海洋
[Wikipedia|▼Menu]

の黒く見える部分については「月の海」を、その他の用法については「海 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

「海洋」はこの項目へ転送されています。中国の人工衛星については「海洋 (人工衛星)」をご覧ください。

海(うみ)は、地球地殻表面のうち陸地以外の部分で、海水に満たされた、一つながりの水域である。海洋とも言う。

海は地表の70.8%を占め、面積は約3億6106万km2で、陸地(約1億4889万km2)の2.42倍である。平均的な深さは3729m。海水の総量は約13億4993万立方キロメートルにのぼる[1]。ほとんどの海面大気に露出しているが、極地の一部では海水は海氷棚氷)の下にある。

陸地の一部にも、湖沼、人工の貯水施設といった水面がある。これらは河口砂州の切れ目、水路で海とつながっていたり、淡水でなく塩水を湛えた塩湖であったりしても、海には含めない。

海は微生物から大型の魚類クジラ海獣まで膨大な種類・数の生物が棲息する。水循環漁業により、人類を含めた陸上の生き物を支える役割も果たしている。

天体の表面を覆う液体の層のことを「海」と呼ぶこともある。以下では主に、地球の海について述べる。
目次

1 概要

1.1 呼び方

1.2 海水の動き

1.3 水深と海底地形

1.4 海の色

1.5 気候との関連


2 水圏としての海

2.1 海水中に含まれる溶存物質

2.2 海流

2.3 世界の海洋面積割合


3 海底の地質

3.1 大陸棚と大陸斜面


4 海の歴史

4.1 海の誕生

4.2 最初の生命

4.3 生命活動の拡大と海洋環境の変化

4.4 全球凍結と多細胞生物の発展

4.5 カンブリア紀以降


5 海洋の生物生産

6 世界の主な海

7 海と経済、軍事・国際法

7.1 経済活動

7.2 軍事

7.3 国際法


8 海と災害・事故

9 海に関連する文化

9.1 作品

9.1.1 音楽

9.1.2 文学作品


9.2 海に関わることば

9.2.1 海に関する慣用句・諺

9.2.2 海に例えられるもの

9.2.3 その他



10 地球以外の海

11 脚注

12 参考文献

13 関連項目

14 外部リンク

概要
呼び方 沖縄の海

海水は、ナトリウムイオン塩素イオン)を主成分とするミネラルなどが、おおむね濃度3%台でに溶け込んでいる[2]ヒト味覚では海水は「塩辛い」「しょっぱい」と感じられ、古来、海水を塩田などで濃縮して塩を得てきた。

このような塩の味がする水で満たされた区域を、日本では「“うみ”(海)」(: sea)と呼び、塩味のしない真水(淡水)で満たされた区域は、面積が広くとも海と区別して“みずうみ”(<「みず・うみ」、)と呼ぶことは古くから行われてきた。

よって、日本海 (Japan Sea)、地中海 (Mediterranean Sea)、瀬戸内海 (Seto Inland Sea)といった各海域は、海と呼ばれている。

大きな塩湖も、古くから「海」と命名されている場合がある(例:カスピ海死海)。探検測量による世界地理の把握や地理学が進んだ近代以降、外海とつながっていない場合は“海”には含めず、広大な塩湖であっても“湖”に分類するようになった、ということである。

基本的に、塩水で満ちた区域は「うみ(海)」「sea」と呼ばれているが、特に広大な海のことを「大洋」(: ocean)と呼ぶことがある。例としては、太平洋(Pacific Ocean)、インド洋(Indian Ocean)などである。

このほか、二方または三方が陸地の海を、陸地に囲まれた海域を内海、海と海を結ぶ狭い水域を海峡と称する。太陽光がほとんど届かない深度200m以上を一般に深海と呼ぶなど、水深による区分もある。このように海岸や海底を含めて、海に関しては様々な分類・呼称がある。
海水の動き

海は全てが互いに繋がっている。ただし、大洋間であっても水の交流は海水の性質が均一になるほど激しくはない。このため海面の高さや、塩分濃度、海水温などは海域による差がある。狭い海峡でしか外海とつながっていない閉鎖性海域は、特に水の入れ代わりが乏しい。

海水はその表面にが立っていることが多く、これは主にの作用である。温度は主として太陽によって温められ、低気圧を発生させる原因ともなる。また、海水は大きな流れをなしており、これを海流という。海水面の高さは毎日二回(年に数回、一日一回の日がある)、上下に変化する。こうした潮の満ち干を潮汐という。潮汐は天体運動を原因として起きるものであり、主に太陽引力が大きな部分を占める。月のほうが地球に近いため、大きな潮汐力を及ぼす。
水深と海底地形

海の水深は平均3,800mである。地上と同じように海底にも高低差はあり、海中の山脈である海嶺や、台地である海台、大洋底に広がる広大な平原である海盆深海平原、海底でもさらに低い谷となっている海溝など、様々な地形が存在する。海底にも火山は存在し、それらの海底火山の中でも特に高いものはしばしば海上に顔を出して火山島となる。地球上の海底で最も深いのは太平洋にあるマリアナ海溝チャレンジャー海淵(10,911m)である。また、大陸周辺に広がる浅い海(深さ約130mまで[3])を大陸棚と呼ぶ。
海の色

海の色は一般に青色と見られる。太陽からの可視光線のうち長波長(赤に近いもの)は表層2-3cmで海水によって吸収されるが、短波長(青に近いもの)は深くまで進み、水深50mでも1/5程度が届く。この青色光が水中で散乱され、水上に届いて青く見える[4]。これに不純物が混ざると色調に変化が起こる。植物プランクトンが豊富な高緯度から極海にかけて海はやや緑色を帯びる。沿岸では砂泥の微粒子が河川水などから供給されたり、波や暴風雨で海底から巻き上げられたりするため、プランクトンと相まって黄緑から黄色・褐色・赤などに見える事もある。氷河に侵食された岩の粉末が流れ込むフィヨルドなどでは、乳白色になる場合もある[4]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:105 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE