生物の分類
[Wikipedia|▼Menu]

ウィキペディアでの生物の分類の扱いについては、Wikipedia:ウィキプロジェクト 生物をご覧ください。

生物の分類(せいぶつのぶんるい)では、生物を統一的に階級分類する方法を説明する。分類学学名Category:分類学、ウィキスピーシーズも参照のこと。
目次

1 上位の分類階級

1.1 ドメイン

1.1.1 エオサイト説


1.2 従来の分類との関係

1.3 真核生物のスーパーグループ


2 下位の分類階級

2.1 階級

2.2 分類名の接尾辞


3 一般的分類例

3.1 原核生物

3.1.1 真正細菌(ドメイン:バクテリア)

3.1.2 古細菌(ドメイン:アーキア)


3.2 真核生物

3.2.1 原生生物界

3.2.2 植物界

3.2.3 菌界

3.2.4 動物界



4 分子系統学的分類例

5 歴史

5.1 アリストテレスの分類

5.2 リンネの分類

5.3 ドメインの提唱


6 脚注

7 関連項目

上位の分類階級

生物に関する科学的知見が蓄積されるにつれ、生物の分類は何度も修正されたが、特に20世紀末の分子系統解析の成果により、大きな修正が測られた。本稿ではこの分子系統解析の成果に基づいた近代的な系統分類を述べる。 生物全体に3ドメインへの分類
ドメイン詳細は「ドメイン (分類学)」を参照

まず、分子系統解析(の一つである16S rRNA系統解析)によって得られた大きな成果は、生物全体がドメインと呼ばれる3つの単系統群真正細菌(Bacteria)、古細菌(Archaea)、真核生物(Eukaryota))に分類される事がわかったことである[1][2][3][4][5]。これは、これまで「原核生物」と称されていた真核生物以外の生物群が実は真正細菌古細菌という2種類の系統に分かれていた事を意味する。また(後生)動物のような我々のよく知る多細胞生物はいずれも真核生物に属するが、単細胞生物は、真正細菌真核生物古細菌のいずれのドメインにも属する。 真正細菌(青字)、真核生物(緑字)、古細菌(赤字)の関係。左は古細菌を単系統とする説(3ドメイン系統樹)、右はエオサイト説。エオサイト説に従えば、古細菌は真核生物を除いた側系統群であるということになる。
エオサイト説

なお、真核生物は古細菌から進化したとする有力な仮説(エオサイト説)がある。この仮説を認めた場合、古細菌は側系統群で、真核生物と古細菌をあわせた全体が単系統群である事になる為、単系統群のみを分類群とする原則に従えば、3つのドメインにわけるよりも、「真核生物+古細菌」と「真正細菌」の2つに分けるほうが適切という事になる。しかし本稿では、2018年現在多くの学術書等で採用されている3ドメイン説を前提に話を進めるものとする。
従来の分類との関係

3ドメイン説とそれまでの説の関係を以下にまとめた:

リンネ
1735年
2界説ヘッケル
1894年
3界説ホイタッカー
1969年
5界説ウーズ
1977年
6界説ウーズ
1990年
3ドメイン説[6]具体例[7]
 原生生物モネラ界真正細菌真正細菌細菌
古細菌古細菌メタン生成菌、好熱好酸菌
原生生物原生生物真核生物藻類原生動物変形菌類
植物植物菌界菌界キノコカビ地衣植物
植物植物コケ類シダ類種子植物
動物動物動物動物無脊椎動物脊椎動物

上の表の「動物界」、「植物界」などに登場する「界」という語は、生物の分類階級の一つで、3ドメイン説が登場するまでは最上位の分類階級として位置づけられていた。それに対し3ドメイン説ではまず生物全体を3つのドメインに分け、これらドメインよりも下位の分類階級として「界」を扱う。なお、日本の初等教育では3ドメイン説以前の二界説(2011年まで)ないし五界説(2012年以降)に基づいて生物の分類を説明している[8]
真核生物のスーパーグループ詳細は「真核生物」を参照

分子系統解析によるもう一つの大きな成果は、真核生物がいくつかのスーパーグループという単系統群に分類でき、さらにそれらスーパーグループがいくつかのクラスターという単系統群にまとめられる事がわかった事である。以下に国際原生生物学会による公式的な分類体系(Adl et al. 2012)の概観を表に示した[9]

クラスタースーパーグループ下位分類、具体例

物アモルフェア

AmorpheaオピストコンタOpisthokontaホロゾア Holozoa(動物襟鞭毛虫 など)
Nucletmycea(菌類 など)
アメーボゾアAmoebozoaツブリネア Tubulinea、古アメーバ類 Archamoebae、原生粘菌(プロトステリウム目)Protosteliida、変形菌(ホコリカビ類)Myxogastria、

タマホコリカビ類 Dictyostelia、ディスコセア Discosea、Gracilipodida、マルチシリア Multicilia、Protosporangiida、Fractovitelliida、

Schizoplasmodiida
エクスカバータ

Excavataメタモナス類 Metamonada(フォルニカータ、パラバサリア、プレアクソスチラ)
Discoba(ユーグレノゾアヘテロロボサ、ジャコバ類 など)
マラウィモナス Malawimonas
ディアフォレティケスDiaphoretickesアーケプラスチダArchaeplastida緑色植物 Chloroplastida(緑藻植物陸上植物など)


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:61 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE