王ウ_(高麗王)
[Wikipedia|▼Menu]

本来の表記は「王禑」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212)が含まれています(詳細)。

王?
高麗
第32代国王
王朝高麗
在位期間1374年10月30日 - 1388年7月12日
姓・諱王?
生年至正25年7月7日
1365年7月25日
没年洪武22年12月14日
1389年12月31日
恭愍王
母般若
后妃謹妃李氏

王禑(ワン ウ、おう ぐ、朝鮮語:왕 우、1365年7月25日 - 1389年12月31日)は、第32代高麗王(在位:1374年 - 1388年)。姓は王、名は禑。?王、驪興王。初名は牟尼奴[1]恭愍王と侍婢・般若の子。恭愍王の後を継いで王位に就いたが、李成桂威化島回軍により廃位、殺害された。

高麗史』(1451年成立)では、王に仕えた寵臣辛旽の子であるとされ、辛旽の姓を以て辛禑と呼ばれているが、この記述は恭譲王から王位を禅譲された李成桂を正当な王位継承者とみなす朝鮮王朝時代の官製史観に由来するものと見られ、疑わしい。
家族

父:恭愍王

生母:般若(後に処刑)

養母:定妃安氏

養母:順静王后 韓氏(名目上の母)

妃:謹妃 李氏(慶尚南道 固城 鉄城府院君 李琳の娘。本貫は
固城李氏):高麗史には記述なし

息子:第33代国王昌王


妃:寧妃 崔氏(李成桂のライバルである崔瑩の娘。本貫は東州崔氏)

妃:毅妃 盧氏(本名は釋婢。本貫は長淵盧氏。朝鮮王朝第3代国王太宗の側室・昭嬪盧氏は姪)

妃:淑妃 崔氏(本名は龍徳)

妃:安妃 姜氏

妃:正妃 申氏(本貫は平山申氏)

妃:コ妃 趙氏(本名は鳳加伊)

妃:善妃 王氏

妃:賢妃 安氏(本貫は竹山安氏。恭愍王の妃・定妃安氏の姪。伯母の尽力により、廃位を免れた)

後宮:和順翁主(妓生出身で、本名は小梅香)

後宮:明順翁主(妓生出身で、本名は燕双飛)

後宮:寧善翁主(?-1420。本貫は南平で姓は不詳。妓生出身で、本名は七點仙。密直南秩という人物の妾であった)

脚注

[ヘルプ]
^ 高麗史卷44 世家44 恭愍王「乙巳賜牟尼奴名禑、封爲江寧府院大君。百官賀、命政堂文學白文寶・田祿生・大司成鄭樞等傅之。」(乙巳、牟尼奴に禑と名のるを賜ひ、封じて江寧府院大君と爲す。百官賀す、政堂文學白文寶・田祿生・大司成鄭樞等に命じてこれに傅たらしむ。)

参考文献

高麗史卷135 列傳48 辛?

この項目は、歴史に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますP:歴史/P:歴史学/PJ歴史)。










高麗王(第32代:1374年 - 1388年)
高麗王

太祖918-943 / 恵宗943-945 / 定宗945-949 / 光宗949-975 / 景宗975-981 / 成宗981-997 / 穆宗997-1009 / 顕宗1009-1031 / 徳宗1031-1034 / 靖宗1034-1046 / 文宗1046-1083 / 順宗1083 / 宣宗1083-1094 / 献宗1094-1095 / 粛宗1095-1105 / 睿宗1105-1122 / 仁宗1122-1146 / 毅宗1146-1170 / 明宗1170-1197 / 神宗1197-1204 / 煕宗1204-1211 / 康宗1211-1213 / 高宗1213-1259 / 元宗1259-1274 / 忠烈王1274-1298 / 忠宣王1298 / 忠烈王(復位)1298-1308 / 忠宣王(復位)1308-1313 / 忠粛王1313-1330 / 忠恵王1330-1332 / 忠粛王(復位)1332-1339 / 忠恵王(復位)1339-1344 / 忠穆王1344-1348 / 忠定王1349-1351 / 恭愍王1351-1374 / ?王1374-1388 / 昌王1388-1389 / 恭譲王1389-1392 /
追封王

国祖 ? 懿祖 ? 世祖 ? 戴宗 ? 安宗 ? 英宗



更新日時:2018年3月12日(月)08:41
取得日時:2018/12/12 09:53


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:9697 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE