横須賀海軍施設ドック
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]
1874年の完成当時の原型をほぼとどめている現役ドライドックである、横須賀海軍施設3号ドック。全ての座標を示した地図 - OSM
全ての座標を示した地図 - Google
全座標を出力 - KML
全座標を出力 - GPX
位置データを出力 - RDF表示

横須賀海軍施設ドック(よこすかかいぐんしせつドック)は、神奈川県横須賀市の在日アメリカ海軍横須賀海軍施設内にあり、米海軍および海上自衛隊の艦艇修理に使用されている6基の乾ドックである。最古の1号ドックは横須賀造船所時代の明治4年(1871年)に完成しているが、現在もなお使用されている。最大の6号ドックは大和型戦艦の建造ならびに修理・改造を行うことを目的とし、昭和15年(1940年)に完成したドックであり、現在は米海軍空母の修理などに使用されている。また当記事ではドックの付帯設備であるクレーン、ポンプ室等についても必要に応じて説明を加えていく。

文中の年代については、明治6年以前は参考文献から何日の出来事であったかわかるものは和暦(西暦)の形で日まで表記し、日までわからないものは和暦の年号をもとに和暦(西暦)で標示した。また明治6年の明治改暦以降についても、明治6年以前の表記と統一性を持たせるために和暦(西暦)の表記とした。


目次

1 概要

2 ドライドック建設に至る経緯

2.1 鎖国の終焉と艦船修理需要の発生

2.2 横須賀製鉄所の建設開始とヴェルニーの登場


3 1号ドックの建設

3.1 ヴェルニーの奔走

3.2 1号ドックの建設開始


4 3号ドックの建設

5 2号ドックの建設

6 軍艦の大型化と4号ドックの建設

7 5号ドックと建艦競争

8 6号ドックと空母信濃

8.1 6号ドックの建設

8.2 空母信濃の建造


9 横須賀海軍施設とドライドック

10 影響

11 各ドックのデータ

12 脚注

12.1 注釈

12.2 出典


13 参考文献

14 外部リンク


概要

開国後、江戸幕府は西洋式の艦船の建造を開始し、また諸外国から艦船の購入を進めるようになった。そのような中で西洋式の艦船を建造し改修、修理する施設の必要性が高まっていった。江戸幕府は主にフランスの援助を仰ぎ、小栗忠順レオン・ロッシュらが適所を検討した結果、現在の横須賀の地に慶応元年(1865年)に横須賀製鉄所(後の横須賀造船所)が開設された。そして艦船を改修、修理する横須賀製鉄所内の主要施設として、慶応3年(1867年)にドライドックの建設が開始された。現在の横須賀海軍施設1号ドックである[1]

大政奉還から王政復古の大号令に至る一連の流れにより江戸幕府が廃され、明治政府が成立するが、横須賀造船所の建設は幕府時代と同様に進められることになった。


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:152 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE