源流
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、地理用語としての水源について説明しています。アイン・ランドの小説については「水源 (小説)」を、仏教の僧侶については「水源 (僧)」をご覧ください。

水源(すいげん)とは、などの流れ出るもと。または用水農業用水工業用水)や水道上水道簡易水道)として利用する水の供給源。後者の場合は、井戸はもとより海水淡水化施設が該当することもある。

山間における水源からの湧水は、冷水が最も清潔で良いとされる[要出典]。温い涌き水は地表近くで時間が経ちすぎて不潔な為、加熱後に飲料として使うとされる[要出典]。
位置関係

(水源)-上流-中流-下流-(河口)。
日本列島の沿岸における水源

海や河川での航路を示すための浮標は1980年に開催された国際航路標識協会の浮標特別会議により「水源に向かって左側は緑色」「水源に向かって右側は赤色」と定められている。 ここで言う「水源」とは、などの場合は一番上流の水が流れ出るもとを指し、港、湾、入り江、などの場合は海から見て一番奥まった場所を指す。 そして、港、湾、入り江、などを除く日本列島の多くの沿岸や離島では、浮標の色を緑か赤かを定めるためにどこか特定の地点を「水源」として決める必要がある。そのために便宜上として日本では与那国島を「日本列島沿岸部の水源」として定めている。
関連項目

湧水

飲料水供給施設

浄水場

ため池

多目的ダム

頭首工

森林 - 水源林 - 保安林 - 水源かん養保安林

汚染 - クリプトスポリジウム - クリプトスポリジウム症

水資源保全条例











河川
一覧

長さ順

地域別

日本の川

日本の準用河川

日本の廃河川

日本の運河

分類

一級河川(一級水系)

二級河川(二級水系)

準用河川

普通河川

国際河川

河川形状

水源

水系

流域

河口







渓流





分水界

三角州

三角江

扇状地

河岸段丘

河川争奪

天井川

自然堤防

後背湿地

伏流水

水無川

感潮河川

流路形状

本川

支川

派川

合流

旧河道


河床形態

川底

清流

急流

関連する自然地形

湧水







天然ダム

浅瀬

平野

盆地

氾濫原

三日月湖

河畔砂丘

中州

山地

河川敷





入り江

生態系

渓流植物

ヨシ原

河畔林

渓畔林

構造物

ダム

堤防

床止め

帯工



輪中

魚道





水運

河川舟運

運河

水路

溝渠

用水路

放水路

排水路


人造湖

貯水池


遊水池

調整池

量水標

ワンド

数値・統計

流域面積

河況係数

流量

降水量

法令

河川法

治山治水緊急措置法

水質汚濁防止法

公害防止事業費事業者負担法

水資源開発促進法

水資源開発公団法

環境基準

学問

地理学

地学

土木工学

河川工学

水理学

水文学

環境工学

生態学

農業工学

農業土木

生活

漁撈

釣り

利水

水の危機

水利権


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:15 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE