浜松陸軍飛行学校
[Wikipedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

年譜

1918年12月 - 臨時航空術練習委員が発足。

1919年3月 - 静岡県三方原に臨時航空術練習爆撃班を設置。

1925年5月 - 陸軍航空学校開設。

1925年5月 - 飛行第7連隊練習部を設置。

1926年10月 - 飛行第7連隊を静岡県浜名郡に移駐。

1933年8月 - 飛行第7連隊練習部を浜松陸軍飛行学校として独立。

1936年 - 静岡県三方原に分飛行場を設置。

1937年4月 - 愛知県東春日井郡に分飛行場を設置。

1940年12月 - 浜松陸軍飛行学校練習部を設置、落下傘降下練習を行う。

1941年5月 - 浜松陸軍飛行学校練習部を廃止、同練習部は白城子陸軍飛行学校に移転。

1944年6月 - 浜松陸軍飛行学校を浜松教導飛行師団および三方原教導飛行団に改編。

1945年4月 - 浜松陸軍飛行学校令を廃止。

1945年7月 - 浜松教導飛行師団を教導飛行師団 第4教導飛行隊に改編。

1945年8月 - 終戦。以後、逐次復員。

歴代監督官
飛行第7連隊練習部

浜松陸軍飛行学校の前身となった飛行第7連隊練習部の部長は次のとおり。

春田隆四郎 少佐:1925年5月1日
[73] - 1926年8月6日(1925年8月7日、中佐に進級)[74]

井下忠助 少佐:1926年8月6日[75] - 1928年3月24日(1927年3月1日、中佐に進級)[76][77]

値賀忠治 中佐:1928年3月24日[78] - 1929年8月1日[79]

佐藤覚一 少佐:1929年8月1日[80] - 1930年8月1日[81]

佐々誠 中佐:1930年8月1日[82] - 1931年8月1日[83]

下重長四郎 中佐:1931年8月1日[84] - 1932年8月8日[85]

本名文誠 少佐:1932年8月8日[86] - 1933年8月1日

浜松陸軍飛行学校

浜松陸軍飛行学校の設置により初代の校長は飛行第8連隊長、値賀忠治大佐が補職された。1935年8月より校長は中将または少将とされた[87]

値賀忠治 大佐:1933年8月1日[88] - 1935年8月1日

佐野光信 少将:1935年8月1日[89] - 1937年8月2日(1936年3月7日、中将に進級[90]

牧野正迪 中将:1937年8月2日 - 1938年6月1日

増野周万 少将:1938年7月15日 - 1939年8月1日 (1939年3月9日、中将に進級[91]

寺本熊市 少将:1939年8月1日 - 1940年8月1日

儀峨徹二 中将:1940年8月1日 - 1941年10月15日

須藤栄之助 少将:1941年10月15日 - 1943年1月29日

山本健児 少将:1943年1月29日 - 1944年6月10日[92]  

 欠  員 :1944年6月10日 - 1944年6月20日

浜松教導飛行師団

教導飛行師団編成により、それまでの校長職は教導飛行師団長となった。ただし通常の飛行師団長の階級が中将であり天皇より直接辞令を受ける親補職であるのに対し[93]、教導飛行師団長の階級は中将または少将とされ親補職ではなかった[94]

川上清志 少将:1944年6月20日 - 1944年11月27日

星駒太郎 少将:1944年11月27日 - 1945年7月10日

三方原教導飛行団

浜松教導飛行師団とともに三方原教導飛行団が編成された。初代の飛行団長には関東軍化学部長山脇正男少将が補職された[95]

山脇正男 少将:1944年6月20日 - 1945年4月15日[96]

岡田猛次郎 大佐:1945年4月15日 -

教導飛行師団

下志津教導飛行師団、明野教導飛行師団、浜松教導飛行師団、鉾田教導飛行師団、常陸教導飛行師団、宇都宮教導飛行師団は統合改編され単一の教導飛行師団(司令部:栃木県芳賀郡)となり、浜松には第4教導飛行隊が置かれた。

師団長

橋本秀信 中将:1945年7月16日[97] -

第4教導飛行隊隊長

新原季人 中佐:1945年7月18日[98][99] -

脚注
注釈^ Jacques-Paul Faure (1869-1924)。フランス陸軍砲兵大佐、最終階級は陸軍少将。『大日記甲輯 大正08年(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C02030896700 『日本陸軍航空秘話』13頁
^ 団体名は陸軍部内文書の「佛國航空團」にもとづく。『大日記乙輯大正8年(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C03011253900 
^ 分科(ぶんか)とは、用兵上の分担および使用する器材による区別のこと。
^ 班長は坂本真彦歩兵大尉。
^ 材料廠(ざいりょうしょう)とは、器材の組み立てや修理および管理などを行う部署のこと。
^ 当初は愛知県豊橋市に駐屯を予定していたが、同地では飛行場等の用地の取得が順調でなく、浜松周辺に変更された。
^ 学校令条文ママ。三省堂『大辞林』によれば「学術」の意味のひとつに「学問と技術」がある。以下同じ。
^ 隷属(れいぞく)とは固有の上級者の指揮監督下に入ること。単に指揮系統だけでなく、統御、経理、衛生などの全般におよぶ。『帝国陸軍編制総覧 第一巻』61頁
^ 「軍備改"編"」ではない。原文は旧字体の「軍備改變」。
^ この場合の召集とは在郷軍人を軍隊に召致することではなく、すでに軍務についている軍人を特別教育のため指名することである。以下同じ。
^ 演習場地名が「本地ヶ原」ではなく「本地原」は陸軍演習場規則による。『昭和13年「來翰綴(陸普) 第1部」(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C01005077900 『來翰綴(陸密)第1部昭和15年(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C01007790300 
^ 軽爆撃機運用の教育と研究等は同時に新設された鉾田陸軍飛行学校が担当した。
^ ここでいう軍隊とは、陸軍全体を「軍隊」「官衙(かんが)」「学校」「特務機関」に類別した場合のひとつ。司令部を含めた師団等や部隊の総称と考えてよい。『陸軍読本』52頁
^ 陸軍では教育を担当する将校を教官、教官を補佐する下士官を助教とした。
^ 同時に下志津教導飛行師団と鉾田教導飛行師団にも司令部偵察機による各1個中隊の編成が下令された。
^ 飛行隊長は新海希典少佐。
^ 戦隊長は草刈武男少佐。
^ 同時期に鉾田教導飛行師団に対し、双発軽爆撃機を使用した特別攻撃隊の編成が内示された。
^ 飛行隊長は大西豊吉中佐。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:93 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE