潜水艦
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、主に軍用艦艇について説明しています。民用の船艇については「潜水艇」を、その他の用法については「サブマリン」をご覧ください。
潜水艦。写真の艦艇は海上自衛隊そうりゅう型潜水艦
はくりゅう」(SS-503)。第二次世界大戦時、ドイツ海軍が使用したUボートVIIC型ロシアのアクラ(タイフーン)型戦略原子力潜水艦。世界最大のサイズを持つ潜水艦である。フランスのリュビ級攻撃型原子力潜水艦サフィール」(S-602)。本クラスは原子力潜水艦では世界最小サイズである。イタリア(原設計はドイツ)の212A型潜水艦
サルヴァトーレ・トーダロ」(S-526)。日本の特殊潜航艇、甲標的。写真の潜航艇は酒巻和男少尉と稲垣清二等兵曹が搭乗していた甲標的、アメリカ側の識別名でいう「ハ19(英語版)」。

潜水艦(せんすいかん、英語: Submarine、ドイツ語: U-Boot、中国語: 潛艇)は、水中航行可能な軍艦である。


目次

1 概要

2 発達史

2.1 黎明期

2.2 最初の近代潜水艦

2.3 第一次大戦期

2.4 大戦間期 - 第二次大戦期

2.5 第二次大戦後


3 種類

3.1 攻撃型潜水艦

3.2 沿岸型潜水艦

3.3 巡洋型潜水艦

3.4 艦隊型潜水艦

3.5 敷設型潜水艦

3.6 輸送型潜水艦

3.7 補給型潜水艦

3.8 モニター潜水艦

3.9 潜水空母

3.10 巡航ミサイル潜水艦

3.11 弾道ミサイル潜水艦

3.12 レーダーピケット潜水艦

3.13 特殊潜航艇


4 構造

4.1 船体形状

4.2 耐圧殻

4.3 船殻材

4.4 潜水機構

4.5 操舵系統

4.6 推進装置


5 動力

5.1 ディーゼル機関

5.2 蒸気機関

5.3 AIP機関

5.4 原子力機関


6 航法

7 通信

7.1 極超長波通信

7.2 超長波通信

7.3 マイクロ波通信

7.4 水中音響通信


8 兵装

8.1 魚雷

8.2 対艦ミサイル

8.3 対潜ミサイル

8.4 対空兵装

8.5 対地ミサイル

8.6 機雷

8.7 備砲

8.8 艦載機

8.9 艦載艇

8.10 無人潜航艇

8.11 射撃管制装置


9 乗組員

9.1 食事

9.2 階級と居室

9.3 性差


10 水中音響戦

10.1 音波の性質

10.2 海中での音波伝播

10.2.1 表面層

10.2.2 温度躍層

10.2.3 密度躍層


10.3 ソナー

10.3.1 探知方式

10.3.2 ソナーの種類

10.3.3 潜水艦の対抗手段



11 注釈・脚注

11.1 注釈

11.2 脚注


12 参考文献

13 登場作品

14 関連項目

15 外部リンク


概要潜望鏡から撮影された、米潜水艦シーウルフの雷撃を受けて沈みゆく第39号哨戒艇。有効な対潜センサー/兵器がなければ、水上艦は潜水艦にとっての「獲物」にすぎない。

戦艦空母巡洋艦駆逐艦などの水上艦と潜水艦とを分ける最大の違いは、潜水艦が水中を航行する(少なくとも、第二次世界大戦以降の潜水艦は)目的のために作られているという点である。

レーダーの電波や可視光線がほとんど届かず、唯一捜索手段として有効な音さえも水の状況で伝播状況が複雑に変化する水面下で「深く静かに潜航」した潜水艦を探知・撃沈することは最新鋭の探知装置と対潜兵器を備えた現代の対潜部隊にとっても容易なことではない。潜水艦は自らの存在を気づかれることなく、敵哨戒網を突破して敵艦艇や輸送船、潜水艦を沈め(逆にこれらの艦艇を敵の潜水艦から護衛することもある)、機雷を敷設し、そのほか特殊部隊の潜入支援や情報収集任務などに運用することができる[1]。潜水艦のなかには巡航ミサイルによる対地攻撃、さらには核弾頭を搭載した弾道ミサイルの運用が可能なものも存在する。一九八二年四月、アルゼンチン軍がフォークランド諸島を占領した直後の月曜日、わたしはたまたまある潜水艦士官と昼食をとっていて、(中略)英海軍はすぐさま、紛争海域に我が方の潜水艦一隻が既に到着していると宣言するはずだ、と友人はわたしに語った。そうした主張に誰も異論を挟めないだろうが、たぶん事実ではないだろう、と友人は続けた。「しかし、潜水艦がその海域にいることがはっきりするのは、自軍の艦艇が実際に姿を消し始めたときであり、これは真偽を確かめる手段としてはずいぶんと高くつく」。 ??トム・クランシー、平賀秀明訳「トム・クランシーの原潜解剖」[2]

そして水面下の「どこか」に魚雷、あるいはミサイルを持った潜水艦がいるという事実(「はったり」のこともあるが、それは潜水艦を探知するか、潜水艦から攻撃を受けない限りわからない)は敵に対して心理的圧力をかけ[2]、結果として抑止にもつながるのである[3] [注釈 1]

その意味で潜水艦の持つ最大の武器は隠密性にある[5][6][7]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:128 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE