環境問題
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]
水質汚染により泡が浮かんだ河川酸性雨により溶けた石像大気汚染の原因となる排煙

環境問題(かんきょうもんだい、: Environmental threats, Environmental issues, Environmental problems)は、人類の活動に由来する周囲の環境の変化により発生した問題の総称であり、これは、地球のほかにも宇宙まで及んでいる問題である。


目次

1 主な環境問題

2 環境問題の基礎

3 「環境問題」への取り組み

3.1 全般

3.2 生活環境の革新

3.3 騒音・振動・快適性問題

3.4 開発問題・自然保護・生態系問題

3.5 地球温暖化・気候変動問題

3.6 問題点


4 環境に関する考え方

4.1 持続可能な開発

4.2 エコロジー

4.3 自然回帰・文明否定

4.4 ライフスタイルの革新


5 さまざまな環境問題

6 各国・各地域の環境問題と取り組み

6.1 アジア

6.2 ヨーロッパ

6.3 北アメリカ

6.4 国際連合


7 脚注

8 関連項目

9 参考文献


主な環境問題

主な環境問題として、次のようなものがしばしば挙げられる。

工業化の進展や自動車の普及に伴う大気汚染酸性雨

工業排水や生活排水などによる水質汚染土壌汚染

フロンガスの排出によるオゾン層破壊

二酸化炭素等の温室効果ガスの放出などによる地球温暖化海面上昇凍土融解

開発に伴う生物多様性の減退・生態系の破壊。

自然への影響を考えない土地の開発、植林を考慮しない大規模な森林の伐採。

これらにおいて、環境への影響が国境を越えて波及する点も、大きな問題の一つである。ある国内で環境保護のための法整備を進めても、他国での環境破壊行為によって環境被害を受けることもあるため、地球環境問題は国際的な枠組みでの対策を必要とするのである。

河川の上流地域(例:ネパール)で森林を伐採することにより、上流の山が保水力を失い、下流(例:バングラデシュカルカッタなど)で洪水が発生する。

東欧諸国での、無害化が不十分な排煙によって、欧州全体に酸性雨被害が発生する。

先進国での二酸化炭素排出が地球温暖化を招くことで、島嶼諸国が海面上昇による水没の危機にさらされる。

環境問題の基礎

環境問題では、負荷をかけていない他人への影響を含めて、当事者が全ての責任を取るという汚染者負担原則という考え方がある。ただ、汚染などの悪影響が小さければ問題はないが、悪影響が大きい場合や、環境に負荷をかけている当事者が判明していない場合は、当事者の負担が重過ぎて対策がままならないことがある。その場合、社会全体でも責任を負い、例えば税金を使って汚染による被害の補償を行うなど、当事者や影響を被っている者への支援を行う。

当事者の自発的な対策が行われない場合や、当事者が多数おり協力が難しい場合などもあるため、地域社会行政などの社会全体が中心となって対策を行う必要がある。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:61 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE