江別市
[Wikipedia|▼Menu]

えべつし
江別市
江別市ガラス工芸館


江別市旗1968年5月25日制定江別市章1924年10月24日制定

日本
地方北海道地方
都道府県北海道 石狩振興局
団体コード01217-3
法人番号9000020012173
面積187.38km2

総人口118,775人 [編集]
住民基本台帳人口、2018年3月31日)
人口密度634人/km2
隣接自治体札幌市北広島市岩見沢市
石狩郡当別町、石狩郡新篠津村
空知郡南幌町
市の木ナナカマド
市の花キク
江別市役所
市長[編集]三好昇
所在地〒067-8674
北海道江別市高砂町6番地
北緯43度6分13.4秒東経141度32分10.3秒

外部リンク ⇒[1]

■ ― 政令指定都市 / ■ ― 市 / ■ ― 町・村

地理院地図GoogleBingGeoHack
MapFanMapionYahoo!NAVITIMEゼンリン
 表示 ウィキプロジェクト

江別市(えべつし)は、北海道石狩振興局にある
目次

1 概要

2 市名の由来

3 地理

3.1 気候

3.1.1 極値(アメダス)



4 人口

5 歴史

5.1 年表


6 姉妹都市・友好都市

7 行政

7.1 役所

7.2 歴代首長


8 市議会

8.1 国会議員


9 官公署

10 公共施設

11 公的機関

12 教育

12.1 大学・短期大学

12.2 専修学校

12.3 高等学校

12.4 中学校

12.5 小学校

12.6 保育園・幼稚園・認定こども園

12.7 学校教育以外の施設


13 経済・産業

13.1 立地企業

13.2 組合

13.3 商業施設

13.4 金融機関

13.5 郵便

13.6 宅配便


14 交通

14.1 鉄道

14.2 バス

14.3 タクシー

14.4 道路


15 文化財

16 観光地・祭事・催事

16.1 観光地

16.2 祭事・催事


17 神社

18 名産・特産

19 人物

19.1 名誉市民・市民栄誉賞

19.2 出身人物

19.3 ゆかりのある人物


20 市民憲章・都市宣言

21 脚注

22 参考文献

23 関連項目

24 外部リンク

概要

石狩振興局では札幌市に次ぐ規模のまちであり、札幌市中心部までは車で約40分(一般道路利用)、札幌駅から野幌駅まで約20分と交通アクセスが良く、札幌のベッドタウンとして人口が増加した[1][2]。また、新千歳空港まで車や鉄道で約1時間の距離に位置しており[2]、市内の東西2箇所に高速道路インターチェンジがあるなど北海道内各地へもアクセスし易い環境にある[1]

1891年明治24年)に煉瓦の製造が始まっており、窯業の歴史がある[3]。現在でも煉瓦の一大産地になっており、「江別のれんが」として「北海道遺産[4]、「江別市の煉瓦建造物」「江別市の煉瓦の関連遺産」として「近代化産業遺産」に認定されているほか[5]、市内には煉瓦を使用した施設が現存している[6]。また、食に関する試験研究機関や大学が集積しており、札幌市などとともに「総合特別区域法」に基づく特区「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区 」(フード特区)に指定されている[7][8]
市名の由来

アイヌ語からの転訛に由来するが諸説ある[9]

アイヌ語意味由来
カタカナ表記(アコロイタク式)ラテン翻字
イエペッye-pet膿汁の・川「膿のように濁った川」を意味する[10]
イペオッipe-ot魚・たくさんいる
イプッi-putそれの・入り口大事なところへの入り口[11][12]。当時文化の中心地であった千歳への入口を意味するとされる[9]
エペッケe-petke顔・裂けている幕末にこの地を訪れた松浦武四郎が記録した民間語源[9][13][14]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:156 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE