田口文次
[Wikipedia|▼Menu]
田口文次

田口 文次(たぐち ぶんじ、明治元年4月12日[1]1868年5月4日) - 昭和15年(1940年5月31日[1])は、日本の衆議院議員政友本党立憲政友会)、山口村
経歴

肥前国杵島郡山口村(現在の佐賀県杵島郡江北町)出身。1885年(明治18年)、慶應義塾に入学するが、東京専門学校(現在の早稲田大学)に転じ、1887年(明治20年)に退学した。1897年(明治30年)以降、杵島郡会議員、山口村長、佐賀県会議員、同議長を歴任した。

1924年大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第17回第18回と3期務めた。議員退職後の1936年(昭和11年)には江北村(小田村・山口村・佐留志村が合併)の村長に就任した。
脚注^ a b故田口文次位記追賜ノ件

参考文献

『衆議院要覧(乙) 昭和七年五月』
衆議院事務局、1932年。

故田口文次位記追賜ノ件(国立公文書館 アジア歴史資料センター)











衆議院全院委員長


新設

島田三郎

大東義徹

安部井磐根

鈴木重遠

片岡健吉

安東九華

末広重恭

鈴木重遠

谷河尚忠

工藤行幹

長谷場純孝

杉田定一

栗原亮一

長谷場純孝

神鞭知常

菊池九郎

関直彦

石塚重平

野尻邦基

佐竹作太郎

竹越與三郎

戸水寛人

中倉万次郎

菅原傳

川原茂輔

白石直治

大村和吉郎

金子元三郎

肥田景之

山根正次

金沢仁作

若尾璋八

原田十衛

横山寅一郎

天春文衛

竹内明太郎

坪田十郎

富安保太郎

若尾璋八

佐々木平次郎

多木久米次郎

熊谷五右衛門

植場平

増田義一

西村丹治郎

高鳥順作

有馬秀雄

荒川五郎

平山岩彦

鵜沢宇八

広瀬為久

竹内友治郎

伊藤仁太郎

蔵園三四郎

本多貞次郎

藤井啓一

飯塚春太郎

田口文次

熊谷五右衛門

熊谷直太

重松重治

匹田鋭吉

村上紋四郎

出井兵吉

百瀬渡

松方幸次郎

吉川吉郎兵衛

武田徳三郎

四王天延孝

近藤英次郎

青山憲三

一松定吉

牧野賤男

井阪豊光

紫安新九郎

原夫次郎

加藤知正

漢那憲和

信太儀右衛門

大久保留次郎

坂東幸太郎

廃止











衆議院決算委員長
帝国議会

創設

斉藤珪次

谷河尚忠

田村順之助

園山勇

田村順之助

古谷新作

安川繁成

石黒涵一郎

滝口帰一

鈴置倉次郎

元田肇

首藤陸三

栗塚省吾

谷沢竜蔵

佐々木正蔵

小川平吉

板倉中

福岡精一

上埜安太郎

斉藤珪次

粕谷義三

板倉中

田中隆三

大津淳一郎

小河源一

鹿島秀麿

加藤彰廉

石黒涵一郎

富島暢夫

武市彰一

秋田清

小田切磐太郎

木下謙次郎

井上敬之助

宮古啓三郎

山口熊野


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:19 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE