海将補
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

少将(しょうしょう)はもともとは律令制における官職の一つ。転じて軍隊の階級の一。 将官に区分され、中将の下、大佐または准将または代将の上に位置する。 北大西洋条約機構の階級符号(NATO階級符号)では、OF-7に相当する。 また、陸海空軍でそれぞれ呼称の異なる少将を総称しTwo-star rankと呼ぶこともある。

将官のなかでは、最下級、又は准将がある場合には下から2番目の階級となる。 英呼称は、陸軍:major general(メイジャー ジェネラル)、海軍:rear admiral(リア アドミラル)。 なお、将官の階級を部隊階梯で表現する国々では「 師団将軍」あるいは「旅団将軍」と呼称する。詳細はフランスの項を参照。アメリカ軍やフランス陸軍および空軍(海軍は中将)では、正規階級(regular rank)における最高位とされ、それよりも上の二階級は役職に応じた臨時階級(temporary rank)である。

陸軍では主に師団長(准将が無い陸軍では旅団長団長[1])、陸軍省各局長等を務める。

海軍では主に小規模な艦隊戦隊司令官海軍省各局長等を務める。

空軍では主に航空師団長や飛行集団長(准将の無い空軍では航空団司令官)等を務める。

海軍少将以上は、軍艦に乗艦すると将官旗を掲げる。

 軍隊の階級
 大元帥元帥
将官上級大将大将中将・少将・准将
佐官代将上級大佐大佐中佐少佐
尉官上級大尉大尉中尉少尉
准士官准尉(兵曹長)
下士官上級曹長(上級上等兵曹)曹長上等兵曹
軍曹一等兵曹)・伍長二等兵曹
兵長水兵長)・上等兵上等水兵
一等兵一等水兵)・二等兵二等水兵



目次

1 日本

1.1 律令制における少将

1.2 旧日本軍

1.3 警察予備隊(保安隊)、海上警備隊(警備隊)

1.4 自衛隊


2 アメリカ

3 イギリス

4 ドイツ

5 フランス

6 イタリア

7 ブラジル

8 ポルトガル

9 階級章・旗章

9.1 陸軍階級章

9.2 海軍階級章

9.3 空軍階級章

9.4 海軍少将階級旗


10 関連項目

11 脚注


日本
律令制における少将

左右近衛府の下位次官唐名を驍騎将軍といった。
旧日本軍

大日本帝国の陸海軍(日本軍)では、1869年明治2年)に軍務官兵部省となった際に陸軍少将と海軍少将が設けられ、翌年の明治3年9月18日太政官布達第604号で兵部省に設けられた陸海軍大将から陸海軍權曹長までの11等級の3番目に位置した。これらは四等官に倣って職階と分掌事務がセットとなった職員の等級であったが、明治6年5月8日太政官布達第154号による官等表改正で軍人の階級呼称として引き続き用いられ、西欧近代軍の階級呼称の序列に当てはめられることとなった。

陸軍では主に旅団長・団長、参謀長、陸軍省各局長・参謀本部各部長等を務めた。兵科の少将以上には兵科区分がなく、陸上自衛隊でも陸将補以上は職種に分類されない。海軍少将の辞令書(御璽が押印されている)

海軍では主に戦隊司令官、艦隊参謀長、海軍省各局長・軍令部各部長等を務めた。当初は直接戦闘を指揮する提督のみ海軍少将とされていたが、1906年(明治39年)に機関科の海軍機関総監を海軍機関中将・海軍機関少将と改称、1924年(大正13年)に海軍少将(兵科将校)と海軍機関少将(機関科将校)を海軍少将に統合している(兵機の統合は少将以上のみ)。


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:35 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE