甘露の法雨
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年3月)

甘露の法雨(かんろのほうう)は、生長の家の経典で「聖経」と冠される。昭和初期、生長の家の創始者である谷口雅春が「神の啓示を受けて霊感的に著した」と主張する著作物。
発刊停止問題

公益財団法人生長の家社会事業団及び生長の家本流運動の出版部門である光明思想社が、生長の家系の出版社である日本教文社が出版していた『生命の實相』、『聖経 甘露の法雨』に対し、著作権侵害による発刊差し止めと損害賠償の訴訟を起こした。知的財産高等裁判所2016年2月24日に、生長の家社会事業団側の主張を容れ、発刊の停止(書籍の廃棄)、20万円の支払いを命じた[1]
脚注

[ヘルプ]
^ “ ⇒平成27年(ネ)第10062号 著作権侵害差止等請求控訴事件 (PDF)”. 2016年4月14日閲覧。

関連項目

生長の家


この「甘露の法雨」は書籍に関連する項目ですが、内容が不十分です。

加筆、訂正が必要です。項目削除の対象となる場合もあります(P:書物/PJ出版)。
項目が文学作品の場合には{{Lit-substub}}を貼り付けてください。

この項目は、宗教に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますポータル 宗教/ウィキプロジェクト 宗教)。




更新日時:2016年5月16日(月)04:12
取得日時:2018/06/26 02:21


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:4132 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE