海底
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

海の底。本稿で示す。

麻雀における海底(ハイテイ)。→海底_(麻雀)

日本における地名、海底(おぞこ)。

海底 (X-ファイルのエピソード)

海底(かいてい)とは、の底のことである。より厳密には、海中の地殻やその上層の地面を指す。

海の海水以下にある地面であれば水深の深い浅いに拠らず海底には違いないが、その様相は水深によって大きく異なる。潮汐により陸地になったり海底になったりする干潟を含めて、太陽光線が直接届く浅い海底では多様な生物が活発に活動・繁殖し、漁業や遊泳などで人間との関わりも深い。太陽光線が届かず水圧も増す海底では生物の種類や量が限られ、更に大深度な深海ともなると生物活動はかなり限定される。

深海調査の歴史は短く、まだ不明なことも多い。広大な大洋底の調査も進んでおらず、21世紀に入ってからも様々な発見が続いている。


目次

1 海底地形

1.1 高み地形

1.2 くぼみ地形

1.3 平坦地形

1.4 その他の地形


2 生態

2.1 海底火山に依存する生物

2.2 深海の生物


3 調査と開発

3.1 おもな海底調査船


4 脚注

5 参考文献

6 関連項目

7 外部リンク


海底地形

大陸周辺では水深200m以浅の大陸棚が広がっていることが多い。海底も有光層に属し、多様な生物が生息している。石油などの天然資源も豊富かつ採掘しやすく、国家にとって海底の利権も重要視されている。そのため国際法に則り経済水域などが規定されており、その境界を巡って複数の国家の主張が対立することも多い。

大陸から見て、大陸棚以遠には大陸斜面が存在し、それ以遠の大洋沖合いの海底の大部分は水深が約6,000mの平坦な地形となっている。そのほかの部分は、海嶺と呼ばれる海底山脈や海溝で構成されている。詳しく見ると、海盆ギョー海山)など、海底にも多様な地形が見られる。

国際水路機関(IHO)と国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の政府間海洋学委員会(IOC)の主導によって海図に表記する地名の統一が図られ、その一環として海底地形の名称の統一が行なわれている。 以下にその日本語名称と定義を示す。
高み地形
海嶺(ridge)
いくつかの意味がある。(a)急峻な斜面を有する細長い高まり。(b)細長い高まりで、しばしば大洋の海盆を分ける。(c)地球的規模を持つ大きな大洋の山系。
海台(plateau)
かなりの広さを有する平坦ないしはほぼ平坦な地域で、一方またはそれ以上の側面で急に深くなっているもの。
海膨(rise)
海底から緩やかに、全体としてなだらかに盛り上がっている幅広い高まり。
海山(seamount)
大きな孤立した高まりで、特徴として円錐形をなす。
ギヨー、平頂海山(guyot or tablemount)
比較的滑らかで平らな頂部を持つ海山。
海丘(knoll)
孤立した小さな丸い高まりで、孤立した特徴がある。
海脚(spur)
海台や島の基盤のような、規模の大きな地形から外に向かって張り出している副次的な高まりの地形、または海嶺。
(bank)
比較的浅いが、通常は海上の安全航行には十分な深さを持つ高まり。
礁(reef)
海面か海面近くにある岩で、海上航行の障害になりうる岩。
くぼみ地形
海溝(trench)
細長くかつ特に非常に深くて、非対称断面を示す海底のくぼみで、比較的急峻な斜面を有する。
海盆(basin)
平面的には多少とも等方形を示す海底のくぼみで、大きさはさまざまである。
トラフ、舟状海盆(trough)
海底の細長いくぼみで平坦な底と急峻な斜面を特徴とし、通常、海溝より浅いもの。
海穴(hole)
海底にある小さなくぼみで、しばしば縁辺が急である。
海谷(valley)
比較的浅く幅の広いくぼみで、その底は、普通、順傾斜を示す。この用語は、かなりの部分にわたって渓谷状の特徴を有する地形に対しては、一般に使用しない。
海底谷(canyon)
比較的狭くて深いくぼみで、両側は急な斜面をなす。底が一般に連続性のある傾斜をなし、大陸斜面に特徴的に発達する。
長谷(seachannel)
連続的に傾斜する細長い不連続なくぼみで、通常海底扇状地または深海平原に見られる。片側または両側に海底堤防があるのを通例とする。
平坦地形
棚、
大陸棚(shelf or continental shelf)
大陸に隣接する(または島の周囲の)地帯で、低潮線から大洋の深部に向かって傾斜が著しく増大する水深までの地域。
深海平原(abyssal plain)
深海における広大かつ平坦な地域で、緩やかに傾斜するかほとんど水平な地域。
その他の地形
大陸縁辺部(continental margin)
大陸を深海平原または深海底から隔てる地域で、通常、大陸棚、大陸斜面及びコンチネンタルライズからなる。
大陸斜面(continental slope)
大陸の外縁からコンチネンタルライズの上限部までに至る、もしくは傾斜が急に減少するところまでの斜面をいう。
コンチネンタルライズ(continental rise)
大洋の深部から大陸斜面のふもとに向かって上がる緩やかな斜面。
断裂帯(fracture zone)
急峻な斜面または非対称断面を有する海嶺、トラフ(舟状海盆)、あるいは海底崖によって特徴づけられる不規則な海底地形が非常に長い距離にわたって直線上に連なる地帯。


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:35 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE