生長の家
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年8月)

生長の家設立年1930年(昭和5年)3月1日
設立者谷口雅春
種類宗教法人
法人番号2011005000437
本部山梨県北杜市
会長谷口雅宣
ウェブサイトhttp://www.seicho-no-ie.org/

生長の家(せいちょうのいえ)は、1930年昭和5年)に谷口雅春により創設された新宗教団体[1]。 その信仰は、神道仏教キリスト教イスラム教ユダヤ教等の教えに加え、心理学哲学などを融合させている。正しい宗教の真理は一つと捉えている。宗教法人格を持つ。


目次

1 概要

2 活動

2.1 講習会・勉強会

2.2 普及誌および組織構成

2.3 海外活動


3 教義・行事

3.1 教義

3.1.1 唯神実相

3.1.2 唯心所現

3.1.3 万教帰一


3.2 行法

3.3 練成会


4 歴史

4.1 創始から終戦まで

4.2 戦後の法人化と政治への参加

4.3 政治活動の撤退と「国際平和信仰運動」の提唱

4.4 現在


5 主張

5.1 ノーミート


6 分派の動向

7 施設・機関

7.1 日本

7.2 海外


8 脚注

9 参考文献

10 関連項目

11 外部リンク


概要

1930年谷口雅春によって創始された。『宗教年鑑 平成28年版』における国内信者数は、496,121人である[2]。本部は山梨県北杜市[3][4]

現在の総裁は雅春の娘婿の谷口清超の二男谷口雅宣2008年10月28日に父清超が89歳に死去したため、立教記念日の2009年3月1日付を以て雅宣が第3代生長の家総裁に就任した。

総本山として龍宮住吉本宮長崎県西海市に、別格本山として宝蔵神社京都府宇治市に各々ある。教典として『生命の實相』、『甘露の法雨』、「七つの燈臺の點燈者の神示」などがある。



活動
講習会・勉強会

信徒も含め一般向けの行事として「講習会」が設けられており、全国59教区で隔年開催されている。2015年からは各地で年に数回の「新人のための勉強会」が行われている。
普及誌および組織構成

一般向けの月刊誌(「普及誌」)としては、『いのちの環』、『白鳩』、『日時計24』の3誌を日本教文社が月1回発行、世界聖典普及協会を通して頒布している。機関紙としては『聖使命』、『生長の家』がある。いずれも月1回発行である。

信者組織としては、男性対象組織「相愛会」(1万人)、女性対象組織「白鳩会[5]」(6万人)、12歳?39歳の男女青年組織「青年会」(3千人、誌・組織共に1998年)が基本の3組織とされている。1985年11月21日まで総裁を雅春、白鳩会総裁を谷口輝子、2009年2月28日まで総裁を清超、白鳩会総裁を谷口恵美子が担当していた[6]

この他に副次的組織として、会社経営者や産業人で構成される「生長の家栄える会」、学校教員や教育関係者で構成される「生長の家教職員会」(生教会)が存在する。なお、かつては生教会と同列的な組織に「新教育者連盟」(新教連)が存在したが、2003年に生長の家側が包括的関係を解消している。


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:79 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE