田中浩康
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

田中博康」とは異なります。

田中 浩康横浜DeNAベイスターズ #67
2017年3月11日、横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本
出身地京都府木津川市
生年月日(1982-05-24) 1982年5月24日(35歳)
身長
体重177 cm
77 kg
選手情報
投球・打席右投右打
ポジション一塁手二塁手外野手
プロ入り2004年 自由獲得枠
初出場2005年4月6日
年俸1,500万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)


尽誠学園高等学校

早稲田大学

ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワローズ
(2005 - 2016)

横浜DeNAベイスターズ (2017 - )

この表についてこの表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

■プロジェクト:野球選手  ■テンプレート

田中 浩康(たなか ひろやす、1982年5月24日 - )は、京都府木津川市出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。横浜DeNAベイスターズに所属している。ヤクルト時代


目次

1 来歴・人物

1.1 プロ入り前

1.2 ヤクルト時代

1.3 横浜DeNA時代


2 詳細情報

2.1 年度別打撃成績

2.2 年度別守備成績

2.3 表彰

2.4 記録

2.5 背番号


3 脚注

4 関連項目

5 外部リンク


来歴・人物
プロ入り前

小学校2年生のときに野球を始める。中学2年になる春に千葉県から京都府木津川市木津第二中学校に転校し、ボーイズリーグのチーム、奈良スターズ(現・南京都ニュースターズ)に入団する。

高校は香川県尽誠学園高等学校に入学し、1年時と2年時に二塁手として全国高等学校野球選手権大会に出場[2]

2001年早稲田大学に入学。1年春から二塁のレギュラーに定着し、東京六大学リーグ戦の全試合に出場。3年秋にベストナインに選出。青木宣親と1・2番、また鳥谷敬と二遊間を組み、走攻守揃った二塁手として活躍する。4年時にはキャプテンを務め、鳥谷が抜けた後のショートも担った。史上24人目となる大学通算100安打以上を放つ。大学通算95試合出場、368打数102安打、打率.277、6本塁打、44打点。

また、大学時代は1年春の開幕明大1回戦に1番セカンドで出場(4打数4三振)して以来、全試合全イニング出場のまま4年秋のシーズンを迎え、「鉄人」とも呼ばれたが、同シーズンの法大戦で左手に死球を受け骨折、その後も試合出場は続けたものの、かすり傷の影響で全イニング出場は叶わなかった。

2年時(2002年)に第1回世界大学野球選手権日本代表メンバーに選出。2年 - 3年時(2002年 - 2003年)の2年連続で日米大学野球選手権大会日本代表メンバーに選出される。

2004年11月17日に行われたプロ野球ドラフト会議で、ヤクルトスワローズが自由獲得枠で田中の独占交渉権を獲得。交渉の結果、契約金1億5,000万円(出来高分の5000万円を含む)、年俸1,500万円(金額は推定)という最高の条件で入団した[3]
ヤクルト時代2008年バッティングフォーム


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:50 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE