生長の家
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

脚注^ 週刊ダイヤモンド、2009/09/12、30ページから、“新宗教”
^ 文化庁『宗教年鑑 平成28年版』 P87
^ 『オールカラーでわかりやすい! 世界の宗教』240頁
^ 『オールカラーでわかりやすい! 世界の宗教』241頁
^ 教団全体の総裁・副総裁とは別に、単独組織として総裁・副総裁職が設けられている。2009年現在、総裁は谷口純子。
^ 教団全体の副総裁、ならびに白鳩会副総裁は空席となっている。
^ 『甘露の法雨』「霊」の項の一節。
^ 正座をして先ず招神歌をよみ瞑目合掌する。
^ 紙の札に氏名を書きそれで本人を擦り、息を吹きかけ、それを総本山と各教化部で焼納する。
^ 自分の思っている悪いこと全てを紙に書き出し、それを本山等で清めた炎で焼却する。
^甘露の法雨」を写す。
^ 『生長の家四〇年史』生長の家。
^ この際、甘露の法雨も持っていたともいわれる。また生長の家の講師が田中静壱の病気を治したのが入信のきっかけだったという。
^ 生長の家が目指す政治路線を列挙する。第一に憲法改正。明治憲法復元論である。第二に紀元節の復活。第三に国旗と国家の復活。第四に優生保護法の改正である。堀幸雄 『最新 右翼辞典』 柏書房 2006年11月 P 314-315
^ a b 鈴木邦男高橋史朗伊藤哲夫などの民族派の活動家や文化人、衛藤晟一井脇ノブ子などの政治家は、生学連もしくは全国学協の出身である。保守系シンクタンク日本政策研究センターは、伊藤の主宰する団体である。生学連OBを中心に結成された。
^ もともと全国学協OBによって結成された組織で、草創期の幹部に生長の家出身者が多かった。
^ 第三世界との連帯と反米路線。パレスチナ解放機構等との共闘を主張
^ これらの活動に対して浅野健一は、「ネティズン極右的な言論は自然発生的な面もあるが、『生長の家』などのカルト的な宗教団体が反動的な政治家と組んで組織的に展開している。」と主張している。“ ⇒日本におけるオーマイニュース・モデル成功の条件: 市民参画型ジャーナリズムを創出するために” (2005年2月23日). 2014年7月26日閲覧。[リンク切れ]インターネット・アーカイブよりサルベージ
^ 『歴史から何を学ぶか』生長の家。
^ リベラルな主張をする一方で、非核三原則に「現実的でない」と反対するなど、保守的な要素も強く、教団は中華民国を支持するなど、外交面にもそれが表れている。
^ 生長の家と欧米のキリスト教右派団体の関係については、谷口雅宣監修『歴史から何を学ぶか』生長の家、生長の家『生長の家五十年史』等に掲載。
^ 生長の家は、クリスチャン・サイエンスやユニティ協会系の聖書解釈を行っているほか、堕胎禁止や反優生学を政治活動撤退後も主張するなど、右派色がかつてから強かった。
^ 谷口雅宣『神を演じる前に』日本教文社
^ 谷口雅宣『宗教はなぜ都会を離れるか?』日本教文社
^ 谷口雅宣『今こそ自然から学ぼう』日本教文社
^ ???「「生長の家」を通してみた日本の右傾化の現況」東亜歴史文化学会
^ 谷口雅宣『信仰による平和への道』日本教文社
^ 『平和の先人に学ぶ』生長の家
^ 生長の家が選挙に対して組織的な関与をするのは、生長の家政治連合活動停止の原因の一つとなった1983年の参議院議員選挙以来、33年ぶりのことである。
^ a b今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針 生長の家 2016年6月9日
^ 『理想世界』昭和51年(1976年)11月号
^代表者のプロフィール(日本政策研究センター)
^「安倍政権を完全支配する『日本会議』の正体」、フライデー、2014年8月22・29日号
^[1]
^蒸し返し裁判 平成26年10月15日 光明思想社
^生長の家社会事業団等との訴訟について 平成28年3月10日 日本教文社

参考文献

谷口雅春 『生長の家とは如何なるものか』(日本教文社、
1971年) 創始者直筆の入門書。
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:66 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE