歌会始
[Wikipedia|▼Menu]
1950年頃、宮中歌会始

歌会始(うたかいはじめ)は、和歌(短歌)を披露しあう「歌会」で、その年の始めに行うものを指す。現在では、年頭に行われる宮中での「歌会始の儀」が特に有名。


目次

1 概要

2 宮中歌会始

2.1 歴史

2.2 現在の歌会始

2.2.1 歌会始の選者


2.3 勅題・お題一覧

2.3.1 明治・大正時代

2.3.2 昭和時代

2.3.3 平成時代



3 影響

4 脚注

5 関連項目

6 関連書籍

7 外部リンク


概要

元々は、上代にて皇族・貴族等が集い和歌(短歌)を披露しあう「歌会」で、その年の始めに行うものを指す。

今日では宮中歌会始(後述)の他に、京都冷泉家公家の流れを汲む)で行なわれているものが有名である。冷泉家では、狩衣などの平安装束を身にまとい、数十名が集って行なわれるもので、京都の風物詩として、毎年マスコミ報道[1]、古文教科書(資料集)で紹介される。

この他に、一般の和歌教室(短歌会)で、講師や生徒が年始に歌を披露しあう集いを「歌会始」と呼ぶところもある。
宮中歌会始
歴史

起源は必ずしも明らかではないが、鎌倉中期には、『外記日記』に亀山天皇期の文永4年(1267年)1月15日に宮中で「内裏御会始」という歌会が行われたと記録されている。ただし、当時は作文始・御遊始(管弦)と合わせた一連の行事として捉えられて御会始(歌御会始)と呼ばれており、1日のうちに3つを行うのが通例と考えられていた。また年始に限らず、天皇や治天の君の執政開始後に開催される場合もあった。ただし、御会始そのものは室町時代に中絶しており、『晴和歌御会作法故実』(著者不明であるが、霊元上皇書写の国立歴史民俗博物館所蔵本がある)という書物によれば、後円融天皇永和年間の和歌御会始を模範として後柏原天皇明応10年(文亀元年/1501年)正月の月次歌会を独立した儀式として執り行ったことが記されており、これが歌会始の直接的起源であると考えられている[2]江戸時代からはほぼ毎年開催され、少しずつ変化をしながら現在に至る。

明治7年(1874年)、一般国民からの詠進も広く認められるようになり、明治15年(1882年)以降は、天皇の御製や一般の詠進歌が新聞や官報などで発表されるようになった。詠進歌の選考は宮内省に置かれた御歌所が行なった。このころ、歌の才を認められて重用される者も現れた。士族出身ながらも宮中女官となった平尾鉐は、18歳の時に歌の師である八田知紀の推薦で宮中に入り、皇后美子より、歌子の名を賜った。女子教育者として一世を風靡した下田歌子である[3]

歌御会始の題(指定されるテーマ)は勅題(ちょくだい)といわれる[4]

1928年(大正15年)には、歌会始の式次第が定められ、それまで「歌御会始」だったのが、「歌会始」に改称される。

昭和22年(1947年)より、現在のように皇族のみならず国民からも和歌を募集し、在野の著名な歌人(選者)に委嘱して選歌の選考がなされるようになった。それにともない、勅題はお題(おだい)といわれるようになり[5]、平易なものになった。これにより、上流社会の行事から一般の国民が参加できる文化行事へと変化を遂げた。
現在の歌会始

例年、お題として漢字一字が指定され、歌の中にこの字が入ることが条件となる(読み方は問わない)。9月末頃の締め切りまで、宮内庁が管轄して広く一般から詠進歌の募集を受け付ける。応募方法は基本的に毛筆で自筆し郵送するが、身体障害を持つ者のために代筆、ワープロ・パソコンでのプリント、点字での応募も可能である[6]。応募された詠進歌の中から選者が10作を選出する。選出された歌は「選歌」として、官報の皇室事項欄及び新聞等にも掲載される。選歌にならなかった場合も、佳作として新聞等に掲載されるものもある。

歌会始の儀は、1月10日前後に皇居宮殿松の間にて行われ、「選歌」の詠進者全員や選者らが招かれる他、陪席者も多数招かれる。大まかな流れは以下の通り。

天皇・皇族が松の間に出御する(全員起立)。侍従と女官がそれぞれ、「御製」(おほみうた、天皇の歌)と「皇后宮御歌」(きさいのみやのみうた、皇后の歌)を捧持し、天皇・皇后の座の前の盆に置く。

披講(歌を詠み上げること)する披講所役は、司会にあたる読師(どくじ・1人)、最初に節を付けずに全ての句を読み上げる講師(こうじ・1人)、講師に続いて第1句から節を付けて吟誦する発声(はっせい・1人)、第2句以下を発声に合わせて吟誦する講頌(こうしょう・4人)からなり、松の間の中央の席で式次第を取り仕切る。これらの所役は「披講会」という団体に属する旧華族の子弟が宮内庁式部職の嘱託として務める。披講は綾小路流で行われる。講師が「年の始めに、同じく、(お題)ということを仰せ事に依りて、詠める歌」と言い、披講が始まる。

まず、選歌(詠進者の年齢の低いものから。歌に先立ち、都道府県名と氏名(氏と名の間に「の」を入れる)が呼称される)→選者(代表1名)の詠進歌→召人(めしうど―特に天皇から召された者、毎年1名)の詠進歌→皇族三后並びに皇太子及び皇太子妃を除く。代表1名)の詠進歌(歌に先立ち、親王は「…のみこ」、親王妃は「…のみこのみめ」、内親王女王[7]は「…のひめみこ」と呼称される)→東宮妃(ひつぎのみこのみめ〈皇太子妃〉)の詠進歌→東宮(ひつぎのみこ〈皇太子〉)の詠進歌の順で披講される。以上の者は自らの歌の披講の際は起立し、天皇に一礼する慣わしである。

皇后宮御歌を披講。披講前に読師が皇后の前に進みでて色紙を拝受する。披講の前には講師が改めてがその年のお題を読み上げ、「…ということを詠ませ賜える皇后宮御歌」というと、天皇以外の出席者が起立する。皇后宮御歌は2回繰り返して講ぜられる。なお、皇太后が健在時には、皇后宮御歌に先立って「皇太后宮御歌」(おほきさいのみやのみうた)が講ぜられる。

御製を披講。披講前に読師が天皇の前に進みでて色紙を拝受する。講師の「…ということを詠ませ賜える御製」に合わせて天皇以外の出席者が起立、御製を拝聴する。御製は3回繰り返して講ぜられる。

天皇・皇族が還御する。

儀式次第は、NHK総合テレビ[8]で、全国に生中継される。アナウンサー1名が式次第を実況し、披講の最中に詠まれている歌の背景などを解説する。式次第の終了後、番組の最後に来年度のお題が発表され、詠進の方法もアナウンスされる。当日のニュースでもその模様や詠まれた歌が紹介される場合がある。

披講所役による朗詠そのものの持つ「質的な魅力」に加え、各地の国民の詠進歌が披露されるという全国大会のような興味、また、天皇・皇后をはじめ皇族の詠進歌には、心情・近況が示唆されることもあり、注目を浴びる宮中行事の一つである。
歌会始の選者

毎年、応募作品の中から佳作を最終的に選考する歌人。民間の著名な歌人の中から5人が選出され、引退や死去等で欠員が出た場合に新たに選者を補充する形をとっている。

現在の選者選者在職時期
篠弘
永田和宏平成16年(2004年) -
三枝昂之平成20年(2008年) -
内藤明平成24年(2012年) -
今野寿美平成27年(2015年) -

過去の歴代選者選者在職時期
岡井隆平成5年(1993年) - 平成26年(2014年
河野裕子平成21年(2009年) - 平成22年(2010年
岡野弘彦昭和58年(1983年) - 平成20年(2008年
安永蕗子平成10年(1998年) - 平成19年(2007年
島田修二平成10年(1998年) - 平成16年(2004年
武川忠一- 平成15年(2003年
千代國一平成2年(1990年) - 平成9年(1997年
田谷鋭- 平成9年(1997年
渡辺弘一郎- 平成4年(1992年

勅題・お題一覧
明治・大正時代

明治時代明治2年(1869年)春風来海上
明治3年(1870年)春来日暖
明治4年(1871年)貴賤春迎
明治5年(1872年)風光日々新
明治6年(1873年)新年祝道
明治7年(1874年)迎年言志


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:47 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE