症候群レット症候群など

妊娠期の物質使用(たとえばアルコール) - 胎児性アルコール・スペクトラム障害など

妊娠期におけるある種の感染症

未熟児出産

診断


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:69 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE