歌舞伎
[Wikipedia|▼Menu]
安政年間の市村座 三代目歌川豊国 画『踊形容江戸繪榮』大判錦絵三枚続物。安政5年7月(1858年)江戸・市村座上演の『』を描いたもの。

歌舞伎(かぶき)は、日本固有の演劇で、伝統芸能の一つ。重要無形文化財(1965年4月20日指定[1])。歌舞伎(伝統的な演技演出様式によって上演される歌舞伎)は2005年ユネスコにおいて傑作宣言され[2]、2009年9月に無形文化遺産の代表一覧表に記載された。
目次

1 語源

2 歴史

2.1 草創期

2.2 元禄近辺

2.3 享保 - 寛政

2.4 文化 - 幕末

2.5 明治以降

2.6 第二次大戦後


3 演目

3.1 分類

3.2 特徴

3.3 演目名と通称


4 演出

5 役者

5.1 伝統歌舞伎保存会


6 舞台

6.1 舞台の各部分

6.2 舞台機構

6.2.1 廻り舞台

6.2.2 迫り

6.2.3 幕

6.2.4 照明



7 歌舞伎音楽

8 興行

8.1 観劇

8.2 その他の歌舞伎

8.2.1 地芝居



9 歌舞伎に由来する語

10 関連図書

11 脚注

11.1 注釈

11.2 出典


12 関連項目

13 外部リンク

語源

歌舞伎という名称の由来は、「傾く」(かたむく)の古語にあたる「傾く」(かぶく)の連用形を名詞化した「かぶき」だといわれている[3]戦国時代の終わり頃から江戸時代の初頭にかけてで流行した、派手な衣装や一風変わった異形を好んだり、常軌を逸脱した行動に走ることを指した語で、特にそうした者たちのことを「かぶき者」とも言った[4]

そうした「かぶき者」の斬新な動きや派手な装いを取り入れた独特な「かぶき踊り」が慶長年間(1596年 - 1615年)に京で一世を風靡し、これが今日に連なる伝統芸能「かぶき」の語源となっている。

「かぶき踊り」は主に女性が踊っていた事から、「歌舞する女」の意味で「歌舞姫」、「歌舞妃」、「歌舞妓」などの表記が用いられ[5]たが、江戸を通じて主に用いられたのは「歌舞妓」であった[5]。現在用いられる「歌舞伎」の表記も江戸時代使われない事はなかった[5]が、一般化したのは近代になってからである[5]

なお江戸時代「歌舞伎」という名称は俗称[6]であり、公的には「狂言」もしくは「狂言芝居」と呼ばれていた[6]。 
歴史
草創期 お国(今日でいう出雲阿国) 阿国歌舞伎発祥地の碑(京都市東山区 南座前)

歌舞伎の元祖は、「お国」という女性が創始した「かぶき踊」であると言われている。「かふきをとり」という名称が初めて記録に現れるのは『慶長日件録』、慶長8年(1603年)5月6日の女院御所での芸能を記録したものである。お国達の一座が「かぶき踊」という名称で踊りはじめたのはこの日からそう遡らない時期であろうと考えられている[7]

『当代記』によれば、お国が踊ったのは傾き者が茶屋の女と戯れる場面を含んだものであった[8]。ここでいう「茶屋」とはいわゆる色茶屋の事[9]「茶屋の女」とはそこで客を取る遊女まがいの女の事である[9]。後述するように、「かぶき踊」は遊女に広まっていくが、もともとお国が演じていたものも上述したようなエロティックなシチュエーションを含んだものであり、お国自身が遊女的な側面を持っていた可能性も否定できない[10]

『時慶卿記』の慶長5年(1600年)の条には、クニが「ややこ踊」というものを踊っていたという記録があり[11]、「かぶき踊」は「ややこ踊」から名称変更されたものだと考えられている[12]。しかし内容面では両者は質的に異なった[13]ものであり、「ややこ踊」がかわいらしい少女の小歌踊であると考えられているのに対し[14]、「かぶき踊」は前述のように傾き者の茶屋遊びというエロティックな場面を含んだものである。

現在、お国のことを「出雲阿国」(いずものおくに)と呼ぶが、彼女と同時代の文献にはこの名称はなく、また出雲の出身であるかどうかにも確証がないため、軽々に用いるべき言葉ではないという意見もある[13]。なお、この頃の歌舞伎は能舞台で演じられており、現在の歌舞伎座をはじめとする劇場で見られる花道はまだ設置されていない[15]

「かぶき踊」が流行すると、当時数多くあった女性や少年の芸能集団が「かぶき」の看板を掲げるようになったらしい。そこには「ややこ踊」のような踊り主体のものもあれば、アクロバティックな軽業主体の座もあった[16][17]

その後、「かぶき踊」は遊女屋で取り入れられ(遊女歌舞伎)、当時各地の城下町に遊里が作られていた事もあり、わずか10年あまりで全国に広まった[18]。今日でも歌舞伎の重要要素の一つである三味線が舞台で用いられるようになったのも、遊女歌舞伎においてである[5]。当時最新の楽器である三味線をスターが弾き、五六十人の遊女を舞台へ登場させ、虎や豹の毛皮を使って豪奢な舞台を演出し、数万人もの見物を集めたという[19]

他にも若衆(12歳から17、18歳の少年)の役者が演じる歌舞伎(若衆歌舞伎、わかしゅかぶき)が行なわれていた。男娼のことを陰間というのは「陰の間」の役者、つまり舞台に出ぬ修行中の役者の意味で、一般に男色を生業としていた[20][21]ことからも分かるように好色性を持ったものであった[22]。全国に広まった遊女歌舞伎と違い、若衆歌舞伎の広がりは京、大阪、江戸の三都を中心とした都市部に限られている[23][24]

なお、現在も役者を「音羽屋」「成駒屋」などと屋号でよぶのは、役者たちが身を置いた陰間茶屋の屋号の名残である[24]

しかし、こうした遊女や若衆をめぐって武士同士の取り合いによる喧嘩や刃傷沙汰が絶えなかったため[25]、遊女歌舞伎や若衆歌舞伎は、幕府により禁止される[18]

遊女歌舞伎が禁止された時期に関して、従来は寛永6年(1629年)であるとされていた[26]が、全国に広まった遊女歌舞伎が一度の禁令で無くなるはずもないので、近年では10年あまりの歳月をかけて徐々に規制を強めていったと考えられている[18]。それに対し、若衆歌舞伎は十七世紀半ばまで人気を維持していたものの、こちらも禁止されてしまう[27]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:175 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE