洋梨
[Wikipedia|▼Menu]

セイヨウナシ

分類

:植物界 Plantae
階級なし:被子植物 Angiosperms
階級なし:真正双子葉類 Eudicots
階級なし:コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし:バラ類 Rosids
:バラ目 Rosales
:バラ科 Rosaceae
:ナシ属 Pyrus
:セイヨウナシ P. communis

学名
Pyrus communis L.
和名
洋梨(西洋梨)
英名
Pear (European Pear)

セイヨウナシ(西洋梨、 学名:Pyrus communis)は、ヨーロッパ原産のバラ科ナシ属の植物およびその果実であり、洋なし(pear)ともいう。ヨーロッパ、北アメリカオーストラリアのほか、日本国内を含めて世界各地で広く食用に栽培されている。
目次

1 概要

2 歴史

3 日本における栽培品種

4 産地

4.1 主な生産地と収穫量

4.2 その他の生産地


5 成分

6 洋なしの形の表現

7 脚注

7.1 注釈

7.2 出典


8 関連項目

9 外部リンク

概要

形状は、和なしがほぼ球形であるのに対して、洋なしはやや縦に長く、いびつで独特な形(びん型)をしている。品種によっては、和なしほどではないが比較的球形に近いもの、逆に、縦に長いものなどがある。果皮は赤や黄色、緑など様々だが、日本において栽培されている品種の多くは緑色で、追熟(後述)させると黄色になる。また、果皮には「さび」と呼ばれる、傷のような褐色の斑が多数ある。

熟した果実の味は酒のように芳醇(ほうじゅん)で甘く、食感はまろやかであり、和なし独特のしゃりしゃりとした食感はない。ただし、収穫直後は硬く、甘みは少ない。追熟させるために、一定期間置くと熟し、果皮は黄色になり、強い芳香を発するようになる。また、果肉も軟らかくなり、おいしく食べることができる。これは、追熟によって生じるエチレンの作用により果実に含まれるデンプンが分解されて果糖ブドウ糖などの糖となるとともに、ペクチンゲル化により、甘みと滑らかさが増加するため。なお、冷蔵庫などで10℃程度に冷却することにより、追熟を遅延することができる。

日本では、バートレットなどの早生種は8月下旬から9月初めに収穫され、9月中には食べ頃となるが、ラ・フランスなど多くの品種は10月から11月初めにかけて収穫され、食べ頃となるのは11月 - 12月である。 8種類のセイヨウナシ
歴史

和なしと同じく古い起源は中国だが、西(ヨーロッパ)に移動して分化したものが洋なしである[注 1]。古くは古代ギリシアから栽培されていた。共和政ローマの政治家大カトは6種類の栽培品種について記述しており、帝政期には歴史家大プリニウスの調査によれば40種類の栽培品種が存在したと言われている。当時の洋なしは生のまま、あるいは火を通して食べるか、品種によってはに加工された。洋なしはローマ人の手によってヨーロッパ各地に普及し、栽培品種の数は60種に及んだ。ローマ帝国が滅亡し、中世ヨーロッパに残った品種は6種類となったが、徐々に盛り返し、16世紀には500種近い栽培種が作られた。現代では商業的に強力な品種を組織的に流通させるため、栽培品種は10種程度に絞られており、他の種は忘れ去られてゆく傾向にある[1]

日本では明治時代初めに導入されたが、日本の気候があまり適していないために山形県などごく一部の地方にのみ定着し、現在では東北地方信越地方などの寒冷地域で栽培されている。外見がデコボコしているため、本格的に食用にされるようになったのは昭和後期[2]。産地以外で生食でも食べられるようになったのは近年のことで、1970年代、80年代頃までは主に加工用として生産されていた。
日本における栽培品種 日本の洋なしの品種ごとの栽培面積
(特産果樹生産動態等調査、2004年)ラ・フランスル レクチエゼネラル・レクラーク

品種数は非常に多く、ヘドリック著『The Pears of New York』(1921年)では2900品種が紹介されている。現在では4000品種ほど存在するとみられるが、日本で栽培されているものは、稀少なものも含め20品種程度である。
ラ・フランス
生産量のおよそ7割を占めており、日本における洋なしの代表格である。収穫時期は10月上旬 - 中旬。1864年フランスで発見された品種だが、気候が合わなかったためにヨーロッパでは現在ほとんど栽培されていない。外観は悪いが、味と香りが良い。追熟による果皮色の変化が小さく分かりにくい。
バートレット(Bartlett pear)
生産量第2位。(ただし2位以下は僅差)8月下旬 - 9月初めには収穫され、9月中旬には食べ頃になる早生種。17世紀にイギリスで発見された品種。日本で生産されている品種としてはかなり縦長の形状である。
レッドバートレット
バートレットの表皮が赤色の物。味は変わらない。
ル レクチエ
生産量第3位。1882年フランスでバートレットとフォーチュニーを掛け合わせて作られた品種とされていたが、遺伝子解析の結果、異なることが判明している。しかし、正しい掛け合わせは不明。甘く、香りも強い。また、果皮に「さび」が少なく外観が美しいのも特長。大半が新潟県で生産され、中でも新潟市南区で最も収穫量が多い。追熟におよそ40日間かかるため、10月中旬 - 下旬頃に収穫した後、市場に出回るのは11月下旬以降となる。傷む直前が最もおいしくなるため、常温の室内に置き香りを楽しみつつ食べ頃を見計らう。主産地である新潟県において「ル レクチエ」という名称で統一することが決められている[3]が、「ル・レクチェ」などと小さい「ェ」や中黒区切りの表記もしばしば見られる。
シルバーベル
収穫時期は遅めの10月下旬頃。1957年に山形県園芸試験場で選抜された、ラ・フランスの自然交雑実生。ラ・フランスよりやや細長い形状で、若干酸味が強い。
ゼネラル・レクラーク
フランスで発見された、ドワイエネ・デュ・コミスの自然交雑種。果皮のさびが若干多いが、果汁が多く、甘味・酸味ともに濃厚である。主な生産地として青森県南部町が挙げられる。
オーロラ
9月初めには収穫され、食べ頃になる早生種である。米国ニューヨーク州農業試験場が、マルゲリット・マルーラと、バートレットを交配して作り出した品種。命名は1964年。表面の大部分が褐色のさびに覆われている。
マルゲリット・マリーラ
9月初めには収穫され、食べ頃になる早生種である。1874年にフランスで発見された品種で、名前は発見者から。500g以上となる大型の品種であり、1kg近くになることもある。酸味が少なく、果汁が多い。
ドワイエネ・デュ・コミス
ヨーロッパにおいて高級品種とされている。品質は良いが栽培が難しいため、日本でも生産量は非常に少ない。それゆえに、「幻の西洋梨」とも呼ばれる。ヨーロッパでは秋に収穫され1月まで市場に出回る。
ブランデーワイン
表皮は、青色。大きさは、比較的小振り。略称は、「ブランデー梨」など。
バラード
山形園芸試験場で、ラ・フランスとバートレッドを交配させてできた品種。大玉で、ラ・フランスのような風味をもっている。
エル・ドラド
米国カリフォルニア州エル・ドラド郡で、バートレッドの自然交雑実生より発見される。甘みが多く、南国フルーツのような香りがする。
パスクラサン[4]
パス・クラサーヌとも。ヨーロッパで成功した樹木栽培種の一つ。マルメロ接ぎ木して作られる。日本では主に岡山県で生産されている。
テイラーズゴールド(Taylors Gold)
ラフランス同様の短粒種で、茶色系のラセットタイプだが皮ごと食べられる。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:22 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE