歯学
[Wikipedia|▼Menu]

歯学(しがく、: dentistry)は、口腔顎顔面領域に関する外傷疾患の性状、原因についての知識を蓄積、その予防、診断、治療の方法を開発する学問である。歯科学・歯科医学(しかがく・しかいがく、: dental medicine)とも呼ばれる。

日本においては、明治時代に医学より独立しているが、それまでは口中科として医学の一分科であった。口腔科医師として口腔医学(こうくういがく、: oral medicine)や医学(口腔科学・こうくうかがく)に包括されている国も中国・台湾や欧米諸国など存在する。
目次

1 歴史

1.1 古代

1.2 中世

1.3 ピエール・フォシャール以降


2 歯学教育

3 分科

3.1 基礎歯学

3.2 臨床歯学

3.2.1 外科系歯学

3.2.2 保存治療系歯学

3.2.3 歯周治療系歯学

3.2.4 補綴系

3.2.5 矯正・小児系歯学


3.3 社会歯科学


4 関連する分野

5 関連する人物

6 脚注

7 参考文献

8 外部リンク

歴史
古代

古代においては、医学同様、歯学についても、各文明においてそれぞれに発達した。

古代エジプトにおいて、エーベルス・パピルスエドウィン・スミス・パピルスには、それぞれ歯痛歯肉炎についての薬物治療法、顎関節脱臼に対する治療法が記載として残されている[1]

メソポタミア文明や、中国文明においては、虫歯の原因は虫であるという概念が広まった[1]

インドではスシュルタ本典(英語: Sushruta Samhita)において、口腔清掃の必要性、歯ブラシ歯磨剤歯石除去について記載されている[2]

古代ギリシアでは、ヒポクラテス全集に、幾つかの歯科疾患に関する記載のほか、長寿の人ほど歯の残存歯数が多い事がすでに記載されていたが、治療法は抜歯や焼灼などであった[1]

ローマ帝国においては、ケルルスがう蝕の治療法として、歯の黒い部分をこすり落とすことが必要であることや、矯正歯科についての記載を行ったほか、ガレノス全集には歯の解剖や髄腔穿通法、歯の漂白に関する記載もされていた[1]

中国では歯学の扱いは安定していなかった。において、医学の1分科とされた歯科口腔領域は春秋戦国時代では内科の中の消化器科の一分野とされ、秦漢にて再び独立した扱いとなった[3]。杉本は、中国では歯科疾患は一部の王侯貴族の病気であり庶民の歯科疾患は少ないことから、疾病としての認識が少なく、そのために歯科疾患に用いられる漢字にも?が用いられなかった と報告している[3]
中世

この時期、歯学を含めた医学分野は東ヨーロッパイスラム世界において発達した[4]。この時期の医学書には虫歯により空いた穴に乳香ミョウバンを混ぜたセメントを詰めることや歯の清掃歯石除去、歯の再植術、歯の欠損部位にウシで作った人工歯を入れる等の治療方が記載されていたが、モンゴルの侵入や内部崩壊などの結果、発達は止まることとなる[4]

ヨーロッパでは、16世紀に至るまで千年以上に渡り、ヒポクラテス医学、ガレノス医学、アビセンナ医学を信奉する各学派が絶対的権威として君臨しており[5]、停滞が続いていた。ルネサンスの影響により医学も近代化が進む事となるが[5]、歯学の近代化は18世紀、ピエール・フォシャールの登場を待つことになる。
ピエール・フォシャール以降

ピエール・フォシャール1728年に出版した歯科外科医、もしくは歯の概論は歯学の分野における最初の包括的な医書である[6]。この書により、門外不出の秘術を売り物としていた歯学を公にし、誰もが学べる学問とした[7][8]。これ以降、多くの高名な医師、歯科医師がその診断・治療などを公開するようになり、歯学を大きく発達させることとなる[8]19世紀に入ると、フランス革命の混乱やアメリカ合衆国の発展から有能な歯科医師のアメリカへの移住が進み、歯学の中心はアメリカへと移り変わった[8]。その流れの中、1840年ボルチモアに世界で最初の歯学教育機関であるボルチモア歯科医学校が、1841年にはアメリカ歯科医師会が設立された[9]。これ以降、ボルチモア歯科医学校を始めとする歯学教育機関により歯学は学問として体系化され、各分科の基礎が作られることとなった[9]
歯学教育詳細は「各国の歯学教育」を参照 Early dental chair in Pioneer West Museum in Shamrock, Texas

ジョン・ハリスは、オハイオ州ロス郡ベインブリッジに世界で最初の歯科の学校を設立、健康の専門としての歯学教育を確立させた。これは1828年2月21日に開かれ、現在はハリス歯科博物館(英語: Harris Dental Museum)となっている[10]。最初の歯科医学校(dental college)であるボルチモア歯科医学校は1840年に設立された[9]

歯学教育は国によって異なり、学部を卒業した者が進学する専門職大学院の方式を取る国と、学部教育で歯科医学教育を行う国がある。

卒業した国[11]や、同じ国でも卒業した大学により[12]、同じ症状でも異なった判断をすることが有る。例えば、イスラエルの歯学教育機関にて教育を受けた歯科医師は、南米東ヨーロッパの歯学教育機関にて教育を受けた歯科医師よりも第三大臼歯を積極的に抜歯する事が報告されている[13]
分科
基礎歯学

口腔顎顔面領域の学問であるため名称に『口腔』と付いてはいるが、実際には『解剖学』と『口腔解剖学』、『生理学』と『口腔生理学』……のように口腔と同時に全身を網羅した学習を行っている。 解剖学においては、ご遺体の全身を実際に解剖して修学することが歯科医学(口腔医学)を修めるために必須となっている。人体を取り扱う学問である以上、人体の構造・機能、疾患とその原因など医学研究の根拠となる知見を得るための学問分野である基礎医学と、ほぼ一致する。

口腔解剖学

口腔生理学

口腔病理学

口腔細菌学口腔微生物学口腔感染防御学

口腔生化学


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:29 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE