毛皮のマリー
[Wikipedia|▼Menu]

毛皮のマリーズ」とは異なります。

毛皮のマリー
作者寺山修司
国日本
言語日本語
ジャンル戯曲
幕数1 [1]
初出1967年
刊行1969年
収録『映画評論』1967年10月号 映画日本社
初演1967年 劇団天井桟敷
ウィキポータル 文学
ウィキポータル 舞台芸術
テンプレートを表示

『毛皮のマリー』(けがわのマリー)は、寺山修司による戯曲である。1967年に丸山明宏(現・美輪明宏)主演で初演された[2]。主役である男娼マリーは男優が女装して演じるのがふつうで、「女装劇[3]」と称される。1幕物であり、5場に分かれている[4][5]
目次

1 執筆背景

2 登場人物

3 あらすじ

4 上演史

4.1 初演

4.1.1 初演スタッフ・出演者

4.1.1.1 スタッフ

4.1.1.2 キャスト



4.2 初演以降

4.3 翻案


5 受容・評価

6 戯曲の刊行情報

7 脚注

8 参考文献

執筆背景

寺山修司が主宰していた劇団である天井棧敷の3作目であり、丸山明宏(現・美輪明宏)を主演に迎えることを想定して描かれた作品である[6][7][8][9]。寺山は前作『青森県のせむし男』で丸山を起用し、引き続き本作も丸山を主演とした[10]。寺山が生まれ育った世界の中にあるものを出そうとしていたと述べている[6]。美女の亡霊役としてはゲイバーのママが起用されたが、これは寺山がサンフランシスコで行われているアマチュアのバーレスク公演の話をヒントに思いついたアイディアだという[11]

本作の執筆にあたって影響を与えた作品がいくつか指摘されている。タイトルはフランスのシャンソン「毛皮のマリー」("La Marie-Vision")からとられており、初演でもイヴ・モンタンが歌うこの曲が使用されたという[11][12]。冒頭から「白雪姫」の童話の引用があり、「鏡よ、鏡よ、鏡さん」という台詞が多少の変化はありつつも4回用いられている[13]。また、1960年にアメリカ合衆国劇作家アーサー・L・コピットが書いた戯曲『ああ父さん、かわいそうな父さん、母さんがあんたを洋服だんすの中にぶら下げてるのだものね ぼくはほんとに悲しいよーまがいもののフランス的伝統にもとづく擬古典的悲笑劇』の影響が指摘されている[14]
登場人物

毛皮のマリー
[15]

欣也

紋白

下男

醜女のマリー

名もない水夫

美女の亡霊1?6

快楽の滓

鶏姦詩人の男1?2

あらすじ

「鏡よ、鏡よ、鏡さん。この世で一番の美人はだれかしら?」浴槽で下男にすね毛を剃らせている40歳の男娼、毛皮のマリー。部屋の中では、半ズボンをはいた美少年欣也が、捕虫網でチョウを捕まえて、標本にしている。「つかまえたよ、マリーさん。」「マリーさんじゃないよ、お母さんだって言ったろ!」。マリーに育てられている美少年。ウミの母より、育ての母。そこへピンクのドレスにリボンをつけた美少女紋白が現れ、部屋に閉じ込められている美少年に、人生の新しい世界を教えてくれようとする。

ある夜、マリーが客を取った水夫に身の上話を始める。マリーは大衆食堂の子として生まれ、女ばかりの店員のあいだで店を手伝っているうちに、女装に目覚めていく。店員のひとり金城かつ子と、女の子の魅力をあらそう仲になる。ある夜、嫉妬にかられたかつ子がマリーに迫ってくる。かつ子は男の子を生むが難産で死んでしまう。マリーはこの子を女の子として育ててゆくのだという。

ふたたび欣也の前に美少女があらわれる。迫られた欣也は美少女の首を締めて、部屋を出て行ってしまう。残された部屋にはチョウの標本と、女の子の標本。マリーは出て行った欣也の名を何度も呼ぶ。取り憑かれたような表情で戻ってきた欣也に、マリーはカツラをかぶせ、口紅を取り出すところで幕となる。[16]
上演史
初演

1967年(昭和42年)9月、寺山が主宰する劇団天井棧敷により、寺山修司演出、丸山明宏(現・美輪明宏)がマリー役、萩原朔美が欣也役で、アートシアター新宿文化で9月に初演されたのち、10月に再演された[17][18]。当初は東由多加が演出をつとめる予定であったが、辞めてしまったため劇作家の寺山が演出もつとめた[3]。また、横尾忠則が美術を担当するはずだったが、これも結局寺山が担当することとなった[3]。こうしたスタッフ変更については、『天井桟敷新聞』昭和42年10月9日号にて、美術については横尾のセットが「期日の都合」で間に合わなかったため、また演出については主演のマリー役がなかなか決まらず、東が予定した演出プランのままでの上演が困難になったため、どちらも寺山が担当することになったという説明を劇団が発表している[19]

しかしながら後世、横尾のセットやマリーのキャスティングについては、真相として別の話が伝わっている。美術については、美輪や横尾の記憶によると、横尾が作ったセットが発注ミスで大きすぎたため、半分に切って搬入しようとしたことに横尾が怒り、急に美術も寺山が担当することになったのだという[20][21]。ただし、この時セットの切断について横尾とケンカをした相手が誰であったかについては美輪と横尾で記憶が違い、1996年時点で美輪はケンカの相手が寺山だったと記憶していおり、横尾もそうだったような気がすると述べているが、2013年に横尾は相手が東だったと述べている[21][22]。この時に横尾が辞めたため、舞台美術に毛皮のマリー役の美輪の私物が使用された[20][21]

キャスティングについては、美輪は主役に重点を置く初期作では寺山が「当て書き[23]」をしていたと述べており、本作も自分が主演した『青森県のせむし男』がヒットしたため、その勢いを買って計画した当て書きだったと証言している[24]。このため、この芝居のマリー役もなかなか決まらなかったわけではなく、当て書きであったと考えられている[25][26][27]。劇団の意向により、開演時までマリー役が誰であるかは秘密にされていた[18]。美輪はこの役について「後世に残る大傑作[23]」になると意気込んで出演したという。また、初演時には女優がひとりも登場しないということがポイントとされていた[18]

この時はコシノジュンコが舞台衣装を担当したが、紙のような不織布で作った衣装をマリーに着せようとして主演の丸山とケンカになった。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:43 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE