生物の分類
[Wikipedia|▼Menu]
以下では現時点で生物分類でほぼ一般的に使われている分類体系フレームを記述する。

和名英名ラテン語名例:ヒト例:ローズマリー例:エノキタケ例:大腸菌例:A. ペルニクス
ドメイン:domain:regio:真核生物真核生物真核生物細菌古細菌
:kingdom:regnum:動物界植物界菌界なしプロテオ古細菌界[10]
:phylum
/division:phylum
/divisio:脊索動物門
(脊椎動物亜門)被子植物門担子菌門プロテオバクテリア門クレン古細菌門
:class:classis:哺乳綱双子葉植物綱菌蕈綱γプロテオバクテリア綱テルモプロテウス綱
:order:ordo:サル目シソ目ハラタケ目腸内細菌目デスルフロコックス目
:family:familia:ヒト科シソ科キシメジ科腸内細菌科デスルフロコックス科
:genus:genus:ヒト属
Homoローズマリー属
Rosemarinusエノキタケ属
Flammulinaエスケリキア属
Escherichiaアエロピュルム属
Aeropyrum
:species:species:H. sapiensR. officinalisF. velutipesE. coliA. pernix


門は、動物学と細菌学ではphylum、植物学、菌類学ではdivision/divisioと使い分ける。

中間的分類が必要なときの階級名は、その分類単位よりも上位の分類には、大 (magn-)・上 (super-) を、下位の分類には、亜 (sub-)・下 (infra-)・小 (Parv-) などの接頭語を各階級の頭につけて生成させる。

subfamily(亜科)とgenus(属)の間をさらに細分する必要があるときは、tribe(動物では族、植物では連)を使う。

subgenus(亜属)とspecies(種)の間をさらに細分する必要があるときは、section(節)を使う。

分類名の接尾辞

属より上位の分類名には、植物・藻類・菌類については国際藻類・菌類・植物命名規約、動物・原生動物では国際動物命名規約、細菌・古細菌では国際原核生物命名規約で定められた規則的な接尾辞が付けられている。

分類単位
Taxon植物
Plants
Algae
Fungi動物
Animals細菌古細菌
Bacteria, Archaea
門Division/Phylum-phyta-phyta-mycota  
亜門Subdivision/Subphylum-phytina-phytina-mycotina  
綱Class-opsida-phyceae-mycetes (-ia)
亜綱Subclass-idae-phycidae-mycetidae (-idae)
目Order-ales-ales-ales -ales
亜目Suborder-ineae-ineae-ineae -ineae
上科Superfamily-acea-acea-acea-oidea 
科Family-aceae-aceae-aceae-idae-aceae
亜科Subfamily-oideae-oideae-oideae-inae-oideae(現在使用されていない)
族(連)Tribe-eae-eae-eae-ini-eae(同上)
亜族(亜連)Subtribe-inae-inae-inae-ina-inae(同上)

分野によっては慣習的に、よく使われる語尾がある。たとえば、動物門の -zoa、綱の -morpha、目の -iformes、-ida、古細菌門の -archaeota などである。しかしこれらはルールではなく、例外が多い。原核生物では門の語尾を-aeotaに統一する提案が出されており、2018年以降に提唱された門はこの語尾を持つことが多い。
一般的分類例
原核生物
細菌(ドメイン:バクテリア)

アシドバクテリア門

アクイフェックス門

アクチノバクテリア門

エルシミクロビウム門

カルディセリクム門

クラミジア門

クロロビウム門

クロロフレクサス門

クリシオゲネス門

サーモデスルフォバクテリア門

シアノバクテリア門

ゲマティモナス門

シネルギステス門

スピロヘータ門

ディクチオグロムス門

デイノコッカス-サーマス門

テネリクテス門

デフェリバクター門

テルモトガ門

ニトロスピラ門

バクテロイデス門

フィルミクテス門

フィブロバクター門

フソバクテリウム門

プランクトミケス門

プロテオバクテリア門

ウェルコミクロビウム門

レンティスファエラ門

古細菌(ドメイン:アーキア)

クレンアーキオータ門

ユリアーキオータ門

タウムアーキオータ門

真核生物
原生生物界

藻類

緑藻

褐藻

紅藻

珪藻

ユーグレナ植物

クリプト植物

渦鞭毛植物


原生動物

繊毛虫

根足虫

アメーバ

有孔虫

太陽虫

放散虫


胞子虫

アピコンプレクサ

微胞子虫

粘液胞子虫


鞭毛虫

トリパノソーマ

襟鞭毛虫

超鞭毛虫

多鞭毛虫



その他

変形菌

細胞性粘菌

ラビリンチュラ

二毛菌門


植物界

緑藻

コケ植物門

車軸藻門


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:61 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE