田中俊太
[Wikipedia|▼Menu]

田中 俊太読売ジャイアンツ #51

基本情報
国籍 日本
出身地神奈川県厚木市
生年月日 (1993-08-18) 1993年8月18日(25歳)
身長
体重178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席右投左打
ポジション二塁手三塁手
プロ入り2017年 ドラフト5位
初出場2018年3月30日
年俸1,600万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)


東海大学附属相模高等学校

東海大学

日立製作所

読売ジャイアンツ (2018 - )

この表についてこの表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

■プロジェクト:野球選手  ■テンプレート

田中 俊太(たなか しゅんた、1993年8月18日[2] - )は、神奈川県厚木市出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。読売ジャイアンツ所属。兄は広島東洋カープに所属する田中広輔[2]
目次

1 経歴

1.1 プロ入り前

1.2 プロ入り後


2 詳細情報

2.1 年度別打撃成績

2.2 年度別守備成績

2.3 記録

2.4 背番号


3 脚注

4 関連項目

5 外部リンク

経歴
プロ入り前

東海大学附属相模高等学校時代には、2年生の2010年に第92回全国高等学校野球選手権大会で準優勝、3年生の2011年に第83回選抜高等学校野球大会で優勝をそれぞれ経験した[3]。チームメイトは1学年上に一二三慎太大城卓三、同期には菅野剛士渡辺勝がいる。

東海大学に進学し、3年生時の2014年に第63回全日本大学野球選手権大会で優勝[3]

2016年、大学を卒業して日立製作所に進み、高校時代の同期である菅野剛士と再びチームメートになる。同年夏の第87回都市対抗野球大会ではチーム初の決勝進出(準優勝)に貢献し、菅野とともに若獅子賞を受賞した。[3]。2017年には社会人日本代表に選ばれ、同年のアジア野球選手権大会では二塁手として出場し、優勝メンバーとなった[3][4]

2017年のドラフト会議読売ジャイアンツに5巡目指名され[3]、入団合意した[5]。背番号は兄・広輔のプロ入り時と同じ「63」に決まった[6]
プロ入り後

2018年、開幕を一軍で迎えると、3月30日の開幕戦である対阪神タイガース戦(東京ドーム)に代打でプロ初出場を果たすと、初打席初安打を記録。6月2日の対オリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)で2番・二塁手として初先発出場すると、1試合5出塁の活躍を見せた。9月11日の東京ヤクルトスワローズ戦(東京ドーム)では小川泰弘からプロ初本塁打を記録した。
詳細情報
年度別打撃成績

















































O
P
S

2018巨人9926122820556327312601002300417.241.311.320.631
NPB:1年9926122820556327312601002300417.241.311.320.631


2018年度シーズン終了時

年度別守備成績


度球
二塁三塁外野














合刺

殺補

殺失

策併

殺守

率試

合刺

殺補

殺失

策併

殺守


2018巨人58128151433.9868313011.00010000.---
通算58128151433.9868313011.00010000.---


2018年度シーズン終了時

記録
初記録


初出場:2018年3月30日、対
阪神タイガース1回戦(東京ドーム)、7回裏に小林誠司の代打で出場

初打席・初安打:同上、ランディ・メッセンジャーから二塁内野安打 

初先発出場:2018年6月2日、対オリックス・バファローズ2回戦(京セラドーム大阪)、2番・二塁手として先発出場

初打点:2018年6月3日、対オリックス・バファローズ3回戦(京セラドーム大阪)、5回表に田嶋大樹から左前適時打


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:27 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE