生物の分類
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

ウィキペディアでの生物の分類の扱いについては、Wikipedia:ウィキプロジェクト 生物をご覧ください。

生物の分類(せいぶつのぶんるい)では、生物を統一的に階級分類する方法を説明する。分類学学名Category:分類学、ウィキスピーシーズも参照のこと。


目次

1 概説

2 アリストテレスの分類

3 リンネの分類

4 現在の生物分類

5 分類名の接尾辞

6 最上位分類の変遷

6.1 界

6.2 ドメイン

6.3 系統的な分類へ


7 一般的分類例

7.1 原核生物

7.1.1 真正細菌(ドメイン:バクテリア)

7.1.2 古細菌(ドメイン:アーキア)


7.2 真核生物

7.2.1 原生生物界

7.2.2 植物界

7.2.3 菌界

7.2.4 動物界



8 分子系統学的分類例

9 脚注

10 関連項目


概説

判明している生物は、300万から1,000万種である。それぞれの種には学名(属名+種小名または属名+種形容語)がつけられる。学名の前半は属名で、属とはごく類縁関係が近い種をまとめたものである。これらを分類してその分類グループに分類名をつけることが行われている。さらにこの分類を階層的に(小分類>中分類>大分類etc)体系付けすることで、いろいろな生物グループ同士の類縁関係、ひいては進化の系譜を明らかにしようとする。

分類学は、それぞれの時代において、その当時までに判明した情報に基づいてできるだけ納得の出来るような分類の体系を模索し続けてきた。リンネの時代には形態を中心に、顕微鏡が使われるようになればそこから得られる情報をも利用し、生化学が発達すれば色素なども利用し、常にできるだけ納得のいく体系が探し求められた。そのため、分類体系は時代と共に変化しつつ、次第に正しい姿に近づいているものと考えられる。20世紀末には遺伝子そのものを参照する分子遺伝学の手法が取り入れられ、多くの分類群において大きな見直しが迫られている。したがって、このような体系は今後も変更を余儀なくされることがままあるはずである。

しかしながら、それぞれの時点において、どれかの体系を採用しなければ文章は作れない。そのため、Wikipediaはそれぞれの群で特定の体系を採用している。したがって、その記述が他の書籍等と異なる場合があること、どちらが正しいかの議論が困難な場合があることを記しておく。
アリストテレスの分類

どのような分類体系が合理的かは、アリストテレス以来さまざまな工夫がされ、案が出されてきた。彼の『動物誌』では動物分類は次のようになる。
有血動物
胎生
人類

胎生四足類

鯨類


卵胎生
軟骨魚類


卵生
鳥類

卵生四足類

無足類


不完全卵生
魚類



無血動物
不完全卵生
軟体類

軟殻類


蛆生あるいは自然発生
有節類


無性生殖または自然発生
殻は類

その他


アリストテレスの権威が絶対とされた中世は、この動物分類が支配的であった。
リンネの分類

近代的な分類法の刷新はリンネから始まった。

リンネは種の学名に二名法(属名と種小名の2語で表す)を採用し、分類を体系づけた。また、属・種の上位分類として、綱・目を設けて、階層的な分類体系とした。

現在の生物分類でもこのルールは変わっていないが、リンネの時代に比べると階層構造はより多段階となっている(後述)。

しかしリンネの分類自体が現在もそのまま生きているわけではない。例えば、リンネはクジラ魚類に分類していたがこれは誤りであった。また植物おしべの本数を元に分類したことは有名だが、現在の植物分類ではこの分類手法は捨てられている。

また、リンネの時代には「進化」の概念がなかったため、リンネの分類はあくまでも形態の類似異同の差異による操作に限られる限界があった。
現在の生物分類詳細は「階級 (生物学)」を参照

生物ドメイン界(かい)門(もん)綱(こう)目(もく)科(か)属(ぞく)種(しゅ)

以下では現時点で生物分類でほぼ一般的に使われている分類体系フレームを記述する。※ 分類体系はこれまでに述べたように、あくまでも人が扱いやすくするための人為的なものである側面があることに注意すること。※ 近年では、さまざまな分野で伝統的な分類体系を系統学の知見を反映させた体系に組替える動きが盛んである。

和名英名ラテン語名例:ヒト例:ローズマリー例:エノキタケ例:大腸菌例:A. ペルニクス


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:55 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE