潮恵之輔
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年4月)
潮恵之輔

潮 恵之輔(うしお しげのすけ、1881年明治14年)8月11日 - 1955年昭和30年)1月9日)は、日本の内務官僚。後に内務大臣文部大臣、最後の枢密院副議長を務める。


目次

1 来歴・人物

2 栄典・授章・授賞

3 親族

4 脚注

5 参考文献


来歴・人物

島根県出身。綿職人・潮房太郎の二男として生まれる[1]郁文館中学一高を経て、1907年東京帝国大学法科大学卒業後に内務省入省。行政法の専門家として活動、衛生局長・地方局長などを歴任した。1928年内務次官となり、田中義一内閣第2次若槻内閣で次官を務めた後に1931年貴族院勅撰議員となる(研究会所属)。翌1932年、斎藤内閣で再度内務次官を務めて文官任用令改正、選挙粛正運動などに関与した。

1936年広田弘毅内閣に内務大臣兼文部大臣として入閣した。軍部と一定の距離を持ち、党派色が薄いという理由での起用であったが、内務省内の革新官僚が内相任命反対運動を行ったため、報復として唐沢俊樹安倍源基相川勝六ら有力革新官僚の休職処分・左遷が行われた。だが、党派色排除を掲げて内務政務次官鍋島直縄、同参与官肝付兼英とともに自分と同じ貴族院議員を起用(内務次官湯沢三千男)したため、政党・軍部からも反発を受けた。

1938年枢密顧問官に転じた。戦後1946年清水澄枢密院議長昇進に伴って後任の副議長となった。日本国憲法施行と同時に枢密院が廃止、後に公職追放を受けて引退した。 
栄典・授章・授賞
位階


1908年(明治41年)10月30日 - 従七位[2]

1910年(明治43年)12月10日 - 正七位[2]

1913年(大正2年)2月10日 - 従六位[2]

1915年(大正4年)3月20日 - 正六位[2]

1917年(大正6年)6月20日 - 従五位[2]

1919年(大正8年)6月20日 - 正五位[2]

1922年(大正11年)8月21日 - 従四位[2]

1927年(昭和2年)10月1日 - 正四位[2]

1931年(昭和6年)9月4日 - 従三位[2][3]

1936年(昭和11年)3月16日 - 正三位[2]

1943年(昭和18年)2月1日 - 従二位[4]

勲章等


1915年(大正4年)11月10日 - 大礼記念章(大正)[2]

1916年(大正5年)

1月19日 - 勲六等瑞宝章[2][5]

4月1日 - 単光旭日章[2]


1919年(大正8年)7月29日 - 勲五等瑞宝章[2]

1920年(大正9年)

1月30日 - 勲四等瑞宝章[2]

11月1日 - 旭日小綬章[2]


1921年(大正10年)7月1日 - 第一回国勢調査記念章[6]

1922年(大正11年)8月29日 - 勲三等瑞宝章[2]

1926年(大正15年)7月12日 - 勲二等旭日重光章[2]

1928年(昭和3年)12月28日 - 金杯一組[2]

1930年(昭和5年)12月5日 - 帝都復興記念章[7]

1934年(昭和9年)

4月29日 - 金杯一個[2]

6月21日 - 勲一等瑞宝章[2]


1938年(昭和13年)11月2日 - 銀杯一組[2]

1943年(昭和18年)12月20日 - 旭日大綬章[8]

親族

妻 - 潮実根(
益田精祥二女)[9]

兄 - 潮恒太郎(司法官)[1]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:46 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE