浜松陸軍飛行学校
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

^ 軍令の名称は「第二十戦闘飛行集団司令部 教導飛行師団等臨時編成(編制改正)第三百五十四次復帰要領」(原文は旧字体)。
^ 河島慶吾(かわしまけいご)陸軍中佐。1900年5月3日生まれ、陸軍士官学校第33期卒業(砲兵科)。野砲兵第7連隊附少尉時代に陸軍航空学校第17期操縦学生となる。航空兵科設立とともに転科。飛行第1連隊附を経て飛行第7連隊中隊長、浜松陸軍飛行学校教官を歴任。終戦時の階級は陸軍大佐。 ⇒陸軍現役将校同相当官実役停年名簿 大正12年9月1日調彙報 学生入校『官報』第3438号、1924年2月12日陸軍現役将校同相当官実役停年名簿 大正14年9月1日調陸軍現役将校同相当官実役停年名簿 昭和7年9月1日調陸軍現役将校同相当官実役停年名簿 昭和11年9月1日調『陸軍異動通報 昭和19年12月26日?20年11月22日(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C12120963500 

出典^ 『陸軍航空の軍備と運用(1)』26-27頁
^ 『陸軍航空の軍備と運用(1)』61-62頁
^ 『陸軍航空史』39頁
^ 『陸軍航空の軍備と運用(1)』89-90頁
^ 『陸軍航空兵器の開発・生産・補給』35-37頁
^ 『陸軍航空作戦基盤の建設運用』14頁
^ 『御署名原本・大正八年・勅令第百十一号・陸軍航空部令(国立公文書館)』 アジア歴史資料センター Ref.A03021185100 
^ 軍令 陸第8号 ⇒『官報』第2006号、1919年4月14日
^ 軍令 陸第8号 陸軍航空学校条例 ⇒『官報』第2006号、1919年4月14日
^ 『所沢陸軍飛行場史』30頁
^ 『陸軍航空の軍備と運用(1)』262-263頁
^ 『日本陸軍航空秘話』70頁
^ 『陸軍航空の軍備と運用(1)』262-263頁
^ 彙報 飛行第7連隊設置 ⇒『官報』第3814号. 1925年5月13日
^ 『陸軍航空の軍備と運用(1)』263頁
^ 彙報 飛行第7連隊移転 ⇒『官報』第4250号、1926年10月23日
^ 『陸軍航空の軍備と運用(1)』263頁
^ 彙報 修業員入隊 ⇒『官報』第1835号、1933年2月14日
^ 彙報 修業員退隊 ⇒『官報』第1881号、1933年4月11日
^ 彙報 修業員入隊 ⇒『官報』第1910号、1933年5月17日
^ 軍令 陸第7号 ⇒『官報』第1900号、1933年5月5日
^ 彙報 浜松陸軍飛行学校設置 ⇒『官報』第1978号、1933年8月4日
^ 『大日記乙輯昭和10年(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C01006631000 
^ 『官衙所在地一覧表(国立公文書館)』 アジア歴史資料センター Ref.A03032110000 
^ 『昭和10年「密大日記」第1冊(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C01004045000 
^ 『陸軍航空史』186頁
^ 軍令 陸第12号 ⇒『官報』第2572号、1935年7月30日
^ 『大日記乙輯昭和10年(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C01006616500 
^ 『大日記甲輯昭和11年(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C01006002000 
^ 環境省調査報告書162頁
^ 『大日記乙輯昭和12年(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C01002183100 
^ 軍令 陸第13号 ⇒『官報』第3447号、1938年7月1日
^ 軍令 陸第21号 陸軍航空総監部令 ⇒『官報』第3580号、1938年12月09日

◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:93 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE