歯周炎
[Wikipedia|▼Menu]

歯周病
歯周病を発症した状態の歯周組織のレントゲン写真。組織破壊を生じ遺失した部分は黒く見える。
分類および外部参照情報
発音ししゅうびょう
ICD-10K05.4
DiseasesDB29362
MedlinePlus001059
MeSHD010518

歯周病(ししゅうびょう)とは、歯肉、セメント質、歯根膜および歯槽骨より構成される歯周組織に発生する慢性疾患の総称である。歯周疾患(ししゅうしっかん)、ペリオ (perio) ともいい、ペリオは治療のことを指すこともある。ただし、歯髄疾患に起因する根尖性歯周炎、口内炎などの粘膜疾患、歯周組織に波及する悪性腫瘍は含まない。
目次

1 疫学

1.1 原因菌と代謝物質


2 病態

3 疾患

3.1 歯肉炎

3.1.1 歯肉炎の特徴


3.2 歯周炎

3.2.1 歯周炎の特徴



4 指数

5 治療における専門医制度

6 全身疾患との関係

6.1 影響を及ぼす疾患

6.2 リスク上昇


7 診療科

8 歯周病の治療

9 参考文献

10 脚注

11 関連項目

12 外部リンク

疫学 歯根が露出した前歯の例 辺縁性歯周炎のポケット上皮の組織像

生活習慣病のひとつ[1]歯垢プラーク)を主要な原因とする炎症疾患が多いが、単に歯垢のみでなく、多くの複合的要因によって発生する。また、歯垢が一切関係ない(非プラーク性)歯周疾患も多数存在する。さらに、原因因子には個人差があり、歯周病の罹りやすさや進行度合いは人によって違う。

歯周病のうち、歯肉に限局した炎症が起こる病気を歯肉炎(しにくえん)、他の歯周組織に及ぶ炎症と組織破壊が生じている物を歯周炎(ししゅうえん)といい、これらが二大疾患となっている。歯肉炎で最も多いのはプラーク性歯肉炎(単純性歯肉炎)であり、歯周炎のうちで最も多いのは慢性歯周炎(成人性歯周炎)であるため、歯肉炎、歯周炎といった場合、それぞれ、プラーク性歯肉炎、慢性歯周炎を指すのが一般的である。

6年に一度行われる歯科疾患実態調査によると、日本においては歯周疾患の目安となる歯周ポケットが4mm以上存在している割合が、平成23年調査[2]では45歳以上の人で約半数に達しており、また、高齢者の歯周疾患患者が増加していることが示されている。ただし、前回までと比較して調査方法の厳密化がなされていることから、単純比較は出来ないのではないかとされている。また、8020運動の推進[3]などにより、残存歯数が増加していることも歯周疾患の増加に関わっていると考えられている。但し、85歳以上では残存する歯が減少するため一見した患者数は減少する[2]
原因菌と代謝物質

口腔内歯垢(プラーク)には、700種以上の細菌が生息しているとされ[4][5]、原因菌としての関与が確認されている細菌は少ない。しかし、幾つかの嫌気性グラム陰性菌との関与が報告され、細菌の代謝産物である短鎖脂肪酸(高濃度の酪酸イソ吉草酸など)[6]が大きな影響を与えていると指摘されている。また、舌苔は歯垢よりも Porphyromonas gingivalis が多く検出され口内細菌の供給源となっている可能性が報告されている[7]

Porphyromonas gingivalis[8](旧 Bacteroides gingivalis [9]

Prevotella 属菌は進行を促進[10]

Prevotella intermedia[6] 女性ホルモンにより発育が促進されると考えられ、思春期性歯肉炎や妊娠性歯肉炎への関与が指摘されている[11]


Fusobacterium nuclea[6]

Aggregatibacter actinomycetemcomitans(旧 Actinobacillus actinomycetemcomitans)[12] 若年性歯周炎[6].侵襲性歯周炎(特に若年者の限局型)細胞のアポトーシスを誘導[11]

Tannerella forsythensis[11] 難治性歯周炎の病巣から、P. gingivalis やスピロヘータとともに検出されることが多い[11]

Treponema denticola スピロヘータ、組織間隙に入り込み歯周組織破壊に関与[11]

高濃度の酪酸によりB細胞T細胞の増殖が抑制とT細胞アポトーシス誘導がされるとする報告がある[6]、一方、硫化水素メチルメルカプタンは組織為害作用はあるものの細胞障害作用には関与していないと報告されている[6]。例えば、P.gingivalis の代謝物質には、コラゲナーゼ、トリプシン様酵素、ヒアルロニダーゼ等があり歯根膜、周囲の線維芽細胞骨芽細胞などを直接破壊すると報告されている[6]
病態

歯肉肥大

歯肉退縮

歯肉クレーター

歯肉クレフト

フェストゥーン

歯肉溝の炎症性バイオマーカーとして、アンチトリプシンとラクトフェリンも高値になる事が知られ[13]、日本歯周病学会では判定指標と重症度別分類の為の層別化を行おうとしている[14]

歯肉溝の炎症性バイオマーカーと糖尿病(HbA1c)および腎機能(クレアチニン、eGFR)には有意な関連性があると報告されている[13]
疾患

以下の疾患が知られるが、研究の進歩を反映し歯周病にはいくつもの分類法がある。
歯肉炎

栄養障害、アレルギー、ウイルス感染、歯磨き剤への反応、外傷など様々な要因で歯肉炎は生じる[15][16]、歯垢が原因となる場合、歯磨きによる歯垢の除去が不十分な状態が継続し歯垢が 7日程度滞留すると歯肉炎が生じる[4]

病態から下記に分類される。

プラーク性歯肉炎

非プラーク性歯肉病変

歯肉増殖症

薬物性歯肉増殖

フェニトイン歯肉増殖

ニフェジピン歯肉増殖

シクロスポリン歯肉増殖


遺伝性歯肉線維腫


歯肉炎の特徴

主な歯肉炎はプラーク性歯肉炎であり、原因を除去すれば完治可能である。特徴としてプラークを原因とする歯肉に限局した炎症、歯肉ポケットを形成するがアタッチメントロスは存在しない、局所の修飾因子により増悪する、外傷性因子によって増悪しない、プラークコントロールにより改善する。
歯周炎「歯周炎」を参照


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:44 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE