煙霧
[Wikipedia|▼Menu]

クルアーンのスーラについては「煙霧 (クルアーン)」をご覧ください。
濃いヘイズ (気象)により、遠くのビルがうっすらとしか見えない。シンガポール日が傾き、煙霧が黄を帯びた乳白色を呈する。香港煙霧の天気記号(日本式)主に北関東で舞い上がった土ぼこりの飛来と見られる煙霧、2013年3月10日、横浜市東アジアの広範囲を覆う煙霧。2002年1月11日の衛星画像、NASA

煙霧(えんむ、: haze)とは、目に見えない乾いた微粒子が大気中に浮遊していて、視程が妨げられている現象。気象観測上は、視程が10km未満になっているとき[1]。また煙霧のとき、湿度は75%未満の場合が多い[2][3]。発生源は、地面から舞い上がったちりぼこり、火事による、工場や自動車からのばい煙などさまざま。なお、大気汚染が原因であることが明らかな煙霧は「スモッグ」とも呼ばれる。

微粒子が太陽光を散乱するため、多くの場合は景色が乳白色に濁って見える。背景が明るいか、遠くに明るい色の物体があるときには、背景や物体は黄味を帯びた色、あるいは赤味を帯びた色になる。反対に暗いときには、青味がかった色になる。また、粒子自身に色が付いている時にはその色が反映される。これに対して、湿った微粒子で生じる(もや)は灰色を呈することから、両者は区別されている[2][3]


目次

1 定義

2 原因と影響

3 煙霧の形成

4 脚注

5 参考文献

6 関連項目

7 外部リンク


定義

工場排気、自動車排気、あるいは山火事などから出た燃焼物由来のすすや煙(ばい煙)、物の破砕や産業活動で生じる粉じんによって巻き上げられたちりぼこりといった、乾いた微粒子が浮遊している状態である。気象観測においては、視程10km未満の場合である[1]。ただし、以下に挙げるように発生源が明らかな場合は除外される[4]ため、発生源がはっきりしない場合に「煙霧」とされることが多い。
風じんによって、ちりぼこりが地面から巻き上げられる現象)および砂じんあらし[3]

ちり煙霧(風で巻き上げられた(風じんによって発生した)ちりや砂ぼこりが、風が止んでからも、あるいは離れた場所に移動してからも浮遊している現象)[3]

黄砂中国モンゴル等の乾燥地帯由来のちり煙霧)[3](日本のみ、国際気象通報式では定義されていない)

発生源が明らかな煙[3]

降灰(火山灰の降下)[3]

気象庁以下の日本の気象官署が記録する「大気現象」のほか、国際気象通報式SYNOPの「天気」においては上記の定義を用いる。ただし、例えば人為的大気汚染による煙霧と風じんが同時に見られるなど複数の現象が発生している場合は、報告の優先順位の関係などから、別の現象として記録されることがある。

また、国内気象通報の「天気」(日本式天気図天気記号)の記録においては、視程が2km未満の濃い煙霧に限り「煙霧」とする。さらに、日本の気象官署が記録する15種区分の「天気」[5]においては、視程が1km未満の非常に濃い煙霧に限り「煙霧」とする[4]

煙霧は気象学以外においては定義が明確ではなく、靄や霞(かすみ)と呼ぶ場合がある。文学上の表現としてはこちらのほうが多用される。また、航空惑星科学の分野においては、慣習的に煙霧・スモッグ・靄・霧などをすべてひっくるめて視程を悪化させるもの全般を煙霧の英称である「ヘイズ」(haze)と呼ぶ場合がある。
原因と影響

煙霧には、自然要因と人為的要因がある。

風じんやちり煙霧などの土壌粒子由来の煙霧が起きやすいのは、乾燥して強風が吹くときである。例えば、2013年3月10日、関東地方では折からの乾燥と強風により、主に北関東農地などから砂ぼこりが巻き上げられて広範囲に拡散した[6]。この日、前橋では朝から「煙霧」の後昼頃から「風じん」を伴う状況[7]熊谷では昼に「風じん」の後「ちり煙霧」[8]水戸では朝から断続的に「煙霧」[9]東京では昼過ぎに「煙霧」[10]横浜では昼過ぎに「ちり煙霧」[11]千葉館山では朝から断続的に「煙霧」[12]銚子では昼前から「煙霧」で15:00前後には「砂じんあらし」を伴う状況となり[13]、 各地で視程が2 - 3km程度まで低下した[6][7][8][9][10][11][12][13]

砂漠や乾燥地帯では激しい砂嵐による煙霧が発生しうる。中国モンゴルの砂漠・乾燥地帯を起源とする黄砂は沿岸部や韓国日本にも飛来しており、気象当局による観測や予報が行われている。上空高くに達したちりや砂の微粒子は、遠方まで運ばれることがある。黄砂のほか、西アフリカハルマッタン北アフリカ中東シムーンハムシン地中海沿岸のシロッコギブリペルシャ湾岸のシャマールオーストラリア南部のブリックフィールダーなどは、こうしたちりや砂を主成分とした煙霧を、発生地から数千km離れた地域にもたらすことで知られる。

森林草原では砂塵が巻き上がりにくいが、乾期に山火事が発生したり、焼畑農業による煙が発生したりして煙霧が発生しうる。東南アジアでは、インドネシアでのアブラヤシの焼畑に伴う煙霧が国境を越えてシンガポールマレーシアなどに広がり国際問題となっている。

工業地帯や都市部では、人為的に排出される微粒子が煙霧を引き起こす。主な組成として、すす(黒色炭素)、硫酸塩硝酸塩アンモニウムなどが挙げられる[14]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:40 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE