母性
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

「母」はこの項目へ転送されています。その他の用法については「母 (曖昧さ回避)」をご覧ください。
母親と子母と子供たち


人間関係
種類


ボーイフレンド

ブロマンス

同棲

側室

いとこ

家族的パートナーシップ

家族

友情

ガールフレンド



親族

結婚



一夫一婦制

非一夫一婦制

オープンマリッジ

ポリアモリー

グループ結婚

複婚

恋愛的友情

同性関係

性的パートナー(英語版)

兄弟姉妹

恋人

心の友

寡婦



恋愛的な出来事




別れ

求愛

デート

離婚

姦通

連れ添い

ロマンス

別居

逸脱

結婚

気持ちと感情


親近感

愛着

コンパージョン

カップル

嫉妬

リマレンス



情熱

プラトニック・ラブ

ポリアモリー

性的な一夫一婦主義の心理学

習慣


婚資(英語版)(寡婦産

持参金

上昇婚(玉の輿

姦通

人類の性行動(英語版)

虐待


児童虐待

障害者虐待

高齢者虐待

ドメスティックバイオレンス











母親(ははおや)とは、のことである[1]

お母さんと一般には言い、親しみをこめて「かあさん」「かあちゃん」「お袋」(おふくろ)などと呼ばれる場合もある。「母」という漢字の成り立ちは「」に2つの乳房を加えた象形文字であり、子への哺乳者、授乳者であることを意味する。 お母さんという呼称は、
子が母親に呼びかけるとき

母親が子に対して自分のことを指して言うとき

を言うときに子の母親として言うとき

会話で他人の母親に言及する場合。「?のお母さん」

にも用いられる。2, 3の場合は、話者が子の立場に自らを擬して言うという特徴がある。4の場合はおば(いとこのお母さん)やいとこおば(はとこのお母さん)など傍系尊属にあたる女性を指す場合もある。

幼児語で母親のことを「ママ」ということがあり、「ママ」の語は別項目で述べるように母親のイメージから発展して意味が多様化していくことになる。

血縁関係上の母親は「実母」・「生母」、養子縁組による母親は「養母」、母親が死別または離婚し父親が再婚したが、母親と養子縁組をしていない場合は「継母」(ままはは)と称される。


目次

1 比喩としての「母」

2 母性行動に関連するホルモン

3 母性看護学上の母親

4 心理学上の母親

5 「働く女性」にとっての母親

6 母性の個人差

7 社会学上の議論

8 出典

9 参考文献

10 関連項目

11 外部リンク


比喩としての「母」

何らかの事業(他国からの独立、宗教活動、重要な発明など)の創始や発展に重要な役割を果たした女性もしくは無生物を母になぞらえ「?の母」と呼ぶことがある。

また、その地域においてなやみごとの相談相手になって一種のカリスマ的存在になった占い師などを「?の母」と呼ぶことがある。寮などで寮生の食事や生活全般の世話を任された女性を「寮母」と呼ぶ。

王妃皇后のことを「国母」と呼ぶことがある。
母性行動に関連するホルモン
プロラクチン
プロラクチンは主に脳下垂体で産生、分泌されるペプチドホルモンであり、乳腺発育の促進、母性行動誘導がさまざまな動物種で確認されている。哺乳類にはプロラクチン受容体が存在し、乳腺等におけるプロラクチンの情報伝達を介している。ラット脳においては妊娠後期からプロラクチン受容体の発現量が増加し、以後、授乳期間中は高レベルに維持される。授乳中に乳仔を離してしまうと発現レベルは速やかに低下し、乳仔を戻すと再び発現量が増加する。このように脳におけるプロラクチン受容体の発現は母性行動と密接に関連している( ⇒日本生理学会)。プロラクチンは女性特有のホルモンではなく男性にも分泌され、作用には男女差がある。成人男性の基準値は3.6?16.3ng/ml・成人女性の基準値は4.1?28.9ng/mlである。男性で基準値を超えると性欲の減退、インポテンスなどの性機能障害、無または乏精子症等が検査対象となる。一方、女性は、妊娠・産褥期以外の時期に何らかの原因により高プロラクチン血症が発生すると、乳汁漏出とともに排卵が障害され、無月経や不妊が招来される( ⇒岡山大学医学部)。
オキシトシン
乳児が乳首を吸う刺激によって母親から分泌されるオキシトシンというホルモンは、母親自身に幸福感や恍惚感を与えるため、愛情ホルモンとも呼ばれている。( ⇒妊娠・育児大百科)
母性看護学上の母親

看護学には「母性看護学」という分野がある。母性看護学上の母性とは、「次世代を産み育てる」という女性に備わった生理的・身体的機能の特徴のことを指し、生物学的特性だけでなく、女性が成長していく過程で形成されていく精神的、あるいは社会的特性もその概念に含んでいる ⇒[1]。こうした母性に係る女性の健康事象の全体を対象とするのが母性看護学で、女性の各年代における母性の特性をとらえ、母性としての機能が健全に発揮できるよう、女性の一生を通じてはたらきかける看護を、実践し、研究している。
心理学上の母親

心理学者の河合隼雄は子育てにおける伝統的な父母の役割の違いを、それぞれを父性的、母性的と呼び、父性は善と悪を区別して指導する傾向、母性は善悪の分け隔てなくすべてを包み込む傾向のことと説明している。なお、これは、父親が父性のみを、母親が母性のみを有しているというものではなく、たとえば母親が激しく子を叱るときに父親が子を擁護する側に回るというような場合がよくあるが、この時、一時的に父親が母性的な役割を果たしているとみなすことができるとしている。
「働く女性」にとっての母親

「女性=母性」ととらえ、経営者としての女性から「母性」を「万人に降り注ぐの力」だと積極的に認識することで仕事に活かそうという経営思想がある。男女の性差を、むしろ自然から与えられた素晴らしいものと考えることで、かえって社会で女性(=母性)の力を発揮できる、ということである。また家庭においては女性が自ら「子育ては100パーセント母親の責任」と考えることで、かえって父親のサポートの一つ一つを心から感謝することが出来、その結果として、結局「半分・半分の育児」を口で主張するよりも多くの父親のサポートを得られ、子供からの尊敬も受けられる、ということである。母性の重視は「働く女性」を否定するものでないのと同時に、また「働く女性」を家庭の家事や育児に専念する専業主婦よりも価値を高いと考えるものでもないのである[2]


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:29 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE