活字
[Wikipedia|▼Menu]

活字(かつじ)は、狭義においては活版印刷の際に文字の図形を対象(特に)に印字するもので、金属に字形を刻み、それにインクをつけて何度も印刷できるようにしたものである。また広義では、写真植字文字盤デジタルフォントをはじめ印刷物など、広く文字を同一の字形で繰り返し表現するものを含む。

印刷技術については活版印刷を、印刷された本については刊本を、印刷された文章についてはテクストを、それぞれ参照のこと。グーテンベルク以降の金属活字。1. ボディ、2. 高さ、3. 大きさ、4. 幅、5. ネッキ、6. 腹、7. 背、8. 足、9. 溝、10. 字面同活字の頭。1. 字面、2. ベベル(斜面)、3. ショルダー(肩)、4. 谷、3は、鋳造活字以外にはほぼ存在しない


目次

1 製造

1.1 彫刻活字

1.1.1 木活字


1.2 鋳造活字

1.2.1 パンチ法

1.2.2 電胎母型法

1.2.3 ベントン法

1.2.4 自動鋳造機



2 歴史

2.1 中国・朝鮮

2.2 ヨーロッパ

2.2.1 グーテンベルク活字の改良


2.3 日本

2.3.1 キリシタン版・古活字版

2.3.2 江戸時代

2.3.3 近代

2.3.4 現代



3 活字の大きさ

3.1 システムをなさないもの

3.2 ポイント活字

3.2.1 号数活字



4 註

5 参考文献

6 関連項目


製造金属活字金属活字で"Wikipedia"と並べた例

活字の製造手法は、大きく彫刻活字と鋳造活字に二分される。彫刻活字が先に開発され、鋳造活字は後からできた。彫刻活字ではできなかった「全く同じ形の文字を大量に製造する」ことが鋳造活字によって可能となり、活版印刷をより実用的なものとした。
彫刻活字

彫刻活字は、あらかじめ用意してある駒に印字したいものを彫ることによって活字を作るものである。彫れればなんでもよいのであるから、さまざまな材質の活字があった。最も古い活字であるといわれる膠泥活字は陶器製だったとされる(カーター・グッドウィッチ)。そのほか金属のものも中にはあったが、ほとんど木に彫ったものである。木活字は、容易に制作できたことから、金属活字主体の印刷現場においても、特殊な用途(見出し用巨大活字・作字など)で用いられることがあった。
木活字

この節の加筆が望まれています。

鋳造活字和文五号活字の電胎母型

鋳造活字は高麗で始まったとされている。高麗の活字は、銭の鋳造技術を転用したと考えられており、父型を作り砂型を取って、そこに銅を流し込んで作ったと見られる(百瀬)。グーテンベルクが開発したものは、作った父型をまた金属に打ち込んで母型とし、それを枠にはめてアンチモン合金を流し込んで作る、パンチ法と呼ばれる手法であった。グーテンベルクの独創はこの合金の発明にあったといわれる。
パンチ法

この節の加筆が望まれています。

電胎母型法

この節の加筆が望まれています。

ベントン法

この節の加筆が望まれています。

自動鋳造機

この節の加筆が望まれています。

歴史
中国・朝鮮現存最古の活字印刷物:『仏説観無量寿仏経』(1103年)残頁

活字は中国で発明された。漢字の数の膨大さは活版印刷をおこなう上で常に障壁となり、後々までも小規模な設備で印刷をおこなうことを困難たらしめた。このため、活字印刷の淵源は中国にあるが、漢字は最も印行に向かない表記法でもあった。

夢渓筆談』に記録が残っている畢昇の膠泥活字(こうでいかつじ)が知られている最古の活字である[1]。同書によれば、粘土(膠泥)の一字一字の駒に文字を彫り、焼いて活字を得た。必要に応じて数十個まで作られた活字は、韻によって木箱に分納された。陶を使ったのは、木では彼の考案した印刷法に向かないためという。温州市の白象塔から発見された北宋崇寧年間(1102-1106年)印刷(膠泥活字)の『観無量寿経[2]が、知られている現存最古の印刷物である。その他、12世紀半ばから13世紀初頭に西夏で印刷されたと見られる、内モンゴル自治区エジン旗から発見された西夏文字による仏典や武威市で出土した維摩詰所説経が現存している。

1300年代には王禎が木活字を作った。王禎は、韻書にそって字を選び、能書家に字を書かせ、それを板木に裏返しにのり付けし、工人に彫らせたと記録している[3]。木活字版はおもに仏典や学術書などの開版に使われた。木活字は欧州へも伝播した。

13世紀には朝鮮半島や日本へも金属活字や木版が伝わったとみられる。高麗では1234年に青銅製の活字が作られ(銅活字と呼ばれる)実用化したといわれている。高麗末の14世紀後半に印刷された直指心体要節が現存する世界最古の金属活字本であるといわれている。高麗においては発達せず、李氏朝鮮に至って本格化した。永楽元年(1403年)に李成桂の命により活字鋳造がはじめられた。この時の字は癸未活字という。その後数回の改刻を経たらしいが、現存していない。
ヨーロッパ

近代活版印刷技術はヨハネス・グーテンベルクによって1445年頃、ドイツのマインツで一応の完成をみた。すなわち、
鋳造しやすい鉛合金(活字合金)の活字材料

正確で生産性の高い活字鋳造技術

金属活字に適した印刷インキ

葡萄絞り機を元にした平圧印刷機

の開発である。この技術はまたたく間にヨーロッパ中に広がった。

グーテンベルクは本というものの新しい概念を追求したのではなく写本の再現につとめたため、彼の作った活字は、ブラックレターとかゴシック体と分類される、写本に使われる黒みの強い書体であった。『グーテンベルク聖書』を誤って写本として分類した図書館も存在する。

やがて単なる手書きの再現ではなく、印刷の特性に合わせた書体が生み出されるようになり、イタリアでニコラス・ジャンソンによってローマン体が作られるなど、さまざまな活字書体が生み出された。
グーテンベルク活字の改良

この節の加筆が望まれています。

日本活版印刷に使われる活字日本語文字の活字は膨大な数になる
キリシタン版・古活字版

日本語を活字で印字しようとしたのは16世紀イエズス会がグーテンベルク系の印刷機を持ち込み、教育や伝道に用いる書物を印刷した(キリシタン版と呼ばれる)のに始まる。また、豊臣秀吉が朝鮮へ出兵した際(文禄2年、1593年)に朝鮮の金属活字を日本に持ち込み、後陽成天皇に献上したとされるが、これで印刷されたものは知られていない。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:37 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE