田代和生
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

この存命人物の記事には検証可能出典が求められています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2011年7月)

田代 和生(たしろ かずい、女性、1946年1月25日[1]- )は、日本歴史学者。専門は近世の日朝関係史慶應義塾大学名誉教授、日本学士院会員。

札幌市出身。1968年中央大学文学部卒、同大学院修士課程修了、慶應義塾大学大学院博士課程満期退学、1979年「近世日朝通交貿易史の研究」で中大文学博士。慶大経済学部助教授、1981年博士論文を公刊したものにより日経・経済図書文化賞、1982年に義塾賞受賞、1988年慶大教授、1989年同大文学部教授、1993 - 1997年には国際日本文化研究センター運営評議員、2011年慶大を定年退任、名誉教授。2003年にアジア・太平洋賞受賞。2011年6月、紫綬褒章を受章[2]。2014年日本学士院会員。
著書

『近世日朝通交貿易史の研究』(創文社 1981年)

『書き替えられた国書―徳川・朝鮮外交の舞台裏』(中公新書 1983年)

『江戸時代朝鮮薬材調査の研究』(慶應義塾大学出版会 1999年)

『倭館―鎖国時代の日本人町』(文春新書 2002年)

『日朝交易と対馬藩』(創文社 2007年)

『新・倭館―鎖国時代の日本人町』(ゆまに書房〈ゆまに学芸選書〉 2011年)

校訂

『対馬宗家文書』別冊(ゆまに書房 1998-2005年)、校訂

『交隣提醒』(平凡社〈東洋文庫〉2014年)校訂解説

出典^ 『現代日本人名録』
^春の褒章、705人24団体が受章:社会:YOMIURI ONLINE(読売新聞)

典拠管理

WorldCat

VIAF: 67727914

NDL: 00108114


この項目は、学者に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますPJ:人物伝/P:教育)。


更新日時:2017年9月14日(木)11:57
取得日時:2018/01/18 11:21


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:4686 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE