欧州連合の経済
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

この記事は更新が必要とされています。
この記事には古い情報が掲載されています。編集の際に新しい情報を記事に反映させてください。反映後、このタグは除去してください。(2010年12月)

欧州連合の経済
通貨1 ユーロ (?) = 100 セント
ユーロ以外の使用されている通貨

ブルガリア・レフチェコ・コルナデンマーク・クローネハンガリー・フォリントラトビア・ラッツリトアニア・リタスポーランド・ズウォティルーマニア・レウスウェーデン・クローナイギリス・ポンド
統計
GDP 順位1位 (2006年)
GDP (PPP)13兆600億USドル (2006年)
GDP 成長率3.1% (2006年)
人口1人あたり GDP29,900USドル (2006年)
部門別 GDP
(2006年)70.5% (第3次産業)
27.3% (第2次産業)
02.1% (第1次産業)
インフレーション率1.9% (2007年)
貧困線以下の人口率17%
労働力人口2億2150万人
職業別労働力人口率
(2006年)67.0% (第3次産業)
27.3% (第2次産業)
04.4% (第1次産業)
失業率7.0% (2007年5月)
出典


CIA The World Factbook

IMF WORLD ECONOMIC OUTLOOK Database

Eurostat news release (2007年7月3日 93/2007)

貿易関係
輸入1兆4660億USドル (2006年)

主な輸入国 (2005年)
中国日本ロシアアメリカ
輸出1兆3300億USドル
(順位: 1位) (2006年)

主な輸出国 (2005年)
中国、ロシア、スイス、アメリカ
財政
公債発行残高6兆5098億ユーロ
(対 GDP 比 63.8%) (2004年)
単年度財政赤字額2702億ユーロ(2004年)
歳出額2兆1347億ユーロ(2004年)

欧州連合の経済(おうしゅうれんごうのけいざい)では、単一の国として見たときに世界最大の経済規模を持つ欧州連合加盟27か国の経済について概説する。なお世界銀行によると、欧州連合は2005年の世界のGDP合計の30.3%を占めている。


目次

1 通貨

2 経済的多様性

3 加盟国別の経済

4 経済成長

4.1 リーマンショック以前

4.2 リーマンショック以後


5 エネルギー資源

6 貿易

7 失業率

7.1 若年失業率


8 産業

8.1 農業

8.2 観光


9 企業

10 地方の多様性

10.1 NUTS-1、NUTS-2における経済圏上位10地域

10.2 NUTS-2における経済圏下位地域

10.3 加盟国別のNUTS-2における経済圏上位地域と下位地域

10.4 地域経済圏の比較


11 脚注・参考資料


通貨詳細は「ユーロ」および「ユーロ圏」を参照

欧州連合の公式の通貨はユーロであり、欧州連合におけるすべての文書および政策で用いられている。安定・成長協定では安定性と経済的収斂性について財政面における基準を定めている。ユーロはまた欧州連合域内において最も広範に使用されており、ユーロ圏とされる欧州連合加盟17か国で使われている。免除規定が適用されるデンマークイギリスを除くこのほかの加盟国では、導入に必要な条件を満たせばユーロへの通貨切替を実施しなければならない。ただしスウェーデンは例外が認められており、ユーロ導入の準備として適用される欧州為替相場メカニズム (ERM-II) に参加する時期や参加の是非そのものを選択することができる。ほかの諸国は欧州連合加盟条約においてユーロ導入が義務付けられている。
経済的多様性

以下の表では欧州連合および加盟27か国の GDP (PPP) と人口1人あたりの GDP (PPP) を、後者の多い順に示している。この表から加盟国間での相対的な生活水準がおおよそ理解することができ、ルクセンブルクアイルランドの水準が高く、ルーマニアブルガリアは低いことが見て取れる。


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:75 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE